五行思想から五臓の脾に関わる体の部位や感覚をまとめる

五行の脾 五臓六腑

東洋医学における、五臓の脾と関係する部位や感覚などを五行思想をもとにまとめます。

東洋医学において、あらゆる事象は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つと考えます。これを、五行思想と言います。

私たちの体に当てはめて考えると、まず五臓(肝・心・脾・肺・腎)があり、その五臓が対応する六腑や他の器官があります。こうして体の部位や感覚の対応を知ることで、体の外から内面の状態を知り、鍼灸治療や漢方治療に役立てています。

スポンサーリンク

五行をもとに考える五臓の脾と関わる体の部位や感覚

まず、五臓の脾は五行では「土」に属します。これから紹介する体の部位も、全て「土」の性質を持ちます。

五行式体表の「土」
五腑 五竅 五主 五華 五液 五味 五志
 口 肌肉  涎  甘  思

【五腑は胃】脾と表裏関係にある腑

五臓の脾に対応する六腑は胃です。そのため、「五行における脾の五腑は胃」、「脾と胃は表裏関係にある」と言います。

飲食物を実際に消化する働きは胃が行い、脾は消化・吸収・排泄のとりまとめといった役割になります。

【五竅は口】脾の開く穴

東洋医学において、五臓の状態が表れる竅(あな)を「五竅(ごきょう)」と言います。

脾の五竅は「口(くち)」です。飲食物は口から入り、胃で消化されます。消化・吸収のとりまとめである脾は口につながり、外の世界へ開いています。

【五主は肌肉】脾のつかさどる部位

東洋医学における五臓の脾は肌肉(きにく)の状態をコントロールしています。肌や脂肪、筋肉などの「身」にあたる部分を指します。

脾の働きにより、飲食物を適切に消化・吸収することで、私たちの体はふっくらと、ツヤのある状態を維持します。

【五華は唇】脾の働きを知る部位

「五華(ごか)」も五臓の働きが表れる指標の一つです。

脾の働きは唇に表れます。唇の血色が良くない場合や、乾燥などがある場合、脾の働きの低下を疑う指標になります。

【五液は涎】脾のつかさどる体液

五臓に対応する体液を「五液(ごえき)」と言います。

脾の五液は涎(よだれ)です。涎には消化に役立つ酵素が含まれ、飲食物の消化・吸収を助ける働きがあります。五竅が口であるのと同様、飲食物の消化経路の最初である口内で、涎をもって消化を行います。「お腹が空くと涎が出る」ことからも、涎と脾の関係を表しています。

脾の五液が涎(よだれ)、腎の五液は唾(つば)です。どちらも似ていますが、あえて違いを挙げると下記のように考えられます。

  • 涎は消化を助ける脾の液。
  • 唾は歯の乾燥を防ぐ腎の液(歯の状態も腎がつかさどる)。

【五味は甘】脾を養う味

五臓を養う味覚を「五味(ごみ)」と言います。

脾の五味は「甘(あまい)」です。ここでいう甘味は、お米やお芋などの自然な甘みを指します。これらの甘味は消化・吸収・排泄を助け、私たちの身になる食材です。白砂糖や現代のお菓子類は甘味が強すぎ、かえって脾を消耗してしまいます。

古典には、甘味をとりすぎると、骨が弱くなり髪が抜け落ちると記載があります。

【五志は思】脾の関わる感情

五臓に対応する感情を「五志」と言います。

脾の五志は「思」です。「思」には、「悩」や「考」といった側面もあると考えられます。「思い悩みすぎて食欲がなくなる」、「考えすぎてお腹が痛くなる」などは脾と「思」の関係から起こります。また、将棋の棋士さんが間でお菓子を食べたり、猛勉強をしている時、無性に甘いものが欲しくなるのは、こうした「思(考)」と脾の関係から来ると考えられます。

おわりに

五臓の脾に対応する体の部位や感覚を五行思想をもとにまとめました。

これらの指標の状態や変化をもとに、五臓の状態を外から確認し、治療の方針を立てていきます。もちろん、セルフチェックなどにも有効です。自分の体を細く観察し、日々の変化を確認してみましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント