五臓六腑

東洋医学における五臓の腎の働き「蔵精」「主水」「納気」についてまとめる

この記事では、東洋医学における五臓の腎の働きについてまとめます。 五臓の腎の働きには、「蔵精(ぞうせい)」と「主水(しゅすい)」、「納気(のうき)」の3つがあります。わかりやすいのは主水で、これは水をつかさどる働き、つまり尿などで水分...
五臓六腑

五臓の腎を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の腎の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。腎には生命力の源である精を貯蔵する働きがあります。精を貯蔵し、それを気に変える働きをサポートするツボを刺激することで、活力溢れる日々を過ごしましょう。
五臓六腑

五行思想から五臓の腎に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の腎と関係する部位や感覚を五行思想をもとにまとめます。
五臓六腑

東洋医学における五臓の腎の病証と症状。その治法のまとめ

五臓の腎の病証である、「腎陰虚」、「腎陽虚」、「腎精不足」、「腎不納気」、「腎気不固」についてまとめます。
361+α

【太渓】生命力の源である腎を養い加齢による症状を改善する経穴(ツボ)

【太渓(たいけい)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる治療効果などをまとめていきます。太渓は五臓の腎に働きかけ、生命力の源である精の貯蔵をサポートします。結果、老化現象などを改善することができます。
予防・未病治

耳鳴りの音からわかる五臓の不調と改善に向けた対策

耳鳴りの東洋医学的な考え方と対策をまとめます。耳鳴りという症状一つとっても、聞こえる音の性質や耳鳴りの起き方によって原因が違います。自分の体質や耳鳴りの性質から原因を特定し、自分にあった対策をとって耳鳴りを改善しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の腎の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、腎は生命力の源である精を貯蔵する役割があります。また、水分代謝、呼吸の補助もする臓器と考えられています。老化現象や発育不良、泌尿器・生殖器疾患、むくみ、喘息など、腎の絡む症状を確認しましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「腎」についてまとめる

五臓の一つである、腎の東洋医学的な働きや養生をまとめます。腎には生命力の源である精を貯蔵しておく働きや、水に関する働き、呼吸を補助する働きがあります。腎の状態を確認し、働きを整えましょう。