【梁丘】急な胃の痛み・不調に即効性がある経穴(ツボ)の紹介

梁丘ツボ 経穴(ツボ)

今回は、【梁丘(りょうきゅう)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

梁丘は胃の経絡に素早く働きかける特徴を持つツボで、主に急性症状に用いられます。

漢方や鍼灸などの、ベースに東洋医学があるものは、比較的ゆっくり体に働きかける印象が一般的です。しかし、急性期の症状に即効性のあるツボもあるため、そうした特性もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

梁丘(りょうきゅう)の位置や所属経絡

梁丘というツボの特徴や、所属する経絡について確認していきます。

梁丘の位置

大腿前外側、外側広筋と大腿直筋腱外縁の間、膝蓋骨底の上方2寸。

新版経絡経穴概論

梁丘はふとももの前側、真ん中よりやや外にあります。膝のお皿の骨(膝蓋骨)の上端から、指3本分股関節寄りにあがったところに梁丘のツボはあります。

2寸は手の指の幅3本分と同じ長さとされています。
膝蓋骨は逆三角形に付着しているため、上側を「膝蓋骨底部」、下側を「膝蓋骨尖部」と言います。

梁丘の所属経絡と郄穴の特徴

梁丘は足の陽明胃経に所属するツボです。胃経は顔面から始まり、足の指先まで伸びる長い経絡です。

  • 胃経の郄穴(げきけつ)

梁丘は胃経の郄穴という特性を持ちます。郄穴の特徴は下記の2点です。

  • 骨や筋肉の隙間にある。
  • すみやかに邪(悪いもの)を退ける。

胃経の郄穴にあたる梁丘は、胃(消化器)の急性症状の特効穴です。

郄穴は、急性期の症状の反応点・診断点であり、治療点にもなります。漢方や鍼灸などの東洋医学がベースにある治療法は、比較的体にゆっくりと作用し、回復を促すものが多くあります。しかし、そうした治療法にも、しっかりと即効性が認められるものもあります。

スポンサーリンク

梁丘の治療効果

梁丘を刺激することで期待できる効果をご紹介します。梁丘はふとももの前面にあるなので、押圧も温灸もしやすいツボです。

突然の胃痛など胃部不快感

梁丘は胃痛に効果のあるツボとされています。僕が治療の際に梁丘を用いたケースをご紹介します。

  • 冷えによる腹痛。
  • 脂っこいものを食べ過ぎたことによる胃部の重痛。
  • 食後すぐに運動したことによる胃痛。

胃経には、腹部消化器の特効穴である「足三里(あしさんり)」のツボもありますが、その場その時の痛みをすぐに緩和するのであれば、梁丘のツボを選ぶ印象です。

※痛みが強い、長引く場合はすぐ病院へ。

乳腺炎

梁丘が所属する胃の経絡は、顔から足の親指まで伸びる中で、胸部(特に乳頭)を通過する特徴があります。そのため、梁丘など胃経のツボは乳腺炎の治療効果が認められるものもあります。

胃経の炎症反応に

「急性症状」というと、痛みや腫れ、発赤などの炎症症状を指すことが多いです。梁丘にはそうした症状に、速やかに効果を発揮する特徴があります。他にも、該当経絡の「滎穴(えいけつ)」にも、炎症を抑える特徴があります。胃経では「内庭(ないてい)」のツボがこれにあたります。

おわりに

今回は梁丘というツボを通して、症状に速やかに効果を発揮する郄穴についてまとめてみました。鍼灸治療の中にも、急性期の症状に効果的な方法があります。はるか昔はこうしたツボを用いることであらゆるシーンに対応していたのかなと、当時をうかがい知ることができます。

梁丘のツボは胃の急な痛みや不快感に効果的なツボです。しかし、痛みの強さや長引き方をみて、まずは病院にいきましょう。

 

大丈夫、大丈夫。

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント