「気」とは何か【東洋医学・鍼灸治療の基礎】

気のイメージ 気血水精
東洋医学にある独特な概念で有名なのが「気」です。目に見えませんが機能は確かに存在し、特に私たちの体には「原気」、「宗気」、「営気」、「衛気」の4種類の気があります。また、それらの気は5つの働きを持ち、これには「推動」、「固摂」、「防御」、「温煦」、「気化」があります。気の不足である「気虚」や、気の停滞である「気滞」などの状態では、こうした気の働きを満足に得ることができず、様々な不調が現れます。
気を生成する臓腑も、気の働きで動きます。臓腑のバランスを整え、気を補充し巡らせる必要が有ります。

 

東洋医学や鍼灸治療を語る上で、欠かすことができない「気」について、基本的なことをご紹介します。

「気」というと、ドラゴンボール(集英社)などの漫画で目にしたことがある人が多いかもしれません。かめはめ波は打てなかったし、空も飛べませんでした。しかし、確かに私たちの中には気があり、そうした気の働きによって生命活動を営んでいます。

ここでは、東洋医学における気の種類や働き、どうやって生まれ、気の多少によって何が起こるのかをまとめていきます。

スポンサーリンク

私たちには4種類の「気」ある

まず、気は4種類にわかれるものと考えます。原気、宗気、営気、衛気の4つの気があり、それぞれの働きによって私たちの日ごろの活動が行われます。

原気(元気)(げんき)

原気は生命力・活動力の源にあたる気です。「元気に過ごす」という時の「元気」のイメージ通り、活発な、明るいイメージです。

原気は両親から受け継ぐ「先天の精」と、その後飲食によって得る「後天の精」によって生成されます。こうした「精」は五臓の腎に蓄えられ「腎精」となり、下腹部のあたりから気に変化して全身に分布されます。この下腹部のあたりが、いわゆる「丹田(たんでん)」にあたり、武術やスポーツで重視される部位です。ちなみに丹田のあたりには、「気海」や「関元」というツボがあります。

宗気(そうき)

私たちは呼吸からも気を生成していて、そうして作り出す気を「宗気」と言います。呼吸によって空気の中にある「清気(せいき)」を取り出し、これに飲食で得た水分などを加えて宗気となります。

宗気は主に呼吸の働きに関わる他、心臓の拍動をサポートする働きもあります。

営気(えいき)

営気は体を栄養する気だと考えられます。飲食したものから、五臓の脾の働きによって「水穀の精微(すいこくのせいび)」を抽出します。水穀の精微は「水」と「後天の精」にわかれます。このうち水は肺に送られ、宗気を作るのに使われたり、全身を潤すのに分配されたりします。後天の精は栄養素として血と共に全身を巡り体を栄養し、残りは原気になるため腎に貯蔵されます。

衛気(えき)

「衛気」は、外邪から体を守るために、体表に張りめぐらせるバリアのような気です。風邪やウイルスなどから身を守り、皮膚の強さにも影響します。また、汗腺の開閉をして体温調節をしたり、臓腑を温める働きもあります。

衛気も後天の精の一部によって成り立つ気の一つで、主に肺の働きによって張り巡らされます。

▶︎衛気と体毛の関係について、東洋医学の観点をベースにご紹介した記事はこちらへ

スポンサーリンク

「気」の働き・作用は5つある

さて、4種類の気があり、それぞれに役割があることを確認しました。それらの気はさらに、5つの働きを持つと考えられています。気の役割が、より具体的になったイメージです。

推動(すいどう)

「動かす・動く」働きをまとめて気の推動作用と言います。

手を動かす、足を動かすなどといった運動もこれにあたります。もっと細かい、脈拍、呼吸、消化や吸収、成長など、臓腑や組織の活動の全てが気の推動作用によって行われています。また、血や水、老廃物などを運搬する働きも、推動作用の一つです。

固摂(こせつ)

「固めてとどめておく」働きを、気の固摂作用と言います。

推動作用によって物質を動かすだけでなく、とどめておく必要もあります。例えば血をとどめておくことができないと、内出血が起こりやすくなり、出血傾向が高くなります。下痢や頻尿などを抑え、通常の排便・排尿リズムを形成しているのは気の固摂作用によるものです。

防御(ぼうぎょ)

「体を守る」働きを、気の防御作用と言います。

防御作用は主に気の衛気の働きによるもので、体を外敵から守るための気の作用です。

温煦(おんく)

「体を温める」働きを、気の温煦作用と言います。

体を温かく、体温を一定に保っていられるのは温煦作用によるものです。温煦作用がうまくいかないと、外気温の変化に体がついていかず、冷え性やのぼせなどの体温の異常が起こります。

気化(きか)

「物質を変化させる」働きを、気の気化作用と言います。

飲食によって得るものを気に、血に、水に変える働きや、不要なものを尿や便、汗に変えるのも気化作用によるものです。

スポンサーリンク

「気」の不足・停滞による気虚と気滞

4種類・5つの働きを持つ気が不足・停滞することで起こる不調に、「気虚」と「気滞」があります。治療の際には特に、気のどの働きに問題があるのかに着目します。

気の不足:気虚(ききょ)

気が不足している気虚の状態では、気の持つ5つの働きがうまく作用せず、様々な不調となって現れます。気虚の指標になる代表的な指標は下記の通りです。

  • 息切れ、声が小さい(宗気の不足)
  • 倦怠感・無力感(原気の不足)
  • 貧血傾向(営気の不足)
  • 風邪をひきやすい(衛気・防御作用の不足)
  • 脈拍が弱い(推動の低下)
  • 内出血が起こりやすい(固摂の低下)
  • 冷え(温煦の低下)

気の不足は様々な不調の原因になることがわかります。

気虚についてまとめた記事はこちら

気の停滞:気滞(きたい)

気が停滞する気滞の状態では、特に情緒面の不調や息詰まる感覚に近い不調が現れます。気滞の指標となる症状は下記の通りです。

  • お腹や胸が張るような痛み、膨満感
  • 情緒不安定、イライラしやすい
  • げっぷやおならが出るとスッキリする
  • 症状が感情に左右される

例えばストレスを受けた時に感じるモヤモヤした苛立ちや、行き場のない怒りなどは気滞によるものです。また、ガス腹でおならが出なくて苦しい人などは、気滞の治療をすると改善することが多くあります。

気滞においては、気が不足しているわけではないのに、気の働きが低下したような不調が現れることもあります。こうした場合に気虚に対する治療をしてもうまく改善しません。睡眠や食事を十分にとっているのに治らない症状の治療に、さらに睡眠や食事を加えるような養生は合わない、ということです。

気滞についてまとめた記事はこちら

血や津液の不調にもつながる

体を流れる血や水(津液)は、飲食物を元に気の働きによって生成され、循環しています。

  • 飲食物を血・水に変化させる「気化」作用。
  • 血・水を全身循環させる「推動」作用。
  • 血・水を随所でもらさずとどめておく「固摂」作用。

そのため、気の不足や停滞によって、血や水に関わる不調が現れることもあります。

スポンサーリンク

「気」の生成・巡りを良くするには?

では、気虚や気滞を予防・改善するためには何が必要なんでしょうか。簡単にご紹介します。

気を生成しよう

  • 脾と胃の働きを整えて、食事からの気の生成を助ける

私たちが飲食した物を消化・吸収するのは五臓の脾と六腑の胃です。そのため、これらの臓腑の働きが低い状態では、どんなに良いものを飲食しても気を生成することができません。

反対にどんなに脾と胃の働きが高くても、栄養にならないようなものばかり食べていては、気を生成することはできません。

大切なのは、脾胃の働きが正常な状態で、しっかりと栄養のある食事をとることです。

▶︎五臓の脾の働きと養生のまとめへ

  • 肺の働きを整えて、呼吸による気の獲得を助ける

呼吸によって空気から取り入れる気も重要です。ヨガなどで呼吸を重視されるのは、こうした気の考えが含まれているのかもしれません。

草原や山など、都会から離れ自然に触れた時に、大きく深呼吸をすると気持ち良いのは、新鮮な気を取り込んでいるからなのかもしれません。「空気が美味しい」というのは、まさにこうした気を取り込む様子を表しています。

▶︎五臓の肺の働きと養生のまとめへ

気の巡りを整えよう

  • 肝の働きを整えて、気の巡りを良くする

気の巡りに大きく影響するのは、五臓の肝の「疏泄(そせつ)」という働きです。肝の働きが低下し、疏泄がうまく作用しなくなると気滞に陥る可能性が高まります。

五臓の肝は特にストレスに弱い特徴があります。ストレス社会と言われる現代、肝の働きを整えて気の巡りを悪くしないよう心がけましょう。

▶︎五臓の肝の働きと養生のまとめへ

気の生成・循環をつかさどる臓腑も、気の働きで動く

そもそも論ですが、気を生成する脾・胃や肺、気の巡りに関わる肝などの五臓六腑も、気の働きによって活動しています。そのため、現れている病・症状の大元が気の問題なのか、臓腑の問題なのかを明確にする必要があります。

良い時も悪い時も相乗的に関係し合うため、原因を明確にすることと、それに合わせた治療をすることがより重要です。

 

おわりに

東洋医学の特徴として、「働きは確かにあるが、実体はないもの」がいくつかあります。その代表が今回ご紹介した「気」です。大まかに気と言っても、東洋医学では4種類、5つの働きのどれも気であり、全てあわせても気です。一つ一つを理解し、出てきている症状と照らし合わせることで、より良い治療・養生を提供することができます。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント