督脈に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

督脈トップ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【督脈(とくみゃく)】についてまとめます。

スポンサーリンク

督脈(とくみゃく)の特徴

流注概要

督脈は胞中(小骨盤腔)に起こり、会陰部に出て、後正中線上を尾骨先端から腰部、背部、後頚部と上り、外後頭隆起直下[風府]に至り脳に入る。さらに頭部正中を通り、頭頂部[百会]に上り、顔面部正中を経て、上歯齦、上唇小帯の接合部[齦交]に終わる。陽脈の海と呼ぶ。

督脈は後正中線上を通る経絡です。「任脈(にんみゃく)」は前正中線上を通り、督脈と任脈で正中線上をグルッと回るように流れています。

経穴数

28穴。

英名

“Governor Vessel”。

長強穴をGV1とし、齦交穴(GV28)まであります。

スポンサーリンク

督脈に所属する経穴(ツボ)一覧

督脈に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

体幹部にある督脈のツボ

長強(ちょうきょう)

会陰部、尾骨の下方、尾骨端と肛門の中央。

部位からしても、あえて長強を治療に用いようとは考えません。

督脈腰部のツボ

腰兪(ようゆ)

仙骨部、後正中線上、仙骨裂孔。

腰陽関(こしようかん)

腰部、後正中線上、第4腰椎棘突起下方の陥凹部。

命門(めいもん)

腰部、後正中線上、第2腰椎棘突起下方の陥凹部。

下肢の冷えが強い場合、命門を温めるように治療を行うことがあります。

懸枢(けんすう)

腰部、後正中線上、第1腰椎棘突起下方の陥凹部。

督脈背部のツボ

脊中(せきちゅう)

上背部、後正中線上、第11胸椎棘突起下方の陥凹部。

中枢(ちゅうすう)

上背部、後正中線上、第10胸椎棘突起下方の陥凹部。

筋縮(きんしゅく)

上背部、後正中線上、第9胸椎棘突起下方の陥凹部。

至陽(しよう)

上背部、後正中線上、第7胸椎棘突起下方の陥凹部。

霊台(れいだい)

上背部、後正中線上、第6胸椎棘突起下方の陥凹部。

神道(しんどう)

上背部、後正中線上、第5胸椎棘突起下方の陥凹部。

身柱(しんちゅう)

上背部、後正中線上、第3胸椎棘突起下方の陥凹部。

風邪や喘息の場合、身柱のツボにお灸をすることがあります。

陶道(とうどう)

上背部、後正中線上、第1胸椎棘突起下方の陥凹部。

大椎(だいつい)

後頸部、後正中線上、第7頸椎棘突起下方の陥凹部。

冷えが強い場合は大椎のツボを積極的に温めます。

頚部から頭部の督脈のツボ

督脈頭部のツボ

瘂門(あもん)

後頸部、後正中線上、第2頸椎棘突起下方の陥凹部。

押すと「あー」と声が漏れるように気持ちよいツボだから、「瘂門」というようです。

風府(ふうふ)

後頸部、後正中線上、外後頭隆起の直下、左右の僧帽筋間の陥凹部。

脳戸(のうこ)

頭部、外後頭隆起上方の陥凹部。

強間(きょうかん)

頭部、後正中線上、後髪際の上方4寸。

後頂(ごちょう)

頭部、後正中線上、後髪際の上方5寸5分。

督脈顔面部のツボ

百会(ひゃくえ)

頭部、前正中線上、前髪際の後方5寸。

多くの経絡が頭頂部にある百会のツボで交わるため、この名前がつきました。下痢や尿漏れなどを止め、鼻疾患がある場合に刺激することが多いです。また、神経的な過緊張にある場合に百会を刺激すると、緊張が緩むことが多くあります。

前頂(ぜんちょう)

頭部、前正中線上、前髪際の後方3寸5分。

顖会(しんえ)

頭部、前正中線上、前髪際の後方2寸。

新生児期から幼児期にある「大泉門(だいせんもん)」という、頭部にできた溝は後の顖会のツボにあたるようです。

上星(じょうせい)

頭部、前正中線上、前髪際の後方1寸。

鼻疾患に用いることが多いツボです。

神庭(しんてい)

頭部、前正中線上、前髪際の後方5分。

素髎(そりょう)

顔面部、鼻の先端。

水溝(すいこう)

顔面部、人中溝の中点。

「人体の急所の一つ」といわれる水溝のツボですが、意識覚醒などに用いることがあるようです。それに見合うだけ痛いので、私は使用したことがありません。

兌端(だたん)

顔面部、上唇結節の中点。

齦交(ぎんこう)

顔面部、上歯齦、上唇小帯の接合部。

参考:新版経絡経穴概論

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント