テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因と対策、治療に用いる経穴(ツボ)のまとめ

外側上顆イメージ 肩・上肢

この記事では、【テニス肘(上腕骨外側上顆炎)】についてまとめていきます。

肘の外側が痛くなり、病院に受診したら「テニス肘」と診断されることがあります。「テニス、していないのに」とお話しする患者さんが多くいますが、テニス肘は俗称です。

テニス肘を発症する原因や、自身の肘の痛みが本当にテニス肘なのかを確認する検査方法をまとめます。また、テニス肘になってしまった際のストレッチなどのケアや、鍼灸治療においてテニス肘を治療する経穴(ツボ)もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

肘の外側が痛くなるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)

外側上顆イメージ

テニス肘は正式には、「上腕骨外側上顆炎」と言います。画像の赤丸がついている部分が、上腕骨の外側上顆という骨構造です。そこに起こる炎症なので、上腕骨外側上顆炎と言います。

物を掴んで持ち上げたり、雑巾をしぼるような動きをしたりすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが起こります。

テニス肘の原因と名前の由来

外側上顆と筋肉イメージ

上腕骨の外側上顆から、手首を起こす(背屈する)働きのある筋肉がいくつか伸びています(画像青塗り)。こうした働きの筋群を、前腕伸筋群と言います。背屈方向への過剰な力や繰り返し動作で、前腕伸筋群の付着部である外側上顆に炎症が起き、痛みが起こります。

ちょうど、テニスをする時にバックハンドでのショットが多いと起こりやすいことから、肘の外側の痛みをテニス肘と呼ばれるようになりました。

テニス以外にも、パソコンのキーボードや、ピアノ、単純な手の使いすぎでも起こります。特に、手首をかえす(背屈する)動きの繰り返しで発症します。

テニス肘の検査法

肘の痛みがテニス肘(外側上顆炎)かどうかを確認する際に、いくつかの検査法があります。自分でできるものもあるので、試してみてください。どれも、肘の外側に痛みが出たら陽性です。

  • Thomsen(トムソン)テスト

手首を起こす(背屈する)ように力を入れて、検査する人はそれを少し抑えて抵抗を加えます。一人でもある程度できますが、肘の状態や前腕の角度も関与するので、誰かに協力してもらってください。

  • 中指伸展テスト

トムソンテストに似ています。中指を伸展する(甲側に起こす)ように力を入れ、検査する人は少し抵抗を加えます。

  • チェアテスト

椅子を持ち上げる動作からこの名前がつきました。そのままですね。

椅子の背もたれを握って、掌を下向きにしたまま持ち上げます。

どの検査法も共通するのは、手首を起こす(背屈する)動きで痛みが出れば陽性、という点です。前腕伸筋群を緊張させることで、筋肉の付着部である上腕骨外側上顆に負荷をかけます。

スポンサーリンク

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)のケアや対策

ここからは、テニス肘のケアに有効なストレッチ方法や、鍼灸治療の際に用いる経穴(ツボ)をご紹介します。

テニス肘に対するストレッチ方法

テニス肘ストレッチ

上腕骨外側上顆から伸びる、手首を起こす(背屈する)前腕伸筋群をストレッチしましょう。

手首を掌側に曲げる(掌屈する)と、前腕伸筋群がストレッチされます。肘を伸ばした状態、曲げた状態どちらも行いましょう。

テニス肘を治療する経穴(ツボ)

テニス肘を鍼灸治療する際、用いることの多い経穴(ツボ)をご紹介します。

手三里(てさんり)

手三里イメージ

「足三里」は有名なツボですが、手にも三里のツボがあります。手三里は外側上顆から伸びる筋群を刺激できるツボです。

曲池(きょくち)

曲池イメージ

曲池はダイレクトに上腕骨外側上顆付近を刺激できるツボです。曲池から手三里に向かって、「ここだ」というツボを探しながら刺激するのもオススメです。

おわりに

今回は肘の外側の痛みであるテニス肘(上腕骨外側上顆炎)についてまとめてみました。テニスをしていない人でも、お仕事などでパソコンのキーボード操作が多い人や、ピアノを演奏する人など、指先や手首をよく使う人は受傷リスクが高まります。しっかりと休息をとり、ストレッチをして負担がかかる筋肉をケアしましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント