気滞

予防・未病治

【気滞】体質の場合に注意すべき生活習慣や対策

気滞体質・気滞の状態の場合に注意したい生活習慣についてまとめます。気の巡りが悪化している状態では、鬱々と内側にくすぶるものを発散することが重要になります。また、ストレスになるようなものから回避することも重要です。
予防・未病治

気滞体質にオススメな理気の働きを持つ食材・食事

気の停滞である気滞体質の人にオススメな食材を紹介します。気滞体質の場合、五臓の肝の働きを整えるような、香りのある食材、柑橘系の食材を選ぶことで、気の巡りを改善することができます。こうした気の巡りを改善する働きを「理気(りき)」といい、肝の「疏泄(そせつ)」の働きを助け、気滞を改善します。
気血水精

気の停滞である「気滞」を改善するツボ

気の停滞である「気滞」によって起こる症状を改善する経穴(ツボ)を紹介します。気滞には、五臓の肝の疏泄の機能を取り戻すことが一番重要です。その他、腹部・胸部に起こる張りや情緒の乱れには、それぞれにあったツボをあわせて刺激することで対応しましょう。
予防・未病治

東洋医学における五臓の肝と自律神経との関係のまとめ

自律神経の乱れを東洋医学的に考えると、五臓の肝の消耗や、気の働きの低下などがあります。それぞれの仕組みから、自律神経の乱れを予防する方法を、東洋医学的な側面から考えます。
予防・未病治

東洋医学における、ストレスが五臓の肝を傷め気滞につながる流れを確認

ストレスに体が蝕まれ体調が優れない時、五臓の肝の不調と、気滞が考えられる。肝の調子を整え、気の巡りを改善することでストレスに負けない体を目指す。しかし、本当に大切なのは、ストレスを避けること、溜めないこと。
気血水精

気滞の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学における、気の停滞である【気滞(きたい)】によって起こる症状や対策をまとめます。また、気滞を治療するために用いる経穴(ツボ)や、気滞の改善にオススメな食材などもあわせて紹介します。