立甲

肩・上肢

「翼状肩甲」との違いから、肩甲骨の理想の動き「立甲」を考える

前鋸筋の麻痺や弱さによって起こる「翼状肩甲」という観点から、「立甲」の動作獲得の注意点をまとめてみました。立甲を見たまま真似して、ただ肩甲骨が浮かび上がるだけでは不十分です。前鋸筋の収縮力を高めることで、肩甲骨の自由な運動や、腕や手の運動につなげましょう。
股関節・下肢

【立腰】肩甲骨を立たせる立甲だけじゃなく、腰も立たせて体の機能を高めよう

肩甲骨を立たせる「立甲」にあわせ、腰を立たせると書く「立腰(りつよう)」についてまとめてみます。
肩・上肢

【立甲】肩甲骨を立たせるストレッチのメリットや方法・効果のまとめ

肩甲骨を立たせる「立甲」によって得られる効果や、立甲するための方法などをまとめます。
肩・上肢

セルフでできる肩甲骨はがしと立甲。肩こりから解放される体を目指そう

セルフで「肩甲骨はがし」を目指すべく、肩甲骨の仕組みや、肩周りの筋肉のほぐし方などをまとめる。特に肩甲骨の動きに関わる小胸筋・前鋸筋についてもまとめ、肩甲骨の浮き上がる「立甲」獲得を目指す。
肩・上肢

四十肩・五十肩の症状と原因となる筋肉から、予防・改善法のまとめ

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の原因となる筋肉をピックアップし、対策をまとめます。痛みが出ている筋肉を特定し、コッドマン体操や棒体操、ストレッチなどで肩(肩甲骨)の動きを改善することで、四十肩・五十肩の痛み・肩の動きを改善します。