不眠

五臓六腑

東洋医学における五臓の腎の病証と症状。その治法のまとめ

五臓の腎の病証である、「腎陰虚」、「腎陽虚」、「腎精不足」、「腎不納気」、「腎気不固」についてまとめます。
五臓六腑

東洋医学における五臓の心の病証と症状。その治法のまとめ

東洋医学における、五臓の心の病症である「心気虚」、「心血虚」、「心血瘀阻」、「心陰虚」、「心陽虚」、「心火亢盛」についてまとめます。
治療

入眠困難・中途覚醒などの不眠症に対する東洋医学の考えと対処法

不眠症・睡眠障害に関する東洋医学的な考えをまとます。臓腑の乱れや気血の過不足、停滞が睡眠障害に関わるため、五臓六腑の働きや気血の状態を確認することが重要です。特に体を沈める陰液である血と、腎の陰の状態を確認しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の腎の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、腎は生命力の源である精を貯蔵する役割があります。また、水分代謝、呼吸の補助もする臓器と考えられています。老化現象や発育不良、泌尿器・生殖器疾患、むくみ、喘息など、腎の絡む症状を確認しましょう。