子午流注に学ぶ「朝ご飯を食べる」「夜に寝る」方が良い理由

時計イメージ 予防・未病治

今回は、生活リズムについて、東洋医学ではどのように考えるかを「子午流注(しごるちゅう)」を踏まえてご紹介します。

「朝ごはんは食べる方が良い」や、「太陽の動きに合わせて寝起きすると良い」といったように、生活リズムに関する基本的な習慣はご存知だと思います。

しかし、働き方や生活様式が多様化した現代、例えば夜勤などで夜に睡眠がとれない人もいます。しかし、昼でも夜でも同じく8時間ほど睡眠時間をとれば、問題ないのでは? と考える人が大半です。

また、食事に関しても、「朝ごはんを食べる余裕がない」、「朝ごはんを抜く(食べない)と健康になる」、などと言って、「コレ」といった習慣はなくなりつつあります。

もちろん、それぞれの生活にあった習慣を身につけることが大切ですが、そうした「生活習慣の理想の形」を、東洋医学では「時間ごとの臓腑のスケジュール」で考えます。それが、「子午流注」です。

スポンサーリンク

24時間を12の臓腑に当てはめる子午流注

子午流中とは?

「子午流注(しごるちゅう)」とは、中国最古の医学書である黄帝内経に記載された、臓腑のタイムスケジュールです。

24時間を12の時辰(干支)で区切り、「子(ね)の刻」である23時〜1時から「午(うま)の刻」である11時〜13時までの一回りを表します。

そうして区切った12の時刻に、人体の12の臓腑(六臓六腑)の働きや、気血の流れをあわせることで、「どの時間帯に、どの臓腑の働きが盛んで、気血の状態がどうなっているか」を明確にしました。結果、該当する時刻ごとの理想の生活習慣を考えることができるため、日々の養生や東洋医学的な治療に用いられることが多くあります。

六臓六腑と時刻の関係

子午流中の対応
3〜5時 5〜7時 7〜9時 9〜11時 11〜13時 13〜15時 15〜17時 17〜19時 19〜21時 21〜23時 23〜1時 1時〜3時
大腸 小腸 膀胱 心包 三焦

脈気の起こる肺をスタートとし、それぞれの時間ごとに該当する臓腑のスケジュールを紹介していきます。

スポンサーリンク

子午流注による臓腑のタイムスケジュール

【寅の時間(3時〜5時)は肺】新鮮な空気を深呼吸

早朝の3時から5時にあたる臓腑は、肺です。

経脈、気血の運行は中焦(体の真ん中のあたり)から起こり、肺から始まります。そのため、この時間帯は朝の新鮮な空気を吸い込み、肺を養うことが養生につながります。

屋外で軽い運動をしたり、窓を開けて換気をしたりして、空間や体内の空気を入れ替えましょう。

【卯の時間(5時〜7時)は大腸】この時間に排便が理想

朝の5時から7時にあたる臓腑は、大腸です。

肺経から大腸経に脈気が流れ込み、大腸の働きが活発になります。前日くらいまでに食べた物の栄養と水分の吸収が終わり、便を形成し排泄します。

この時間帯にしっかり排便できると、腸内環境や皮膚の状態にも良いと考えられます。

【辰の時間(7時〜9時)は胃】胃は朝ごはんを待っている

朝の7時から9時にあたる臓腑は、胃です。

大腸経から胃経に脈気が集まり、空腹を感じ、消化活動が活発な時間です。この時間帯に食事をとることで、消化・吸収がスムーズに行われます。この時間に食事をとらないと、胃酸によって胃が傷ついてしまうため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のリスクが高まるといわれます。

【巳の時間(9時〜11時)は脾】食べた物を消化・吸収

朝の9時から11時に該当する臓腑は、脾です。

五臓の脾は消化器の働き全てをコントロールしています。そのため、胃の消化を助けつつ、吸収したものを全身に巡らせる時間帯です。

【午の時間(11時〜13時)は心】お昼寝で心を休ませて

11時〜13時のお昼をまたぐ時間帯に該当する臓腑は、心です。

この時間帯は、陽に向かう午前の時間から、陰に向かう午後の時間への転換点です。激しい運動を避け、少しお昼寝をするくらいがちょうど良い時間です。

【未の時間(13時〜15時)は小腸】消化・吸収がさらに進む

13時から15時にあたる臓腑は、小腸です。

小腸は脾のコントロールのもと、胃から届いた消化物の消化を進め、水分や栄養を抜き取り、脾に届けます。余分な水分や消化物は腎や大腸へ送り込まれます。

普通であれば昼食後にあたるこの時間帯は、心の時間を引き継ぎ、短いお昼寝から起きて少しボーっとするくらいがちょうど良いです。

【申の時間(15時〜17時)は膀胱】お勉強の時間です

15時から17時に該当する臓腑は、膀胱です。

膀胱には腎のコントロールのもとで尿をためておく働きがあり、排尿も腎がコントロールしています。1日を通して得た水分の余分な量を排出するため、この時間帯は特に我慢せずトイレに行きましょう。

また、膀胱経の経絡が大脳に伸びているため、この時間帯の勉強や読書は効率的に行えるようです。

【酉の時間(17時〜19時)は腎】夜ご飯もしっかり食べよう

17時から19時に該当する臓腑は、腎です。

腎は生命力の源である精を貯蔵しています。精には両親から受け継ぐ先天の精と、飲食物から得る後天の精があります。この時間はそうした精の消耗を防ぐためにも、ゆっくりと、体に良さそうな食事をいただきましょう。この時間に精を消耗するような生活をしていると、体調を崩しやすくなります。

【戌の時間(19時〜21時)は心包】軽いお散歩、ストレッチ

19時から21時に該当する臓腑は、心包です。

心包は東洋医学独特の概念であり、実在はしないけど機能のみが存在する臓器です。心を守り、こころの安定をサポートする心包を休めるためにも、無理な運動は控えましょう。しかし、軽くお散歩したり、ストレッチをしたり、お風呂に入ってリラックスするなどの刺激は良い方向に働きます。

【亥の時間(21時〜23時)は三焦】眠る前の、一休み

21時から23時に該当する臓腑は、三焦です。

三焦も心包と同様、実在はしないけど機能は存在する腑です。ざっくりと臓腑の隙間を指し、水分代謝に関わります。

この時間帯はゆっくりと過ごし、全身の気血水の巡りを助け、睡眠に入る準備を整えましょう。

【子の時間(23時〜1時)は胆】この時間には寝ておきたい

23時から深夜の1時に該当する臓腑は、胆です。

この時間になると、胆汁の新陳代謝が盛んになります。消化を助ける胆汁なので、翌日の消化を助ける意味でも、胆をしっかりと休めて胆汁を新鮮なものにしておく必要があります。

陰に向かい陰が最も高まる時間から、陽が高まる時間帯への転換点にあたるため、しっかりと体を休め、陽を高める準備をしましょう。

中国のことわざに「寧舎一頓飯,不舎子時眠」というものがあります。これは、「子の刻の睡眠を放棄するくらいなら一度の食事を放棄したほうがずっと良い」という意味です。

12時前に寝ると良いのは、こうしたことわざからも来ているのかもしれません。

【丑の時間(1時〜3時)は肝】しっかり眠って血を休める

深夜1時から3時に該当する臓腑は、肝です。

肝は「蔵血(ぞうけつ)」という働きから、血を貯蔵し、血液の分配をコントロールしています。この時間帯に睡眠をとることで、全身の血が肝に還り、全身を巡った古い血と新しい血が入れ替えられます。

そのため、この時間帯はしっかりと睡眠をとることで、肝や血を養うことが重要です。夜更かしをして遊んだり、パソコンやテレビ、スマートフォンを見て目を酷使していると、血の消耗が激しくなります。

おわりに

生活様式の多様化にあわせて、私たちの食事・睡眠などのリズムはバラバラになりました。お仕事、学校などの都合で、子午流注のような理想とされるスケジュール通りに動くことは難しい現代です。余裕がある時や、心がけられる点は、少しずつ取り入れてみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント