【失眠】不眠や睡眠障害を改善する経穴(ツボ)の紹介

失眠の詳細 361+α

今回は、【失眠(しつみん)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

失眠は不眠や睡眠に関わる問題に重宝されるツボです。過緊張などにより、疲れているはずなのに眠れない場合に失眠は効果的です。踵にあるツボですが、熱刺激を与えることで首肩周りの緊張をとることもでき、結果的に睡眠の質が上がると考えられています。

体を休めて回復させるためにも、質の高い睡眠は不可欠です。失眠を刺激して、グッスリ体質を目指しましょう。

スポンサーリンク

失眠(しつみん)の位置や所属経絡

失眠というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

失眠の位置

足底部、踵の中央に取る。

新版経絡経穴概論

失眠は踵の裏側(足底側)にあるツボです。踵のど真ん中にあります。

反射区を意識したリフレクソロジーやフットマッサージの影響か、足の裏にはツボがたくさんあると思われがちです。しかし、足の裏にあるツボはこの失眠というツボと、腎に属する湧泉(ゆうせん)というツボしかありません。

失眠の所属経絡と特徴

失眠は正経(経絡として認められているもの)には含まれないツボです。失眠のように所属する経絡がなく、それでも固有の疾病を治療することができるツボを「奇穴(きけつ)」と言います。

正経:肝・心・脾・肺・腎・心包、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・任脈・督脈の14経絡。

正経に属するツボは、治療をする際に下記のような流れが一般的です。

  1. 正経のツボ刺激
  2. ツボが所属する臓腑が反応
  3. 治癒反応

一方、奇穴においては臓腑に働きかけるものもありますが、より直接的に治癒反応を起こすイメージがあります。

  1. 奇穴のツボ刺激
  2. 治癒反応

まさに、「症状を治すためのツボ」だと言えます。

スポンサーリンク

失眠の治療効果

失眠を刺激することで得られる効果をまとめます。失眠には「熱い」と感じるくらいの熱刺激を与えると効果的です。しかし踵の裏側にあるため、お風呂で温めるくらいでは熱刺激が足りないこともあります。

せんねん灸やカマヤミニでも、刺激の強いタイプが良いかもしれません。

余談:ドライヤー灸

刺激の強さがわかりにくく難しいので、私は患者さんにドライヤーでの温めをオススメしています。「ドライヤー灸」というのは、今勝手に名付けました。

  1. 熱さを感じるまで温風を当てる
  2. 熱さを感じたら離す
  3. 1と2を数回繰り返す
「温かいな」という程度ではなく、「熱っ」と感じる距離で温風を当ててください。火傷にはくれぐれもお気をつけて。

睡眠障害に

失眠はその昔から、不眠症などの睡眠障害に常用されてきたツボです。

不眠症は一般的に下記の4種類に分類されます。

  • 入眠障害:寝つきが悪い
  • 中途覚醒:途中で起きる
  • 早朝覚醒:早く目覚める
  • 熟眠障害:熟睡できない

失眠はどの睡眠障害にも対応するようですが、私の治療した実感では入眠障害によく効きます。

首肩のコリに

首肩のコリがほぐれ、緊張が緩むから不眠症も改善するのかもしれません。

お仕事のしすぎや考え事のしすぎによって、首・肩から頭に気血がのぼってしまうタイプのコリには、失眠のツボが有効です。

上にあがり滞ってしまった気血を、失眠を刺激して下に下ろしてあげましょう。

筋膜のつながりでほぐれる

体には、「アナトミートレイン」や「筋(膜)連結」と表現される、筋膜や筋肉のつながりがあります。こうした連結は、骨と骨をつなぐように付着する筋肉や筋膜が、バランス良く張力を発揮することで動きが滑らかになることから着目されるようになりました。

いくつかある連結のうち、足底から下半身の裏側、背中から頭まで伸びる連結があります。踵にある失眠への刺激は、こうした連結をなぞるように広がり、筋肉や筋膜を緩めると考えられます。

特に背部から頭にかけての緊張は、不眠の原因になります。失眠にしっかりと熱を伝えることで、後面全体の緊張がほぐれるのかもしれません。

ご紹介した後面に伸びる筋膜のつながりを、スーパーフィシャルバックライン(SBL:Superficial Back Line)と言います。

東洋医学的な症状と失眠

失眠は不眠症に常用するツボです。

スポンサーリンク

失眠とあわせて刺激したいツボ

不眠症に効果のある失眠とあわせて刺激することで、より効果が高まるツボをご紹介します。

太渓(たいけい)

足関節後内側、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

新版経絡経穴概論

太渓は内くるぶしとアキレス腱の間にあるツボです。

  • 腎の重要なツボ

太渓は腎に属するツボです。腎は「陰陽の根本」と言われ、腎陰が不足すると、体内の陰陽のバランスが崩れ、相対的に陽が強くなります。陽は上昇し、活動させるエネルギー、陰は下におろし、鎮静するエネルギーです。

陰の鎮静するエネルギーが不足し、気血の昂りをおさえられないと、不眠症などの症状につながります。

腎陰は加齢や過労で不足しやすいので、思い当たる節があれば一緒に温めてみてください。

  • 失眠と一緒に刺激しやすい

太渓は失眠との距離も近くにあるので、失眠に温灸やドライヤー灸をするついでに刺激がしやすいのでオススメです。

不眠症で疲れているのに、色々なことをするのは気が重いですよね。太渓なら、失眠と一緒にドライヤーで温めるのも簡単です。大切なのは、負担なく、ストレスなく取り入れることです。

おわりに

今回は奇穴である失眠というツボについてご紹介しました。経絡や臓腑を通して働きかける正経のツボとは違い、症状に直接的に作用する、珍しいツボです。

睡眠の悩みがある人は、お風呂上がりにドライヤーで失眠に熱を伝えてから、就寝してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント