湿痰体質にオススメな利水の働きを持つ食材・食事

湿痰を改善する利水の食材 予防・未病治

今回は、東洋医学における「湿痰(しつたん)」体質の人にオススメな食事・食材を紹介します。

湿痰とは、体内の余分な水分が凝集した状態を指します。むくみや鼻水、痰など、体液の状態の変化が症状として現れるため、体の水分代謝の改善が必要になります。

気の巡り、血の巡りと同様に、水の巡りも重要です。水分代謝を改善し湿痰を除去する食材をとり、水の巡りを良くしましょう。

スポンサーリンク

こんな人は湿痰かも?!体質タイプ

湿痰のチェックリストは下記の通りです。

  • 浮腫(むくみ)
  • 痰の絡む咳
  • 鼻水の出が多い
  • どちらかというと下痢することが多い
  • 体が重だるい

余分な水分が凝集し湿痰となることで、上記のような症状につながります。湿痰の判断として難しい点が、これらが単体ではなく、複合的な原因で現れる点です。例えばむくみは運動不足も影響します。痰や鼻水は風邪に伴う症状でもあり、下痢は湿痰だけでなく胃腸の調子も影響します。

自分に出ている湿痰傾向の症状が、果たして本当に余分な水分によるものなのか、それとも他の臓器の働きの低下も影響しているのかをしっかりと鑑別する必要があります。その上で、水分代謝を改善し、湿痰を解消する食材をとってみてください。

スポンサーリンク

湿痰体質にオススメの補気の食材

湿痰体質にオススメな食材をまとめていきます。特徴としては、五臓の脾、肺、腎を整える働きを持つ食材をとる点があります。水分代謝を促す働きを「利水(りすい)」、湿を除去する働きを「去湿(きょしつ)」、湿痰を解消する働きを「化痰(かたん)」と言います。

海藻類

海藻類の多くは、凝集した湿痰を解消し、余分な水分の排出をサポートする働きがあります。

海のものの鹹(しおからい)味は、五臓の腎を養います。泌尿器である腎には、主水(しゅすい)という水分代謝をつかさどる働きがあります。腎の働きの低下は、水分代謝の低下につながってしまいます。湿痰体質であれば、こんぶ、わかめ、のりなどの海藻類を選んでとり、腎の働きを整えましょう。

瓜(うり)科の食材

みずみずしい瓜科の食材も、湿痰を改善する食材です。

水分が豊富な食材をとると、かえって体内の余分な水分が増え、湿痰が悪化する印象を持ってしまいます。しかし、瓜科の食材には、食材のもつ水分を与えることで、体内の余分な水分は排泄させる働きがあります。

きゅうり、とうがん、スイカなどの食材をとることで、新鮮な水分を体に与え、体内の古い水分は代謝していきましょう。

東洋医学的に定番の湿痰対策の食材

一般的ではないものの、東洋医学的に湿痰対策に効果的と考えられている食材を紹介します。

小豆(あずき)

あずきは湿痰を改善し、むくみや水太りを解消する食材です。あずきの甘さは五臓の脾を養い、消化・吸収を改善することで水分代謝をよくします。

五臓の脾は余分な水分に弱い特徴があります。梅雨などの多湿な環境で調子が悪くなる人や、下痢がちな人は、まず五臓の脾の働きを整えましょう。脾は「生痰の臓」と言われ、飲食物などから痰を作り出してしまいます。脾の働きが低下していると、こうした痰によってさらに脾の調子は悪くなり、悪循環に陥ります。

あずきのような食材をとることで五臓の脾を養い、湿痰を生み出しにくく、湿痰に強い体を目指しましょう。

お茶やコーヒー

一般的にも、お茶やコーヒーには利尿作用があることが知られています。余分な水分が凝集した湿痰を解消し、排泄する働きがあります。

お茶であれば、紅茶、烏龍茶、緑茶など、種類は違えど利尿作用はある程度同等と考えて大丈夫です。注意点としては、冷たい状態で飲みすぎると五臓の脾に負担となること、あくまで嗜好品として楽しむ程度に飲むことが大切、という2点があります。

杏仁(あんにん)

杏仁豆腐で知られる「杏仁」は、あんずの種からできる生薬です。生薬名はキョウニンです。

杏仁は五臓の肺を養う効果があります。湿痰が鼻水や痰などの不調につながる場合には、肺の働きを整えることで症状が改善します。また、肺には汗として水分を排出する働きもあるため、発汗によって湿痰を解消する効果もあります。

また、杏仁は胃腸を養い潤す効果もあり、便通を改善することで余分な水分を排出します。

総評:潤いを与える食材をとって、体の水分を入れ替えよう

湿痰を改善する食材の多くは、食材自体の水分が豊富で、一見するとかえって体内の水分が増してしまう印象を持ちます。しかし、そうした食材の新鮮な水分を取り入れることで、体内に凝集している湿痰を解消し、排泄を促すことができます。

また、水分代謝に関わる五臓の脾、肺、腎の働きを整えることも重要です。脾は飲食物から水を得て肺や腎に送る役割、肺は汗として水分を代謝する働き、腎は尿として水分を排泄する働きを持ちます。湿痰体質だけでなく、臓腑の働きも確認し、全体を通した体質改善を目指しましょう。

おわりに

今回は湿痰体質の人にオススメする、「利水」、「去湿」、「化痰」の働きのある食材を紹介しました。海藻類、瓜科の食材を始め、比較的水分が豊富な食材をとることで、体の水分を入れ替えるように湿痰を解消することができます。

体の水分を排出する仕組みは、単純に尿として排泄するだけではありません。汗や便など、体内の水分は常に入れ替わることで、巡りが良い状態を維持しています。適度な運動や食習慣の見直しで、汗や便の状態も良くしていくことで、湿痰体質の改善がさらに効率的になります。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント