坐骨神経痛の構造と原因疾患の鑑別方法、対策のまとめ

坐骨神経痛の構造と原因 股関節・下肢

今回は、坐骨神経痛について、基本的な構造と坐骨神経痛が起こる原因をまとめます。

何もしていないのに足がしびれたり、痛んだりする時、皆さん口を揃えて「坐骨神経痛かな」と言います。坐骨神経痛はあくまで出ている症状の名前であり、疾患名ではありません。椎間板ヘルニア、狭窄症、梨状筋症候群など、座骨神経痛が起こる原因はいくつかあります。

「座骨神経痛で足がしびれている」と言って病院に行き、椎間板ヘルニアの手術をしても、しびれが治らない患者さんがいました。お尻の梨状筋という筋肉のマッサージをしたら足のしびれが寛解し、結局椎間板ヘルニアの手術は不要だった、というケースもあります。

しっかりと原因を特定し、坐骨神経痛が起こっている原因に合わせて対策をとりましょう。

スポンサーリンク

坐骨神経の基本情報

坐骨神経痛は、腰部から始まる坐骨神経が通過する領域に起こる、痛みやしびれ、感覚異常に対して名付けられた症状名です。

坐骨神経の構造と座骨神経痛

坐骨神経

坐骨神経は腰部(第4腰椎から第3仙椎)から始まり、足先まで伸びる長い神経です。膝窩の上のあたりで、脛骨神経と総腓骨神経に分岐し、足の先まで伸びていきます。

座骨神経痛とは、こうした長い坐骨神経のどこかで圧迫や絞扼があることで、神経障害である痛みやしびれ、感覚異常が起こる症状を指します。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛と原因イメージ

坐骨神経痛の原因となる疾患をピックアップすると、代表的なものが3つあります。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

坐骨神経痛を治療するというと、痛みやしびれ、感覚異常をどうにかすることと捉えがちです。しかし、坐骨神経痛を引き起こしている上記のような原因疾患を治療しないと、痛みやしびれ、感覚異常を完治・根治することはできません。

その時に起こっている坐骨神経痛の原因がどこにあるのかを明確にして、対策を考えていく必要があります。

坐骨神経痛の原因を鑑別する

では、坐骨神経痛の原因がどこにあるのかを鑑別していきましょう。

  • 前屈で憎悪→腰椎椎間板ヘルニア
  • 後屈で憎悪→腰部脊柱管狭窄症
  • 足を組んで憎悪→梨状筋症候群

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の場合、レントゲンやMRIにて確定診断を受けます。ここでは、簡単に確認する方法をご紹介します。

前屈で坐骨神経痛症状が増悪→腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアによる坐骨神経痛

体を前屈した時に下肢の痛みやしびれが憎悪する場合、腰椎椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛が起こっている可能性が高いです。ヘルニアを起こしている椎間板が、体を前屈することでより坐骨神経を圧迫してしまうため、下肢のしびれや痛み、感覚異常が増悪します。

後屈で坐骨神経痛症状が増悪→腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

体を後屈した時に下肢の痛みやしびれが憎悪する場合、腰部脊柱管狭窄症が原因で坐骨神経痛が起こっている可能性が高いです。神経を狭窄している骨格構造が、体を後屈することでより狭窄を強める形になります。結果、下肢のしびれや痛み、感覚異常が増悪してしまいます。

足を組んで坐骨神経痛症状が増悪→梨状筋症候群

梨状筋症候群による坐骨神経痛

足を組んだ時に下肢の痛みやしびれが憎悪する場合、梨状筋症候群が原因で坐骨神経痛が起こっている可能性が高いです。お尻にある梨状筋という筋肉の柔軟性が低下すると、梨状筋の下を通る坐骨神経が圧迫・絞扼されてしまいます。足を組むような姿勢は、より梨状筋による坐骨神経の圧迫・絞扼を強めるため、下肢のしびれや痛み、感覚異常が増悪してしまいます。

▶︎梨状筋症候群について詳しくまとめたページへ

スポンサーリンク

坐骨神経痛の原因疾患に合わせた対策

坐骨神経痛の原因が、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症にある場合は、医師の判断のもと、薬物療法や神経ブロック療法、手術などがあります。梨状筋症候群による坐骨神経痛の場合、手術はせず、マッサージやリハビリ、鍼灸治療が効果的です。

腰椎椎間板ヘルニアの場合

腰椎椎間板ヘルニアの場合、下記の治療方法が一般的です。

  • 保存療法
    • 神経ブロック:局所麻酔、ステロイド薬の注射など
    • 薬物療法:非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩薬など
    • 理学・徒手療法:牽引やリハビリの運動、マッサージなど
  • 手術療法
    • 下肢の麻痺が強い場合や、日常生活に支障をきたす場合などは、手術によってヘルニアを除去します。

腰部脊柱管狭窄症の場合

腰部脊柱管狭窄症の場合も、腰椎椎間板ヘルニアと似通った治療方法になります。

  • 保存療法
    • 神経ブロック:局所麻酔、ステロイド薬の注射など
    • 薬物療法:非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩薬など
    • 理学・徒手療法:牽引やリハビリの運動、マッサージなど
  • 手術療法
    • 下肢の麻痺が強い場合や、日常生活に支障をきたす場合などは、手術によって狭窄部位を切除し、狭窄症の再発を防ぐためにも必要に応じて脊椎を固定します。

梨状筋症候群の場合

梨状筋症候群の場合、原因となっているのは梨状筋という筋肉です。手術療法は一般的ではなく、痛み止めや湿布薬の処方があります。また、ストレッチやマッサージ、鍼灸などの刺激によって梨状筋の筋緊張を緩和することで、坐骨神経痛の症状が改善します。

おわりに

今回は坐骨神経痛について、原因疾患となる腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・梨状筋症候群の鑑別方法もあわせてまとめました。坐骨神経痛によって起こる痛み、しびれ、感覚異常は、あくまで症状であり、原因は別にあります。原因となっている疾患をしっかりと鑑別し、正しい対策をとることで坐骨神経痛の症状を改善しましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント