瘀血

予防・未病治

【血瘀・瘀血】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

血瘀・瘀血の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。血瘀や瘀血は血の巡りが悪くなることで起こります。極端な冷えや熱は特に血瘀・瘀血を悪化させてしまいます。適度な運動や入浴によって血の循環をサポートしましょう。
予防・未病治

血瘀・瘀血体質にオススメな血の巡りを良くする食材・食事

血瘀・瘀血体質の人にオススメする、血の巡りを良くする働きのある食材を紹介します。血の巡りが悪い時には、多くの場合で気の巡りも悪く、またそもそもの気血が不足していることもあります。そうした気血の不調には、辛みのある食材をとることで、気血の巡りを一気に改善すると効果的です
気血水精

血の停滞である瘀血・血瘀を改善する経穴(ツボ)

血の停滞によって起こる「瘀血・血瘀」を改善する経穴(ツボ)をまとめます。血の巡りを改善する「駆瘀血」や「活血化瘀」の働きのあるツボを中心に、血の生成を促す脾経のツボ、気の巡りにも関わる肝経のツボもあわせて紹介します。
361+α

【膈兪】ばね指や瘀血(血瘀)・血虚を改善する経穴(ツボ)のまとめ

【膈兪(かくゆ)】という経穴(ツボ)について、ツボの位置や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。膈兪はばね指の特効穴であり、血に関する不調も広く改善することができるツボです。
肩・上肢

四十肩・五十肩の症状と原因となる筋肉から、予防・改善法のまとめ

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の原因となる筋肉をピックアップし、対策をまとめます。痛みが出ている筋肉を特定し、コッドマン体操や棒体操、ストレッチなどで肩(肩甲骨)の動きを改善することで、四十肩・五十肩の痛み・肩の動きを改善します。
気血水精

血瘀(瘀血)の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学的な体の見方として、体を巡る気血水精の状態を調べる気血弁証がある。その中でも、血が停滞して(血瘀)起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめた。