小児鍼の方法と治療効果。親になってから考える小児治療の難しさ

治療

今回は、鍼灸の世界でも独特の刺激を伝える【小児鍼】についてまとめてみます。

鍼や灸の治療効果は、大人だけでなく、子どもや乳幼児にも認められています。小児鍼は鍼を実際に刺入する訳ではなく、皮膚への接触刺激を伝える治療法です。小児の場合反応が強いため、撫で、こするだけでも十分効果が得られます。

しかし自分が親となった今、反応が強い子どもたちに小児鍼をするリスクや不安を再認識しました。

「鍼は良いと思うけど、果たしてうちの子にやって平気かしら…」そんな葛藤も合わせて、ご紹介します。

スポンサーリンク

刺入しない鍼【小児鍼】とは

小児鍼は、読んだまま「小児に行う鍼」という意味です。鍼といっても、実際に刺入はせず、特殊な鍼用具で皮膚に接触刺激を与える方法です。

日本での小児鍼の歴史も古く、江戸時代頃からちらほら記載が残っていて、明治時代には小児鍼の名家が生まれていたようです。ちなみに本場である中国では、小児の治療であっても大人の治療に使うような鍼と同じものを使用します。この辺りは、日本の繊細さが影響していると考えられます。

小児鍼に使う刺さない鍼

小児に使用する鍼は、実際に刺入する鍼とは異なります。プラスチックや金属でできた道具で、皮膚の表面を撫でたり、こすったり、軽く叩いたりする程度の刺激を入れます。

小児鍼で使用する鍼は「接触鍼(せっしょくしん)」と言い、どれも小児のためだけでなく、大人にも使用できます。代表的なものを紹介します。

てい鍼イメージ

てい鍼は棒状で、先端は尖って見えますが、丸くなっています。ツボを押し込んだり、斜めにあてて撫でこすったりできる接触鍼です。

ローラー鍼イメージ

ローラー鍼は、肌にあててコロコロと転がすことで刺激を与える接触鍼です。

いちょう鍼

いちょう鍼は尖っている部分でツボを押し込む刺激を、広がっている部分で撫でこする刺激を与えられる接触鍼です。

(いちょう鍼画像は「三角よねやま式」)

(画像出展:からだはうす

小児鍼の施術部位

小児鍼の場合、「ここ」というツボに刺激を与えるというより、大きな面を刺激します。

背中やお腹、手足、頭、症状に合わせて、経絡などを考慮しますが、子どもに気持ちよく治療を受けてもらうことが最優先です。

小児鍼の治療機序

体の表面をこすったり、撫でたりして刺激することで、血流が良くなります。反応が良い子どもだと、発汗したり、発赤したりします。こうして血流がよくなり、自律神経のバランスが整うと考えられています。

特に小児の頃は、様々な体の器官が未発達で、自律神経も安定していません。そんな中で、新しいことに触れ、刺激的な毎日を過ごす子どもたちは、疳の虫などの症状が起こりやすくなります。

そんな子どもたちの興奮が過剰にならないよう、整える働きが小児鍼にはあります。

小児鍼の適応疾患・症状

  • 疳の虫
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 喘息
  • 気管支炎
  • 消化不良、便秘・下痢
  • 夜尿症
  • 虚弱体質

小児鍼の適応疾患は幅広く、原因のハッキリしない症状に対しても効果が認められています。

身近なスプーン小児鍼

刺さない鍼と言っても、鍼は鍼です。一般の人が手に入れるには手間がかかったり、取り扱いに注意が必要だったりします。

そのため、スプーンで代用して小児鍼と同等の効果を得られるスプーン小児鍼というものもあります。

もちやすく、接触面が柔らかい楕円形のスプーンで、背中やお腹を撫でる方法が一般的です。銀製・ステンレス製だと、持ち手の体温で温かくなるので、子どもたちも気持ちよく治療を受けることができます。

【身近なものでできる小児鍼の参考に、スキンタッチのHP】

他にも、歯ブラシやドライヤーなどで優しい刺激を与える方法もあります。

スポンサーリンク

親になって考える小児鍼

息子(1歳弱)は特に大きな病気もせずに成長してくれています。しかし、何度か体調を崩すことはありました。

  • 軽い便秘
  • 風邪っぽさ
  • 発熱
  • 下痢
  • 脱水
  • 貧血

一つ一つを見ても、成長過程で一度は通る道なようです。しかし、いざ自分の息子がこうなると何とも不安であり、何もしてやれない無力を感じていました。

自分の子どもに小児鍼、する?

こうした息子の症状に、「鍼灸師として何かしたか?」というと…何もしていません。

「鍼は赤ちゃんからお年寄りまで対応する万能な治療法」

そう言われますが、いざ自分の息子に症状が現れた時に、「よし、鍼灸で何とかしよう!」とは微塵も考えられませんでした。

ここでファーストチョイスに鍼灸が来ないあたり、私の技術もまだまだ未熟であり、私の鍼灸という治療に対する評価もその程度なんだと思います。

他人の子どもなら、小児鍼できる?

私は今の段階では、他のご家庭のお子さんにも小児鍼を使った治療はできません。

もちろん症状によって、アドバイスできることはあるかもしれませんが、まずはしっかりとお医者さんに診てもらいたいと思います。

自分が親になってから、ますます小児鍼の難しさ(概念的な)を感じます。自分の子どもに自信を持ってできないことを、よそさまのお子さまにはできませんよね。

まして、治療の反応が良くも悪くも出やすい小児の場合、アフターケアも万全ではないと不安は残ります。チョチョっと小児鍼を施して、様子を見てくださいねー…言えない言えない。

小児鍼を専門でやっている鍼灸師の先生や、業界の偉い人からは、「そんな鍼灸師がいたら困る」なんて怒られそうですけどね。

 

おわりに

私たち鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師は、資格を取得したその日から「治療」ができます。しかし、治療を重ねれば重ねるほど、その責任の重さを感じます。

「よそさまのお子さまを治療するのは難しい」と先述しましたが、当然のように、大人でも同様に「よそさまの子」です。

自分の子どもが体調を崩すたびに、毎日普通に生活できることのありがたさや、貴重さを感じます。それは、子どもも大人も変わらないじゃないか、とこの記事をまとめながら再認識しました。

子どもだけではなく、大人も、どんな人でも、自信をもって治療できるようにならねば。そんな自戒も込めて。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント