【手三里】テニス肘・腕の不調を改善する経穴(ツボ)の紹介

手三里イメージ 361+α

今回は、【手三里(てさんり)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

テニス肘のセルフケアに関する記事で、手三里というツボに触れたことがありました。手三里のツボのあたりには手首を甲側に返す筋肉があることから、テニスのバックハンドによる損傷を治療すると考えられています。テニス肘でなくても、腕や手に起こる疲れ・不調を改善するツボとして、広く用いられるツボの一つです。

他にも大腸の経絡に所属することから、消化器や肌・皮膚の状態を改善する効果もあります。有名な「足三里(あしさんり)」だけでなく、「手にも三里のツボがある」とお伝えしたく、まとめてみました。

スポンサーリンク

手三里(てさんり)の位置と所属経絡

手三里というツボの位置や、所属する経絡について確認していきます。

手三里の位置

前腕後外側、陽渓と曲池を結ぶ線上、肘窩横紋の下方2寸。

新版経絡経穴概論

手三里は肘の外側から少し下(手首寄り)にあります。「曲池(きょくち)」のツボから、指の幅3本分、手首寄りにあるツボです。

2寸は手の指の幅3本分と同じ長さです。

手三里の所属経絡と特徴

手三里は手の陽明大腸経に所属するツボです。大腸経は人差し指の末端から始まり、腕、肩を通り鼻の脇まで伸びる経絡です。

  • 手にも三里がある

有名な「足三里(あしさんり)」のツボと同様、手にも三里のツボがあります。単純に、指標となる部位からの距離(長さ)をとってこうした名前がついています。ちなみに足三里は膝蓋骨の下3寸のところ、手三里は曲池の下2寸のところです。3寸と2寸なのに同じ「三里」なのは、腕と足の長さの違いから、相対的な距離感でとったと考えられています。実に曖昧です。

スポンサーリンク

手三里のツボの治療効果まとめ

手三里のツボを刺激することで、期待できる治療効果についてご紹介します。手三里は前腕にあり、温灸も押圧もしやすいツボです。

テニス肘の特効穴

鍼灸やあん摩マッサージ指圧師の国家試験においても、「テニス肘の治療に用いるツボはどれか」と、手三里を回答するような問題が出たことがあります。それほど、手三里はテニス肘を改善する効果が高いツボです。

テニス肘は通称であり、正式には「上腕骨外側上顆炎(がいそくじょうかえん)」と言います。外側上顆から始まる筋肉が、テニスのバックハンドの繰り返しによって疲労・損傷し痛みが起こった状態をテニス肘と呼んでいます。

手三里は外側上顆から始まる筋肉の上にあるツボなので、テニス肘の治療に常用されるツボの一つです。

テニス肘でなくても、例えばパソコンのキーボードを叩くような動きは、テニスのバックハンドと似た筋収縮を前腕に起こしています。パソコンだけでなく、手先の作業が増えた現代、手や腕の疲れに広く効果的なツボの一つとして、手三里はオススメです。

大腸経のツボとしての効果

テニス肘のような筋肉・外傷への治療効果があるツボですが、体の内面への治療効果も高いツボです。大腸経に所属するツボなので、下記の不調の際に用いられることがあります。

  • 腹部消化器の不調(便秘・下痢など)
  • 皮膚の不調
  • 鼻の不調
  • アレルギー症状
スポンサーリンク

手三里とあわせて刺激したいツボ

手三里とあわせて刺激をすることで、より効果的なツボをご紹介します。

曲池(きょくち)

肘外側、尺沢と上腕骨外側上顆を結ぶ線上の中点。

新版経絡経穴概論

曲池は肘の外側にあるツボです。尺沢は上腕二頭筋腱の外側にあるツボなので、上腕二頭筋腱の外側と肘の外側の突起(外側上顆)に指をあて、つまむようにしてみてください。その時に盛り上がったところに曲池はあります。

  • テニス肘に、手三里と合わせて

テニス肘の正式名称を「上腕骨外側上顆炎」と先述しました。曲池のツボはまさに外側上顆付近にあるため、テニス肘の際に炎症が起き、痛みを感じているところに直接刺激を加えることができます。

実際の鍼灸治療でも、外側上顆の痛みが強すぎる場合や安静にしていても痛む場合は、手三里のツボを用いてまずは筋緊張と痛みの緩和を図ります。安静痛がなく、日常的な重痛や動かした時のみ気になる痛みになると、曲池のツボを刺激して完治を目指します。

おわりに

今回は手三里というツボについてまとめてみました。「足三里」のツボと対応させて、「手にも三里のツボがある」と知ってはいるものの、その位置や効果までは詳しく知らない人が多い印象です。

手三里は腕の痛みや可動域の改善を図る時によく用いるツボで、特にテニス肘の特効穴です。また、パソコン作業による手の疲れなどもテニス肘と似た発症機序になるため、手や腕の疲れを解消するツボの一つとして覚えておきたいツボでもあります。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント