手の少陽三焦経に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

三焦経一覧イメージ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【手の少陽三焦経(しょうようさんしょうけい)】についてまとめます。

スポンサーリンク

手の少陽三焦経の特徴

流注概要

手の少陽三焦経は、手の厥陰心包経の脈気を受けて薬指内側端に起こり、手背、前腕後面、肘頭、上腕後面を上り、肩に上って胆経と交わり、大鎖骨上窩に入り、胸中より広がり、心包を絡い、横隔膜を貫いて三焦に属する。
胸中より分かれる支脈は、上って大鎖骨上窩に出て、項部から耳の後部、上部を経て側頭窩を過ぎ、目の下方に至る。耳の下で分かれた支脈は耳の後から中に入り前に出て、外眼角に至り、足の少陽胆経につながる。

手の少陽三焦経は手の薬指から始まり、腕を上がって顔に伸び、耳をめぐって目の外側に終わる経絡です。

三焦経は正経十二経脈に属します。経脈は中焦(ちゅうしょう)という体の中心から起こり、五(六)臓六腑の正経十二経脈が体を循環するように連絡し合い、最後は再び中焦に戻ります。

経穴数

23穴。

英名

“Triple Energizer Meridian”。

関衝のツボをTE1とし、糸竹空(TE23)まであります。

スポンサーリンク

手の少陽胆経に所属する経穴(ツボ)一覧

胆経に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

関衝(かんしょう)

薬指、末節骨尺側、爪甲角から近位内方1分、爪甲尺側縁の垂直線と爪甲基底部の水平線との交点。

液門(えきもん)

手背、薬指と小指の間、みずかきの近位陥凹部、赤白肉際。

中渚(ちゅうしょ)

手背、第4・第5中手骨間、第4中手指節関節近位の陥凹部。

陽池(ようち)

手関節後面、総指伸筋腱の尺側陥凹部、手関節背面横紋上。

「陽の池」という名前の通り、体を温める効果が期待できます。特に上肢(腕や手)の冷えに効果的です。

外関(がいかん)

前腕後面、橈骨と尺骨の骨間の中点、手関節背側横紋の上方2寸。

外関のツボは心包経のツボである「内関(ないかん)」の真裏にあります。内関と同様、自律神経の調整などの効果があります。

支溝(しこう)

前腕後面、橈骨と尺骨の骨間の中点、手関節背側横紋の上方3寸。

会宗(えそう)

前腕後面、尺骨の橈骨縁、手関節背側横紋の上方3寸。

三陽絡(さんようらく)

前腕後面、橈骨と尺骨の骨間の中点、手関節背側横紋の上方4寸。

四瀆(しとく)

前腕後面、橈骨と尺骨の骨間の中点、肘頭の下方5寸。

天井(てんせい)

肘後面、肘頭の上方1寸、陥凹部。

清冷淵(せいれいえん)

上腕後面、肘頭と肩峰角を結ぶ線上、肘頭の上方2寸。

消濼(しょうれき)

上腕後面、肘頭と肩峰角を結ぶ線上、肘頭の上方5寸。

臑会(じゅえ)

上腕後面、三角筋の後下縁、肩峰角の下方3寸。

肩髎(けんりょう)

肩周囲部、肩峰角と上腕骨大結節の間の陥凹部。

天髎(てんりょう)

肩甲部、肩甲骨上角の上方陥凹部。

天牖(てんゆう)

前頸部、下顎角と同じ高さ、胸鎖乳突筋後方の陥凹部。

翳風(えいふう)

前頸部、耳垂後方、乳様突起下端前方の陥凹部。

翳風のツボは顔面神経の麻痺や痛み、耳鳴りや難聴などに効果的なツボです。

瘈脈(けいみゃく)

頭部、乳様突起の中央、翳風と角孫を結ぶ(耳の輪郭に沿った)曲線上、翳風から3分の1。

顱息(ろそく)

頭部、翳風と角孫を結ぶ(耳の輪郭に沿った)曲線上、翳風から3分の2。

角孫(かくそん)

頭部、耳尖のあたるところ。

耳門(じもん)

顔面部、耳珠上の切痕と下顎骨の関節突起の間、陥凹部。

耳門のツボは聴覚の異常に加え、顎関節の痛みや不調に効果的です。

和髎(わりょう)

頭部、もみあげの後方、耳介の付け根の前方、浅側頭動脈拍動部の後方。

糸竹空(しちくくう)

頭部、眉毛外端の陥凹部。

 

参考:新版経絡経穴概論

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント