足の少陽胆経に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

胆経のツボトップ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【足の少陽胆経(しょうようたんけい)】についてまとめます。

スポンサーリンク

目次

足の少陽胆経の特徴

流注概要

足の少陽胆経は、手の少陽三焦経の脈気を受けて外眼角に起こり、額角、耳の後、頚をめぐり、三焦経に交わり、大鎖骨上窩に入る。耳の後より分かれた支脈は、耳の中に入り、前に出て外眼角に至る。外眼角より分かれた支脈は、[大迎]へ下り三焦経に合し、目の下から頚を下り大鎖骨上窩で合流して、胸中に至り、横隔膜を貫き、肝を絡い、胆に属する。さらに、側腹部をめぐり鼠径部に出て、陰毛をめぐる。また、支脈は、大鎖骨上窩より腋窩に下り、季肋部を下る支脈と、股関節で合流する。そこから大腿外側、膝外側、腓骨の前を下って腓骨下端に至り、外果の前[丘墟]に出て、足背をめぐり、足の第4指外側端に終わる。
足背で分かれた支脈は、足の第1指端に至り、足の厥陰肝経につながる。

足の少陽胆経は目尻から始まり、耳や側頭部をめぐるように伸び、体の側面を下肢に向かって通っていく経絡です。

胆経は正経十二経脈に属します。経脈は中焦(ちゅうしょう)という体の中心から起こり、五(六)臓六腑の正経十二経脈が体を循環するように連絡し合い、最後は再び中焦に戻ります。

経穴数

44穴。

英名

“Gallbladder Meridian”。

瞳子髎をGB1とし、足竅陰(GB44)まであります。

スポンサーリンク

足の少陽胆経に所属する経穴(ツボ)一覧

胆経に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

胆経のツボ顔

瞳子髎(どうしりょう)

頭部、外眼角の外方5分、陥凹部。

聴会(ちょうえ)

顔面部、珠間切痕と下顎骨関節突起の間、陥凹部。

耳鳴りや難聴など耳の不調や、顎関節症に効果的なツボです。

上関(じょうかん)

頭部、頬骨弓中央の上際陥凹部。

頷厭(がんえん)

頭維と曲鬢を結ぶ(側頭の髪際に沿った)曲線上、頭維から4分の1。

懸顱(けんろ)

頭部、頭維と曲鬢を結ぶ(側頭の髪際に沿った)曲線上の中点。

懸釐(けんり)

頭部,頭維と曲鬢を結ぶ(側頭の髪際に沿った)曲線上、頭維から4分の3。

曲鬢(きょくびん)

頭部、もみあげ後縁の垂線と耳尖の水平線の交点。

率谷(そっこく)

頭部、耳尖の直上、髪際の上方1寸5分。

天衝(てんしょう)

頭部、耳介の付け根の後縁の直上、髪際の上方2寸。

浮白(ふはく)

頭部、乳様突起の後上方、天衝と完骨を結ぶ曲線上、天衝から3分の1。

頭竅陰(あたまきょういん)

頭部、乳様突起の後上方、天衝と完骨を結ぶ曲線上、天衝から3分の2。

完骨(かんこつ)

前頸部、乳様突起の後下方、陥凹部。

完骨は頭痛や頚肩のこりに効果的なツボです。

本神(ほんじん)

頭部、前髪際の後方5分、正中線の外方3寸。

陽白(ようはく)

頭部、眉の上方1寸、瞳孔線上。

頭臨泣(あたまりんきゅう)

頭部、前髪際から入ること5分、瞳孔線上。

目窓(もくそう)

頭部、前髪際から入ること1寸5分、瞳孔線上。

正営(しょうえい)

頭部、前髪際から入ること2寸5分、瞳孔線上。

承霊(しょうれい)

頭部、前髪際から入ること4寸、瞳孔線上。

脳空(のうくう)

頭部、外後頭隆起上縁と同じ高さ、風池の直上。

風池(ふうち)

前頸部、後頭骨の下方、胸鎖乳突筋と僧帽筋の起始部の間、陥凹部。

風池のツボは頭痛、眼精疲労、鼻の症状などに広く効果的なツボです。

胆経のツボ体幹

肩井(けんせい)

後頸部、第7頸椎棘突起と肩峰外縁を結ぶ線上の中点。

肩井は肩こりの起こりやすい肩上部にあるツボです。

淵腋(えんえき)

側胸部、第4肋間、中腋窩線上。

輒筋(ちょうきん)

側胸部、第4肋間、中腋窩線の前方1寸。

日月(じつげつ)

前胸部、第7肋間、前正中線の外方4寸。

京門(けいもん)

側胸部、第12肋骨端下縁。

帯脈(たいみゃく)

側腹部、第11肋骨端下方、臍中央と同じ高さ。

帯脈のツボは脇腹にあり、腰痛時などに刺激すると効果があります。

五枢(ごすう)

下腹部、臍中央の下方3寸、上前腸骨棘の内方。

維道(いどう)

下腹部、上前腸骨棘の内下方5分。

居髎(きょりょう)

殿部、上前腸骨棘と大転子頂点の中点。

環跳(かんちょう)

殿部、大転子の頂点と仙骨裂孔を結ぶ線上、大転子頂点から3分の1。

胆経のツボ大腿

風市(ふうし)

大腿部外側、直立して腕を下垂し、手掌を大腿部に付けたとき、中指の先端があたる腸脛靱帯の後方陥凹部。

風市のツボは下肢のしびれや痛みだけでなく、皮膚のかゆみにも用いることのあるツボです。

中瀆(ちゅうとく)

大腿部外側、腸脛靱帯の後方で、膝窩横紋の上方7寸。

膝陽関(ひざようかん)

膝外側、大腿二頭筋腱と腸脛靱帯の間の陥凹部、大腿骨外側上顆の後上縁。

胆経のツボ下腿

陽陵泉(ようりょうせん)

下腿外側、腓骨頭前下方の陥凹部。

陽陵泉は足のしびれや筋肉の疲労、全身の筋肉の不調に効果があるとされるツボです。

陽交(ようこう)

下腿外側、腓骨の後方、外果尖の上方7寸。

外丘(がいきゅう)

下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方7寸。

光明(こうめい)

下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方5寸。

陽輔(ようほ)

下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方4寸。

懸鍾(けんしょう)

下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方3寸。

胆経のツボ足部

丘墟(きゅうきょ)

足関節前外側、長指伸筋腱外側の陥凹部、外果尖の前下方。

足臨泣(あしりんきゅう)

足背、第4・第5中足骨底接合部の遠位、第5指の長指伸筋腱外側の陥凹部。

地五会(ちごえ)

足背、第4・第5中足骨間、第4中足指節関節近位の陥凹部。

侠渓(きょうけい)

足背、第4・第5指間、みずかきの近位、赤白肉際。

足竅陰(あしきょういん)

足の第4指、末節骨外側、爪甲角の近位外方1分、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線との交点。

 

参考:新版経絡経穴概論

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント