呼吸

五臓六腑

東洋医学における五臓の肺の働き「呼吸」「宣発」「粛降」についてまとめる

この記事では、東洋医学における五臓の肺の働きについてまとめます。 五臓の肺の働きには、「呼吸」と「宣発(せんぱつ)」と「粛降(しゅくこう)」の3つがあります。呼吸については、一般的な肺の機能と同じです。東洋医学の肺に独特な宣発は、体内...
五臓六腑

東洋医学における五臓の肺の病証と症状。その治法のまとめ

五臓の肺の病証である、「肺気虚」、「肺陰虚」、「風寒犯肺」、「風熱犯肺」、「痰湿阻肺」についてまとめます。
予防・未病治

鼻で吸って、鼻で吐く。鼻腔、副鼻腔の構造からみる鼻呼吸。

鼻呼吸をおすすめする理由をまとめてみました。鼻から吸って、鼻から吐くことで、鼻腔・副鼻腔の湿度は保たれます。鼻は粘膜なので、やはり少し潤っているのが良いもの。鼻水ダラダラも困るけど、乾いていても良くない。良いバランス保つためにも、鼻呼吸を。