葛根湯

東洋医学

葛根湯(かっこんとう)を飲む前に。配合生薬の特徴と風邪症状との関係まとめ

葛根湯(かっこんとう)に配合されている生薬と、効果が期待できる「服用するタイミング」をまとめます。
治療

東洋医学における風邪の特徴と症状、予防や対策についてまとめる

東洋医学では、風邪を(ふうじゃ)と読みます。風の邪が体に入り込むことで、いわゆる風邪(かぜ)を発症します。特徴として風の邪は熱や湿など他の邪をひきつれて侵入します。症状からどの邪が入り込んでいるかを明確にし、対策をとることで、早期回復を目指すことができます。