五臓六腑

東洋医学における五臓の心の働き「ポンプ」と「ココロ」についてまとめる

東洋医学において、五臓の心には血を全身に送り届けるポンプとしての役割と、精神・意識活動の取りまとめとしてのココロの役割があります。ポンプの役割が果たせなければ血が循環せず停滞し、ココロの役割が果たせなければ正常な意識が保てません。東洋医学においても、心は重要な臓器です。
五臓六腑

五臓の心を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における五臓の心の働きを整える経穴(ツボ)をまとめます。心には精神活動の取りまとめとしての「ココロ」の働きと、血を循環させるポンプとしての働きがあります。こうしたことからも、心を整える場合は特に肝や脾などに属するツボが効果的です。
五臓六腑

五行思想から五臓の心に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の心と関係する部位や感覚を五行思想をもとにまとめます。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の心の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

動悸や不整脈など、西洋医学的にも心臓の問題とされるものは東洋医学も同様に、心の問題と捉えます。心の働きの乱れは他にも、物忘れや動揺など精神活動への影響から、不眠や寝汗などの睡眠障害があります。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「心」についてまとめる

五臓の一つである、心の東洋医学的な働きや養生をまとめます。心には血の循環をつかさどるポンプとしての働きと、精神活動・意識活動のとりまとめとしてのココロの働きがあります。心の状態を確認し、働きを整えましょう。