肩甲骨

肩・上肢

「翼状肩甲」との違いから、肩甲骨の理想の動き「立甲」を考える

前鋸筋の麻痺や弱さによって起こる「翼状肩甲」という観点から、「立甲」の動作獲得の注意点をまとめてみました。立甲を見たまま真似して、ただ肩甲骨が浮かび上がるだけでは不十分です。前鋸筋の収縮力を高めることで、肩甲骨の自由な運動や、腕や手の運動につなげましょう。
肩・上肢

肩関節の仕組みや理想の動きである肩甲上腕リズムについてまとめる

肩の関節は、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節・肩甲胸郭関節から成り立っています。それらの関節により、腕を大きく回したり、肩甲骨が自由に動いたりします。そうした肩甲骨と腕の骨の理想的な動きについても紹介していきます。
肩・上肢

【立甲】肩甲骨を立たせるストレッチのメリットや方法・効果のまとめ

肩甲骨を立たせる「立甲」によって得られる効果や、立甲するための方法などをまとめます。
肩・上肢

セルフでできる肩甲骨はがしと立甲。肩こりから解放される体を目指そう

セルフで「肩甲骨はがし」を目指すべく、肩甲骨の仕組みや、肩周りの筋肉のほぐし方などをまとめる。特に肩甲骨の動きに関わる小胸筋・前鋸筋についてもまとめ、肩甲骨の浮き上がる「立甲」獲得を目指す。
肩・上肢

肩こりに関わる僧帽筋の仕組みを知り、こりにくい体質を目指そう

肩こりに関して、僧帽筋の仕組みを元にこる原因や対策をまとめます。僧帽筋は静脈の仕組みが独特なため、同じ姿勢が続いたり、緊張が続くとこりやすい構造になっています。