東洋医学における五臓の脾の病証と症状。その治法のまとめ

脾病証イメージ 五臓六腑

五臓の脾の病証として、「脾気虚」、「脾陽虚」、「脾不統血」、「脾虚湿困」、「脾胃湿熱」があります。まとめると、下記の通りになります。

  • 脾気虚:脾の失調+気虚
  • 脾陽虚:脾の失調+陽虚
  • 脾不統血:脾の失調+出血傾向
  • 脾虚湿困:脾の失調+湿痰
  • 脾胃湿熱:脾胃の失調+湿熱

同じ脾の病でも、原因や現れる症状は様々です。しかし、その原因を特定し、それにあった治療を施すことが大切だと東洋医学では考えています。

 

東洋医学において、消化不良や下痢などの消化器症状や、むくみなどの体の水分バランスの乱れを指標に五臓の脾の失調を疑い、治療を進めるとまとめました(「東洋医学の脾の働きと養生」)。また、こうした五臓六腑だけでなく、体を循環している気・血・水・精の過不足や停滞も、体調の変化につながります(「東洋医学の気・血・水・精のまとめ」)。

この記事でまとめるのは、こうした臓腑の失調プラス気・血・水・精の失調によって、体はどのような状態になるのか、その治療法はどのように考えるのかについてです。

五臓六腑の働きは、気・血・水・精が過不足や滞りなく循環する上で成り立ちます。また、その気・血・水・精も、五臓六腑の働きを受けて生成・循環しています。体に起こる症状や指標を捉え、どこの臓腑の問題なのか、どのエッセンスの過不足なのかを判断することで、より的確な治療を行うことができます。

その中でも、五臓の脾と気・血・水・精のバランスによって起こる病証と、その治法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

東洋医学における五臓の脾の特徴をおさらい

五臓の脾には、「運化(うんか)」と「昇清(しょうせい)」、「統血(とうけつ)」という働きがあります。

  • 運化:飲食物を消化吸収し、全身に運搬する働き。
  • 昇清:臓器の位置を保ったり、栄養や気・血を上に送る働き。
  • 統血:血を漏らさないようにする働き。

脾の働きが低下することで、こうした脾の持つ働きも悪くなってしまいます。

五臓の脾は特に、消化吸収をつかさどる臓器です。そのため、脾の不調によって、何かを食べる・飲むところから、便として出ていくまでのどこかに不調が現れることが多くあります。

【脾気虚】脾の失調+「気虚」

五臓の脾の働きの低下と、気の不足である「気虚(ききょ)」があわさると、「脾気虚(ひききょ)」になります。脾の働きとして、飲食物の消化吸収と、体の水分バランスの調整があります。脾気が不足することで、これらの働きも低下してしまいます。

脾気虚の症状

  • お腹が張る
  • ご飯を少ししか食べられない
  • 下痢をする
  • 胃下垂などの内臓下垂
  • 痔、脱肛
食欲がなくて、下痢気味。ぽっこりお腹(胃下垂)も気になったら、脾気虚を疑って

消化・吸収をつかさどる脾の気が不足することで、消化器症状を中心とした不調が現れます。飲食物から精を作り出し、それが気の元となるため、脾の働きの低下自体も気の不足の原因になります。

脾気虚が進行すると、脾の上にあげておく働きである「昇清(しょうせい)」作用も低下し、胃下垂や子宮下垂、痔や脱肛といった下垂症状が起こります。脾の低下によって痩せがちですが、下腹部のあたりはポッコリと出ている体型が多い印象です。

脾気虚の治法「補益脾気」。ツボは足三里がオススメ。

脾気虚を治療する方法を、「補益脾気(ほえきひき)」と言います。これは、脾の気を補いましょう、という方法です。

治療として補益脾気を目指す場合、胃に所属する経穴(ツボ)である「足三里(あしさんり)」を用います。

▶︎「気虚」の症状や対策をまとめたページはこちらへ

スポンサーリンク

【脾陽虚】脾の失調+「陽虚」

五臓の脾の働きの低下と、陰陽のバランスの悪化による「陽虚(ようきょ)」があわさると、「脾陽虚」になります。脾陽虚は脾の気の不足である「脾気虚」の進行した結果として現れることもあります。

脾陽虚の症状

  • 脾気虚の症状
    • お腹が張る
    • ご飯を少ししか食べられない
    • 下痢をする
    • 胃下垂などの内臓下垂・痔、脱肛
  • 冷え症状
水太りで冷えている人は要注意。

脾陽虚は脾気虚の進行した結果として現れることが多いため、症状は脾気虚の症状プラス冷えといったイメージです。特に便の質はさらさらとした水様の便になることが多いです。また多くの場合、水分代謝も低下しむくみを伴います(水湿内停)。

脾陽虚の治法「補益脾陽」。ツボは三陰交を温める。

脾陽虚を治療する方法を、「補益脾陽(ほえきひよう)」と言います。これは、脾を元気にして、脾の陽を補いましょう、という方法です。

治療として補益脾陽を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「三陰交(さんいんこう)」を温めます。

スポンサーリンク

【脾不統血】脾の失調+出血傾向

五臓の脾の働きの低下によって、血が漏れ出てしまう状態を「脾不統血(ひふとうけつ)」と言います。脾不統血も脾気虚の進行として現れることが多いです。脾の「統血」という血をつかさどる働きの低下と、気の「固摂(こせつ)」という物質をかためて止めておく働きの低下があわさった状態です。

脾不統血の症状

  • 血尿・血便
  • 不正性器出血・月経過多
  • 鼻血、喀血
  • 内出血ができやすい
甘いものが大好きで、月経時の血量が多い人は要注意。

脾不統血は慢性的な出血傾向を特徴とします。幼い頃によく、「チョコレートを食べすぎると鼻血が出る」と言われたのは、脾不統血を心配してかもしれません。特に食生活の乱れや偏食によって、五臓の脾は消耗してしまいます。食生活に懸念があり、慢性的な出血傾向があれば、脾不統血を疑います。

脾不統血の治法「健脾・補気摂血」。ツボは足三里がオススメ。

脾不統血を治療する方法を、「健脾(けんぴ)」、「補気摂血(ほきせっけつ)」と言います。これは、脾を元気にし、気の固摂作用を高め血を漏らさないようにしましょう、という方法です。

治療として健脾・補気摂血を目指す場合、胃に所属する経穴(ツボ)である「足三里(あしさんり)」を用います。

▶︎東洋医学における「気」の働きのまとめはこちらへ

スポンサーリンク

【脾虚湿困】脾の失調+「湿痰」

五臓の脾の働きの低下によって、余分な水分である「湿痰(しつたん)」を排出できずにいる状態を「脾虚湿困(ひきょしつこん)」と言います。脾はもともと「生痰の臓」と言われるほど、体内の水分と関係があり、脾自体も余分な水分に弱い性質を持ちます。

主に脾の「運化(うんか)」作用の低下によって起こりますが、例えば水分の摂りすぎや、外湿度の高い梅雨の時期などはそうした外部要因自体が脾を消耗し、脾虚湿困を招く原因になります。

脾虚湿困の症状

  • 食べなくても良い、という程度の食欲低下
  • 軟便や下痢
  • 体が重だるい、頭重感
  • むくみ
  • 日中の強い眠気
  • 舌に白い苔ができ、厚ぼったい
全身が重だるくて、頭も重い。ご飯も食べなくていいや•••寝よ。

脾虚湿困は、体に余分な水分が多すぎることによって、ダルい感覚が起こるのが特徴的です。先述した通り、脾には本来水分代謝の働きがありますが、脾の働きの低下によって余分な水分が蓄積していき、体に害となる「湿痰」となります。

食生活の乱れや、水分過多、外湿度の影響を受け、脾は消耗してしまいます。消化器の不調に加え、舌をチェックしてみてください。舌に白い苔がのり、厚ぼったい状態であれば、脾虚湿困かもしれません。

脾虚湿困の治法「健脾去湿」。ツボは陰陵泉がオススメ。

脾虚湿困を治療する方法を、「健脾去湿(けんぴきょしつ)」と言います。これは、脾を元気にし、余分な湿を取り除きましょう、という方法です。

治療として健脾去湿を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「陰陵泉(いんりょうせん)」を用います。

▶︎東洋医学における「湿痰」の症状や対策のまとめはこちらへ

スポンサーリンク

【脾胃湿熱】脾胃の失調+「湿熱」

五臓の脾、六腑である胃の働きの低下に加え、「湿」と「熱」が体内にこもった状態を、「脾胃湿熱(ひいしつねつ)」と言います。脾はもともと冷えに弱い性質を持ちますが、過剰に熱がこもることも不調の原因になります。脾と胃はどちらも消化・吸収を担当する臓腑なので、消化器の不調が主になります。

脾胃湿熱の症状

  • 食欲低下
  • 軟便や下痢
  • 体が重だるい、頭重感
  • むくみ
  • 舌に黄色っぽい苔ができ、厚ぼったい
便器に残って流れにくいような泥状の便が特徴的

症状としては、先述した「脾虚湿困」に加えて熱の症状が現れます。全身の重だるい感じに加え、胃がムカムカとするような食欲不振が起こることもあります。体に熱がこもっている場合、体液の色は濃く、粘りを持つようになります。そのため、舌の苔は黄色みを帯びて厚くなります。また、便は泥状のような下痢・軟便が多く、粘りが強いため便器に残って流れにくくなります。

脾胃湿熱の治法「清利脾胃湿熱」。ツボは陰陵泉がオススメ。

脾胃湿熱を治療する方法を、「清利脾胃湿熱(せいりひいしつねつ)」と言います。これは、脾胃の湿を取り除き、熱を冷ましましょう、という方法です。

治療として清利脾胃湿熱を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「陰陵泉(いんりょうせん)」を用います。

 

おわりに

五臓の脾の失調に加え、気・血・水・精の各エッセンスの過不足・停滞が起こることで、体には様々な症状が現れます。東洋医学では、その時出ている症状から、実際にどこの働きの低下が原因なのかを探り、それぞれに対する治療を行なっていきます。

五臓の脾は主に飲食物の消化・吸収をコントロールする臓器です。また、そうして飲食から得た栄養は貯蔵され、私たちの活動力の源となります。暴飲暴食や偏食などによって、脾の働きは低下しやすい特徴があります。胃腸の調子が悪いと感じた時は、特に舌や便の状態を見て、自分の胃腸の様子を探ってみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント