【頚椎・胸郭出口】腕・手のしびれの原因と改善に向けたツボや姿勢のまとめ

手の痺れイメージ 肩・上肢

腕や手に起こるしびれ・痛みの主な原因は神経や血管の絞扼障害です。神経・血管の出口である頚椎から、その通り道である胸郭出口、そして末端に向かい通る筋肉の間など、それぞれの部位で骨・筋・関節構造に絞扼されることでしびれや痛みが起こります。まずはどの部位で絞扼が起こっているのかを確認し、その原因にあった対処をとる必要があります。セルフケアのツボとして、下記のツボをご紹介しています。

  • 胸郭出口症候群:「天鼎」、「欠盆」、「気戸」、「雲門」、「中府」
  • 尺骨神経障害:「小海」、「少海」
  • 橈骨神経障害:「消濼」、「曲池」

 

今回は、【腕や手のしびれ】の原因や対策をご紹介します。

家事や育児、デスクワークなど、肩や腕に何かと負担がかかりますよね。手先や腕のしびれは、日常生活にも大きな影響を与えます。ここでは、腕や手のしびれにつながる原因と、それぞれの発症機序から対策をまとめていきます。

しっかりとケアをして、なるべく負担を軽減しながら日々の業務を乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

頚椎から来る腕・手のしびれ

まずは、腕や手に伸びる神経(腕神経叢)の根元の部分である頚椎周りから確認します。

頚椎に起こる傷病例

  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚部脊柱管狭窄症
  • 変形性頚椎症

神経の出所である頚椎の間が、変形などの何らかの要因で狭まることで腕や手にしびれが起こります。

頚椎が原因か確認してみよう

首を後ろに倒した時(頚部後屈)に、腕やしびれが起こる場合は頚椎が原因かもしれません。他にも枕の高さが合わず、起床時にしびれている場合など、頚椎由来の可能性があります。

首を後ろに倒すことで頚椎の間が狭まり、神経が圧迫されやすくなります。

頚椎が原因の場合の対策

ひどい場合は手術をすすめられますが、時間経過とともに気にならなくなることが多いようです。特に腕や手の筋力低下や、日常生活に支障があるほどの痛みの場合は手術をするようです。

特に若い人でも、スマートフォンやパソコンを見続けて「ストレートネック」になっていると、発症リスクは上がります。頚部の柔軟性をしっかりと確保しましょう。

スポンサーリンク

胸郭出口症候群による腕・手のしびれ

「胸郭出口」とは、神経から見た時に、腕に抜けるまでに通る鎖骨や肋骨などに囲まれた通路のことです。こうした胸郭出口の通路は、筋肉のかたさや姿勢の変化によって狭まってしまいます。

頚椎から腕に至るまでに、通路の中で圧迫・絞扼が起こりやすいポイントが3ヶ所あります。

  • 斜角筋の間
  • 鎖骨と肋骨の間
  • 小胸筋と胸郭の間

この3カ所の問題によって腕や手にしびれが起こることを、胸郭出口症候群と呼んでいます。

それぞれのポイントごとにみていきましょう。

斜角筋症候群(斜角筋の隙間)

神経と鎖骨下動脈は頚椎から伸び出て、前斜角筋と中斜角筋の間を通過します。ここで2つの筋肉のかたさによって圧迫・絞扼されることで、腕や手にしびれが起こります。

斜角筋隙が原因か確認してみよう

  • モーレーテスト

患側(しびれる方)の鎖骨の上(画像◯部分)を指で圧迫してください。腕に放散するような痛みがある場合、斜角筋隙が原因のしびれの可能性が高いです。

斜角筋が原因の場合の対策

首の筋肉、胸の筋肉の柔軟性を高める必要があります。

特に首の前側にある斜角筋は、スマートフォンやパソコンを長時間使う現代ではかたくなりやすい場所にあります。30分に1度、長くても1時間に1度は、首を左右に傾けたり、後ろに倒す習慣をつけましょう。

斜角筋隙にあるツボ

  • 天鼎(てんてい)

天鼎は首の前側からやや側面にあるツボです。奥にある斜角筋に刺激が入りますが、首周りの筋肉はあまりグリグリと押しすぎないように注意しましょう。

肋鎖症候群(鎖骨と肋骨の隙間)

前斜角筋・中斜角筋を通過した神経・鎖骨下動脈は、次に鎖骨と第1肋骨の隙間を通過します。姿勢の崩れなどによって、鎖骨と第1肋骨の間隔が狭まることで、絞扼障害が起こります。結果、腕や手にしびれが起こります。

肋骨と鎖骨の間隔が原因か確認してみよう

  • エデンテスト

1人では難しい検査法です。肋鎖症候群は、「なで肩にしてみる」検査と言える方法です。患者さんの手を後下方に伸ばして胸を張ってもらい、検査する人がその手を引っ張ります。

手の脈(橈骨動脈)の拍動が弱まった場合、肋鎖症候群によるしびれだと考えます。

肋鎖間隙が原因の場合の対策

鎖骨含め、肩周りの筋肉の柔軟性を高める必要があります。

鎖骨には首の前側の筋肉、胸の筋肉が付着しています。前屈みの姿勢が続き、背中が丸まってしまうと鎖骨の動きも悪くなります。良い姿勢を意識して、気がついたら胸を開くように伸ばしましょう。

肋骨・鎖骨周りのツボ

  • 欠盆(けつぼん)

鎖骨の上にあるツボです。乳頭線上にあります。

  • 気戸(きこ)

鎖骨の下にあるツボです。気戸も乳頭線上にあります。

鎖骨を挟むように上下にツボがあります。首、胸の筋肉のバランスが大切な鎖骨なので、優しく押し込むように刺激してみてください。

過外転症候群(小胸筋の下)

神経・血管は、腕や手に到達する直前に、小胸筋と胸郭の間を通過します。姿勢不良や胸の筋肉のかたさによって圧迫・絞扼が起こりやすく、腕や手のしびれにつながります。

小胸筋が原因か確認してみよう

  • ライトテスト

座って肘を90度に曲げて、胸を開くように腕を広げていきます。

腕の方にしびれが起こったり、血行不良で手の色が変わったりする場合、小胸筋が原因と言えます。

小胸筋が原因の場合の対策

胸の筋肉も、姿勢が悪くなるとかたくなり、神経を圧迫することがあります。胸を開くようなストレッチをすること、姿勢が悪くならないようにすることが大切です。

胸の筋肉のツボ

  • 雲門(うんもん)

鎖骨の下、肩の付け根にあります。

  • 中府(ちゅうふ)

雲門の少し下にあります。

どちらも胸にあるツボです。特に雲門は小胸筋の付着する肩甲骨の一部にあるツボなので、効果的です。

スポンサーリンク

腕に分岐していく神経の麻痺による手のしびれ

胸郭出口を通り、上腕部に到達した腕神経叢は、いくつかの神経に分岐します。胸郭出口に問題がないのに手にしびれがある場合、こうした末端に近い神経の状態も確認してみましょう。

【肘部管症候群】尺骨神経の障害による手のしびれ

手の小指と薬指の小指側がしびれる場合、尺骨神経の障害である「肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)」の可能性があります。

肘の内側をぶつけて、指先に「ジーン」としびれが響いた経験がありませんか? この現象は、尺骨神経に刺激が入ることで起こっています。

この尺骨神経が、かたくなった筋肉などに圧迫・絞扼されることで手先にしびれが起こります。

尺骨神経障害の確認

  • チネル徴候

尺骨神経の圧迫が起こる、肘の内側を軽く叩きます。小指の方まで響くようなしびれ・痛みが起こる場合、尺骨神経の圧迫によるしびれの可能性が高いです。

尺骨神経障害の対策

肘から伸びる、前腕回内・手首や手指の屈筋のかたさによって発症することが多いです。手の使いすぎによる弊害と言えます。

尺骨神経の障害に効くツボ

  • 小海(しょうかい)

肘の内側と肘頭の間にある尺骨神経溝のツボです。

  • 少海(しょうかい)

肘の内側にあるツボです。

肘の内側には尺骨神経溝という、尺骨神経の通過するエリアがあります。また、肘の内側からは指や手首を曲げる(掌側に)筋肉が多いため、デスクワークなどで手の疲れがたまると、痛みやしびれが出やすい部分です。

橈骨神経の障害による手のしびれ

親指、人差し指、中指がしびれる場合、橈骨神経の障害の可能性があります。

「恋人に腕枕をしてあげていたら、手がしびれていた」

そんな経験ありませんか? 橈骨神経麻痺は、”Saturday night palsy”(土曜夜の麻痺)と呼ばれます。上腕部の内側を走行する神経なので、圧迫されるんですね。

橈骨神経障害の確認

  • 下垂手、下垂指

手首や、指先を背屈する(甲側に持ち上げる)ことが難しくなります。橈骨神経麻痺の特徴的な症状で、「下垂手」といいます。

他にも、しびれが親指、人差し指、中指のあたりであれば、橈骨神経の障害があるかもしれません。

橈骨神経障害の対策

橈骨神経の障害の多くは、単純な長期圧迫や、使いすぎによってかたくなった筋肉こ影響です。手術をすることも稀で、時間経過とともに回復するか、施術(マッサージなど)で回復します。

橈骨神経の障害が長期に渡る場合、上腕骨の骨折の予後を確認したり、ガングリオンのような腫瘍がないかの確認を勧めます。

橈骨神経の障害に効くツボ

  • 消濼(しょうれき)

上腕の真ん中のあたり後外側にあるツボです。

  • 曲池(きょくち)

肘の外側にあるツボです。

どちらも橈骨神経の通路にあるツボです。特に上腕骨には橈骨神経溝という、橈骨神経が通る溝があります。「恋人に腕枕をしてしびれる」のは、この部分の圧迫ですね。

おわりに

手や腕のしびれを大まかにまとめると、

  • 頚椎由来:後ろに倒すとしびれる
  • 斜角筋由来:首の前側の筋肉のかたさ
  • 肋鎖由来:なで肩、姿勢不良に注意
  • 小胸筋由来:腕を開いているとしびれる
  • 尺骨神経由来:手の使いすぎ
  • 橈骨神経由来:上腕の圧迫

腕や手のしびれは、大元である首まわりから手先まで、どこが原因で起こっているかを明確にしなければ完治は難しいです。

しっかりとケアをして、不自由なく日常生活を送りたいですね。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント