老化現象

五臓六腑

東洋医学における五臓の腎の病証と症状。その治法のまとめ

五臓の腎の病証である、「腎陰虚」、「腎陽虚」、「腎精不足」、「腎不納気」、「腎気不固」についてまとめます。
気血水精

「精」とは何か【東洋医学・鍼灸治療の基礎】

東洋医学や鍼灸治療を語る上で、欠かすことができない「精」について、基本的なことをご紹介します。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の腎の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、腎は生命力の源である精を貯蔵する役割があります。また、水分代謝、呼吸の補助もする臓器と考えられています。老化現象や発育不良、泌尿器・生殖器疾患、むくみ、喘息など、腎の絡む症状を確認しましょう。