テニス肘とゴルフ肘の違いとそれぞれの対策のまとめ

テニスとゴルフ 肩・上肢

今回は、肘に起こる症状であるテニス肘とゴルフ肘についてまとめていきます。テニスやゴルフをする人が発症することが多いことから、こうした名前で呼ばれるようになりました。簡単に両者の違いをみると、下記の通りです。

  • テニス肘:肘の外側の痛みを言い、正式には「上腕骨外側上顆炎」。
  • ゴルフ肘:肘の内側の痛みを言い、正式には「上腕骨内側上顆炎」。

どちらの症状も、テニスやゴルフをしない人でも、手の使い過ぎ・使い方の問題によって起こります。それぞれ詳しくみていき、ケアの方法などを考えていきましょう。

スポンサーリンク

テニス肘とゴルフ肘の概要

テニス肘・ゴルフ肘の痛みが起こる部位や、特徴を確認します。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)について

テニス肘は正式には、「上腕骨外側上顆炎」と言います。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)のみを詳しくまとめた記事もありますので、こちらも参照ください。

テニス肘では物を掴んで持ち上げたり、雑巾をしぼるような動きをしたりすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが起こります。

原因と名前の由来

テニスをする時に、バックハンドでのショットが多いと起こりやすいことから、肘の外側の痛みをテニス肘と呼ばれるようになりました。

テニス以外にも、パソコンのキーボードや、ピアノ、単純な手の使いすぎでも起こります。特に、手首をかえす(背屈する)動きの繰り返しで発症します。

外側上顆からは、手首を起こす(背屈する)ための筋肉が伸びています。背屈方向への過剰な力や繰り返し動作で、筋肉の付着部である外側上顆に炎症が起き、痛みが起こります。

テニス肘の検査法

肘の痛みがテニス肘かどうかを確認する際に、いくつかの検査法があります。自分でできるものもあるので、試してみてください。どれも、肘の外側に痛みが出たら陽性です。

  • Thomsen(トムソン)テスト

手首を起こす(背屈する)ように力を入れて、検査する人はそれを少し抑えて抵抗を加えます。一人でもある程度できますが、肘の状態や前腕の角度も関与するので、誰かに協力してもらってください。

  • 中指伸展テスト

トムソンテストに似ています。中指を伸展する(甲側に起こす)ように力を入れ、検査する人は少し抵抗を加えます。

  • チェアテスト

椅子を持ち上げる動作からこの名前がつきました。そのままですね。

椅子の背もたれを握って、掌を下向きにしたまま持ち上げます。

テニス肘対策のツボ

鍼灸治療や指圧治療をする際に刺激するツボをご紹介します。

  • 手三里

足の三里は有名なツボですが、手にも三里があります。外側上顆から伸びる筋群を刺激できます。

  • 曲池

曲池はダイレクトに外側上顆付近を刺激できるツボです。曲池から手三里に向かって、「ここだ」というツボを探しながら刺激するのもオススメです。

ゴルフ肘(内側上顆炎)について

テニス肘とは反対に、肘の内側が痛くなる「上腕骨内側上顆炎」をゴルフ肘と言います。

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)のみを詳しくまとめた記事もありますので、こちらも参照ください。

痛みの出方はテニス肘と似ていて、物を持ち上げたり、雑巾を絞ったりすると肘の内側から前腕に痛みが起こります。また、床に手をついて痛みが生じることも多いようです。

原因と名前の由来

「テニス肘に対抗して、ゴルフ肘と名付けただけ」だと思っていました。しかし、ゴルフをする際に、ダフった衝撃で肘の内側が痛くなることが多いのが由来なようです。ゴルフをしない僕でも、それなら痛みは起こるかなと納得です。

ゴルフの他にも、特に重たい荷物を持ち上げることが多かったり、やはり手の負担が増えると発症する印象です。

内側上顆からは、手首を曲げる(掌屈する)ための筋肉が伸びています。手首を曲げる方向への過剰な力や、繰り返し動作によって、内側上顆に炎症が起き痛みが生じます。

ゴルフ肘の検査法

ゴルフ肘にも検査法がいくつかあります。各検査法で、肘の内側に痛みがあれば陽性です。

  • リストフレクションテスト

トムソンテストの逆側、というイメージです。肘と手首を、伸びている状態から曲げるように力を入れます。少し抵抗を加えて、痛みが出たら陽性です。

  • フォアアームプロネーションテスト

肘を伸ばした状態で、前腕から手首を内側に捻って(回内して)いきます。少し抵抗を加えた時に、痛みが出たら陽性です。

ゴルフ肘対策のツボ

鍼灸治療や指圧治療で刺激するツボをご紹介します。

  • 小海

肘の内側上顆と肘頭の間にあるツボです。椅子の角などにぶつけると痺れる場所です(尺骨神経溝)。尺骨神経を刺激すると痛みが強いので、少し前腕寄りの筋肉を刺激してください。

  • 少海

肘を曲げる時にできるシワの内側端にあります。内側上顆から伸びる筋肉を緩めます。

スポンサーリンク

テニス肘・ゴルフ肘共通のアドバイス

肘関節に関して、テニス肘もゴルフ肘も共通のアドバイスをまとめていきます。

掌を上にして寝られますか?

基本的な姿勢として、「解剖学的基本肢位」というものがあります。これは、筋肉や関節、骨構造的に、最も体に負担の少ない姿勢だと言えます。

解剖学的基本肢位において、掌は前向き(寝ていると上向き)になります。多くの人が、掌が体側に向いたり、下を向いたりしていると思います。

その状態では、前腕部は捻れているため、筋肉や関節に負担がかかります。現代人の多くは、キーボードをうつ時や調理中など、多くの時間を捻れた状態で過ごしてしまっています。

ヒューター三角を確認

肘を曲げた時に、肘頭・内側上顆・外側上顆が二等辺三角形になる様子を「ヒューター三角」と呼びます。

元々は、肘関節の脱臼や骨折の確認のために指標とされます。しかし、前腕や上腕の筋肉の緊張具合によっては、外傷がなくてもこの二等辺三角形が崩れる場合があります。

鏡などで確認してみて、綺麗な二等辺三角形でない場合は、腕のバランスを整えましょう。多くの場合、掌が内側に捻れる回内傾向にあります。外に捻る回外のストレッチなどを取り入れてみてください。

腕橈骨筋の筋緊張を確認

腕橈骨筋は、上腕骨から前腕に伸びる筋肉で、肘を曲げるのが主な働きです。しかし腕橈骨筋にはもう一つ、「前腕の回内・回外のバランスをとる」という働きがあります。

腕橈骨筋の緊張により、働きが低下していると、前腕の捻れの原因になります。肘を伸ばし、掌をくるくると回して(回内・回外を繰り返す)、前腕の捻れを改善しましょう。

まずは前腕屈筋群をゆるめよう

  • 物を持つ
  • 指で握り込む
  • 抱きかかえる

現代人はとにかく、掌を掌側に曲げる・指を握り込む「前腕屈筋群」を過剰に使っています。

ここからは僕の持論ですが、僕たちの遠い祖先は元々は四足歩行で、木にぶらさがって生活していました。前足(手)を地面に着く時も、手を返して(背屈して)掌を着くか、拳をついて移動していました。ナックルウォークというやつです。

現代人の手の使い方は、元々のルーツから考えると、体の理には敵わない動きなのかもしれません。僕は患者さんにも、「ぶらさがれる場所があったら、ぶらさがってみて」とアドバイスをすることがあります。皆さん苦笑いしますし、なかなかぶらさがれる場所ってないみたいですね。

 

おわりに

代表的な肘の痛み・不調であるテニス肘とゴルフ肘についてまとめてみました。どちらも、テニスやゴルフをしない人でも、手や腕の使いすぎで発症します。テニス肘ではキーボード入力など手首を返す(背屈する)動きの多い人、ゴルフ肘はお子さんの抱っこなど重いものを持つことが多い人の発症が多くなります。連続した負担はできるだけ避け、ストレッチやツボ押しで発症を抑えましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント