養生

気血水精

血虚の症状と改善のためのツボ【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学的な体の見方として、体を巡る気血水精の状態を調べる気血弁証がある。その中でも、血が不足して(血虚)起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめた。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「心」についてまとめる

五臓の一つである、心の東洋医学的な働きや養生をまとめます。心には血の循環をつかさどるポンプとしての働きと、精神活動・意識活動のとりまとめとしてのココロの働きがあります。心の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「肝」についてまとめる

五臓の一つである、肝の東洋医学的な働きや養生をまとめます。肝には気の巡りに関わる疏泄の働き、血の貯蔵に関わる蔵血の働きあがり、気血を通して全身の調整を行う重要な役割があります。肝の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「腎」についてまとめる

五臓の一つである、腎の東洋医学的な働きや養生をまとめます。腎には生命力の源である精を貯蔵しておく働きや、水に関する働き、呼吸を補助する働きがあります。腎の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「脾」についてまとめる

五臓の一つである、脾の東洋医学的な働きや養生をまとめます。脾は飲食物の消化・吸収を行い、そこから気・血・水・精を生成する重要な臓器です。脾の状態を確認し、働きを整えましょう。