五臓六腑

東洋医学における五臓の脾の働き「運化」「昇清」「統血」についてまとめ

東洋医学における五臓の脾には、運化・昇清・統血の働きがあり、それぞれの働きによって飲食物を消化・吸収し、気・血・水を体の各所に届けています。
五臓六腑

五臓の脾を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の脾の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。脾は胃とともに飲食物を消化・吸収する働きがあります。また特徴として、冷えや湿によって働きが低下してしまう点があります。脾を温め、働きを整えるツボを紹介します。
五臓六腑

五行思想から五臓の脾に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の脾と関係する部位や感覚を五行思想をもとにまとめます。
予防・未病治

「水を1日2リットル飲むと良い」は正解なのか。各専門医の見解と個人的見解

「水ならたくさん飲んでも、汗や尿として出て行く」と安易に考え、水を飲みすぎて体を壊す人が多くいます。適切な水分摂取量について考えていきます。
予防・未病治

耳鳴りの音からわかる五臓の不調と改善に向けた対策

耳鳴りの東洋医学的な考え方と対策をまとめます。耳鳴りという症状一つとっても、聞こえる音の性質や耳鳴りの起き方によって原因が違います。自分の体質や耳鳴りの性質から原因を特定し、自分にあった対策をとって耳鳴りを改善しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の脾の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学において、五臓の脾は飲食物の消化・吸収をつかさどります。消化不良や食欲不振などの消化器の不調の他、むくみや内臓の下垂症状、出血傾向なども脾の働きが関わる症状です。症状から脾の働きを確認しましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「脾」についてまとめる

五臓の一つである、脾の東洋医学的な働きや養生をまとめます。脾は飲食物の消化・吸収を行い、そこから気・血・水・精を生成する重要な臓器です。脾の状態を確認し、働きを整えましょう。