五臓六腑

東洋医学における五臓の肝の働き「疏泄」と「蔵血」についてまとめ

東洋医学において、五臓の肝の働きには「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」の2つがあります。疏泄は気を巡らせる働き、蔵血は血を貯めておく働きです。どちらも全身に関わる働きなので、肝の働きが弱ると全身に症状が現れてしまいます。
五臓六腑

五行思想から五臓の肝に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の肝と関係する部位や感情を五行思想をもとにまとめます。
五臓六腑

五臓の肝を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の肝の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。肝には気の巡りをつかさどる「疏泄」と、血を貯蔵する「蔵血」の働きがあります。これらの働きを踏まえ、肝の調子を整えるツボを紹介します。
予防・未病治

東洋医学における五臓の肝と自律神経との関係のまとめ

自律神経の乱れを東洋医学的に考えると、五臓の肝の消耗や、気の働きの低下などがあります。それぞれの仕組みから、自律神経の乱れを予防する方法を、東洋医学的な側面から考えます。
予防・未病治

東洋医学における、ストレスが五臓の肝を傷め気滞につながる流れを確認

ストレスに体が蝕まれ体調が優れない時、五臓の肝の不調と、気滞が考えられる。肝の調子を整え、気の巡りを改善することでストレスに負けない体を目指す。しかし、本当に大切なのは、ストレスを避けること、溜めないこと。
予防・未病治

耳鳴りの音からわかる五臓の不調と改善に向けた対策

耳鳴りの東洋医学的な考え方と対策をまとめます。耳鳴りという症状一つとっても、聞こえる音の性質や耳鳴りの起き方によって原因が違います。自分の体質や耳鳴りの性質から原因を特定し、自分にあった対策をとって耳鳴りを改善しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の肝の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、肝は気血の巡りに関わります。肝の働きが低下すると気血の巡りが悪化し、多くの症状の原因になります。眼精疲労、梅核気、月経の異常、その他気血の問題など、肝の絡む症状についてまとめます。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「肝」についてまとめる

五臓の一つである、肝の東洋医学的な働きや養生をまとめます。肝には気の巡りに関わる疏泄の働き、血の貯蔵に関わる蔵血の働きあがり、気血を通して全身の調整を行う重要な役割があります。肝の状態を確認し、働きを整えましょう。