運化

五臓六腑

東洋医学における五臓の脾の働き「運化」「昇清」「統血」についてまとめ

東洋医学における五臓の脾には、運化・昇清・統血の働きがあり、それぞれの働きによって飲食物を消化・吸収し、気・血・水を体の各所に届けています。
五臓六腑

東洋医学における五臓の脾の病証と症状。その治法のまとめ

五臓の脾の病証である、「脾気虚」、「脾陽虚」、「脾不統血」、「脾虚湿困」、「脾胃湿熱」についてまとめます。