五臓六腑

予防・未病治

子午流注に学ぶ「朝ご飯を食べる」「夜に寝る」方が良い理由

東洋医学において、1日24時間の時間ごとに対応する臓腑があり、良いとされる生活習慣があります。子午流注を参考に、時間ごとの理想を踏まえ、「朝ご飯」や「夜の睡眠」の重要性を解説します。
五臓六腑

【心包・三焦】東洋医学にある独特の臓腑の働きのまとめ

東洋医学の五臓六腑について、「実体はないが確かに存在する」といわれる心包(しんぽう)と三焦(さんしょう)についてまとめていきます。
予防・未病治

「古傷が痛む」は体の不調のサイン。古傷と五臓の対応から完治を目指そう

古傷や昔の怪我・手術の既往が、今起こっている不調の原因になっている。 東洋医学では、過去に体に起こった怪我などもしっかりと確認する。完治していない古傷は、常に気血を必要とし、臓腑も治療に働く。結果的に気血や臓腑のバランスは崩れ、不調が現れる。
予防・未病治

梅雨を東洋医学のアイディアで乗り切り、その先の夏や秋も快適に過ごす養生法

梅雨の時期の養生のまとめ。むくみ、下痢、体の重だるさなど、悩みの多い梅雨の時期。東洋医学では、「湿」によるこれらの症状を、臓器では脾、肺、腎の働きを取り戻すことで解決していきます。
五臓六腑

五臓六腑の表裏関係・相生関係・相克関係まとめ

東洋医学では、五臓六腑はそれぞれ特殊な関係を持って体を支えていると考える。表裏関係は、臓と腑の関係を表す。相生関係は、サポートし合う関係。相克関係は、抑制する関係。それぞれの働きのバランスにより、健康は維持されている。
五臓六腑

東洋医学における五臓の脾の働き(運化・昇清・統血)と養生のまとめ

五臓六腑の一つである脾の働きをまとめました。脾は胃とともに消化・吸収を行う臓器です。他にも、血を漏らさないような働きもあるため、女性には関係の深い臓器です。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「肺」の働き(宣発・粛降)と養生のまとめ

五臓六腑の中の、肺の東洋医学的な働きと養生をまとめました。ここでいう肺は、呼吸に携わる鼻や気管などの構造も含みます。また、体毛が濃い人は、肺が弱い、その理由などもまとめました。