東洋医学

東洋医学

体の熱に関する東洋医学的な「実熱」と「虚熱」について、違いや対策のまとめ

体が熱っぽかったり、ほてったりする症状でも、東洋医学的に考えるといくつかの原因がある。原因に合わせた養生・治療をしないと、うまく熱を下げられなかったり、かえって熱がこもったりする。それぞれの症状と対応を考える。
予防・未病治

お粥は脾胃に優しいのに満腹感のある万能食。お粥の魅力まとめ

食養生の一助に、お粥の魅力や作り方などを紹介。消化器に優しいのに、満腹感があり、栄養もある。さらに、お粥の独特の甘さも満足感は高く、砂糖などの甘いお菓子を控える一助になる。そんなお粥の魅力をまとめた。
治療

おでこ、こめかみ、後頭部。頭痛の種類と東洋医学的な対策まとめ

東洋医学では、おでこ(前頭部)、こめかみ(側頭部)、後頭部など、頭痛に対する考えや治療が部位ごとに異なります。それぞれの特徴を踏まえ、自分の頭痛に合う方法で治療・養生を行うとより効果的です。
予防・未病治

ストレスによる過剰な食欲、東洋医学では【胃熱】という立派な病気です

東洋医学の胃熱の症状をご紹介。胃熱では、食欲旺盛(過剰)、のどの乾き、冷たいものを飲み食いしたくなる、口臭などの症状が出る。食べても食べても空腹感がなくならない胃熱の対策をまとめる。
経穴(ツボ)

経穴(ツボ)の線路である経絡の流れを知り治療・養生の幅を広げよう

経穴(ツボ)の線路である「経絡」についてまとめます。人体には六臓(肝心脾肺腎心包)と六腑(胆小腸胃大腸膀胱三焦)に関わる12本の経絡と任脈・督脈、それに属する361個のツボがあります。経絡の流れや対応する臓腑を知ることで、治療やセルフケアの幅が広がります。
気血水精

血瘀(瘀血)の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学的な体の見方として、体を巡る気血水精の状態を調べる気血弁証がある。その中でも、血が停滞して(血瘀)起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめた。
気血水精

湿痰の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

水分(津液)が停滞して、湿や痰となることで起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめる。
気血水精

血虚の症状と改善のためのツボ【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学的な体の見方として、体を巡る気血水精の状態を調べる気血弁証がある。その中でも、血が不足して(血虚)起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめた。
気血水精

気滞の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学における、気の停滞である【気滞(きたい)】によって起こる症状や対策をまとめます。また、気滞を治療するために用いる経穴(ツボ)や、気滞の改善にオススメな食材などもあわせて紹介します。
気血水精

気虚の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学における、気の不足である【気虚(ききょ)】によって起こる症状や対策をまとめます。また、治療のために用いる代表的な経穴(ツボ)、気虚を改善する食材などもあわせて紹介します。