体に現れる症状から五臓の脾の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

脾の不調の詳細イメージ 五臓六腑

今回は実際に体に起こる症状を踏まえ、その時に五臓の脾がどのように調子が悪くなっているかを確認していきます。

脾の働きが悪くなると起こる症状として、下記の症状があります。

  • お腹が張りやすい、腹痛が多い
  • 食欲不振
  • 下痢をしやすい
  • 悩みや考え事が胃腸にくる
  • むくみやすい
  • 疲れやすい

これらの症状が、五臓の脾とどのように関係し、起こっているのかを確認していきます。

スポンサーリンク

主に脾の運化の働きの低下によって起こる症状

私たちが口から飲み食いして、食道、胃、腸を通り、尿や便として出るまで、その全てに脾という臓器は関わります。脾は消化から排泄までの司令塔といっても過言ではありません。

食欲を調整

食欲不振のような不調は五臓の脾が影響します。一方、過剰な食欲は脾の働きが低下した上に、六腑の胃が熱を持った「胃熱(いねつ)」という状態です。

食事を摂り、ある程度の時間をかけて消化・吸収を行い、再び空腹を感じるのは、当たり前のようですが、こうした脾や胃の適切な働きによって実現しています。

お腹が張る、腹痛が多い

食事の前後にお腹が張ったり、腹痛が起こる人も、脾の働きが低下しています。脾の働きの低下によって消化・吸収の力が弱まっていることで、負担が高まりお腹の張りや腹痛につながります。

また、緊張や悩みが腹痛や排便と直結するタイプの人(過敏性腸症候群など)は、脾の働きを取り戻すと改善することが多くあります。脾は「思」という感情と密接な関係があるため、思い詰めたり、悩んだり、考えすぎたりすると働きが低下してしまい、消化器系の不調が現れます。

下痢や軟便・便秘

最終的に便を形成し、排便するのは六腑の大腸の働きです。しかし、大腸の排便の働きをコントロールしているのも、五臓の脾です。また、脾には体の水分調整に関わる働きもあるため、便の水分バランスに影響します。

下痢の性質と体の寒熱

余談ですが、今回は下痢の場合の性質の違いについて、少しだけ東洋医学的な豆知識を紹介します。便の形状や質は、特に体の内面を知る重要なサインです。便からわかる、体内の「寒熱」を少しだけご紹介します。

  • 水のような便

水様便とも言われ、便に消化しきれなかったものが混じる場合があります。脾の働きの低下と、体を温める陽の力の低下が考えられる「脾陽虚」の便です。脾の働きの回復の他、陽の力も取り戻す必要があります。

  • 粘りのある便

泥状便と言われ、トイレにべったりと残るような便です。脾の働きの低下と、湿熱という体に湿と熱が過剰にある「脾虚湿熱」が考えられる便です。脾の働きの回復と、湿熱の除去が治療の鍵になります。

脾は「後天の精」をつかさどる

脾は飲食物から栄養となるものを抜き取り、生きていくのに必要な「後天の精」を生成する臓器です。

私たちは、両親から受け継いだ生命力の源とも言える「先天の精」に、後天の精を補充することで生命力を維持しています。先天の精・後天の精は五臓の腎にしまわれ、体を巡る気血の原料になります。

そのため、生命力を維持していくためにも、食生活は重要であり、脾という臓器の働きも重要になります。

スポンサーリンク

 脾が排出できない水分(湿)がむくみにつながる

飲食物から得る水分の経路をたどると、下記の通りです。

  1. 脾のコントロールの元、余分な水は肺に送られる。
  2. 肺が全身に巡らせ、肌を潤わせ、汗として出す。
  3. さらに余分な水分は膀胱に送られ、腎のコントロールの元、尿になる。

上記からも、体の水分代謝に関わるのは、脾・肺・腎だと言えます。また、大元の脾の部分で水分代謝がうまくいかないと、汗・尿のトラブルにもつながることがわかります。結果的に体内の水分を排出できなくなり、むくみにつながります。

「生痰の臓」の側面も持つ脾

脾は体内の水分を調整する一方、「生痰の臓」という特徴も持ちます。

脾の働きが正常であれば、体内の水分代謝を助ける役割がありますが、脾の働きが低下すると、水分運行が滞り、よどんだ水分が痰となってしまいます。こうした痰が、むくみや下痢などの「体内の水分過多による不調」の原因となります。

あわせて、五臓の肺を「貯痰の臓」と言います。下痢やむくみなどの水分バランスの問題は、どれか一つの臓だけでなく、脾・肺・腎を中心に治療を行う必要があります。

主に脾の昇清の働きの低下によって起こる症状

胃下垂や脱肛、子宮脱

五臓の脾の働きに「昇清(しょうせい)」というものがあります。昇清は「上にあげる」働きを表し、これは栄養素などを上部に運ぶ働きを指します。また、内臓の位置を適正に保つのも、昇清の働きです。

胃下垂や、痔、脱肛、子宮脱のような内臓下垂症状は、脾の働きの低下が原因の一つにあります。こうして、脾の働きの低下によって起こる下垂現象を、「中気下陥(ちゅうきかかん)」といいます。

主に統血の働きの低下によって起こる症状

脾には他にも、「統血」という働きがあります。これは、「血を漏らさない」ようにとどめておく働きです。脾の働きが低下すると、血を血管内にとどめておくことができず、出血が起こりやすくなります。

その昔、「チョコレートのような甘いお菓子を食べすぎると、鼻血が出る」と言われたことがあります。甘い物を食べ過ぎないように注意する迷信かもしれませんが、東洋医学的に考えると間違ってはいません。過度な甘味は脾を消耗し、出血傾向につながるためです。

血尿や血便

尿は腎や膀胱、便は大腸の影響もありますが、「血が混じる」という点で脾の統血の低下が疑われます。血尿や血便は、尿や便の形成途中から排泄までの間のどこかで、血が漏れてしまった結果として起こります。

不正性器出血、月経血の量の変化

特に女性の場合、月経で毎月出血が起こります。こうした月経時の血の量や質にも、脾の統血の働きは関与します。また、月経のタイミング以外での出血も、脾の統血の働きの低下が原因の一つとしてあります。

内出血、皮下出血

少しぶつけただけで内出血が起こったり、気づかないうちに内出血が起こったりする場合にも、脾の統血の低下が疑われます。血を脈に止めておくことができずに漏れてしまい、皮下にたまることで内出血となります。

おわりに

実際にこうした症状を踏まえ、東洋医学では「証(しょう)」を立て、それに合った治療を行います。

▶︎東洋医学における五臓の脾の病証と症状、その治法のまとめ

治療はあくまで鍼灸治療や漢方がありますが、こうした症状を知り、日々の生活を心がけることが第一です。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント