疏泄

五臓六腑

東洋医学における五臓の肝の働き「疏泄」と「蔵血」についてまとめ

東洋医学において、五臓の肝の働きには「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」の2つがあります。疏泄は気を巡らせる働き、蔵血は血を貯めておく働きです。どちらも全身に関わる働きなので、肝の働きが弱ると全身に症状が現れてしまいます。
予防・未病治

東洋医学における五臓の肝と自律神経との関係のまとめ

自律神経の乱れを東洋医学的に考えると、五臓の肝の消耗や、気の働きの低下などがあります。それぞれの仕組みから、自律神経の乱れを予防する方法を、東洋医学的な側面から考えます。
五臓六腑

東洋医学における五臓の肝の病証と症状。その治法のまとめ

東洋医学における、五臓の肝の病証である、「肝気鬱結」、「肝火上炎」、「肝陰虚」、「肝血虚」、「肝陽上亢」、「肝風内動」についてまとめます。