パーキンソン病による歩行障害に対する歩行訓練・歩行へのイメージ変更戦略

スポンサーリンク
歩行のイメージ 在宅医療

パーキンソン病は神経変性疾患の一つであり、4大症状と言われるものに無動・筋強剛(筋固縮)・安静時振戦・姿勢反射障害があります。このうち、無動と姿勢反射障害(*)が歩行にも悪影響を及ぼし、歩行困難や歩行障害につながるケースが多くあります。
パーキンソン病による運動障害の場合、患者さまの意思とは無関係に動きが難しくなります。そのため、これまでの運動様式から、新しい運動様式に切り替え、歩行機能を再度獲得していくような意識が重要となります。

(*)無動:神経伝達がうまくいかず、動作が緩慢になる。
姿勢反射障害:姿勢が乱れても自分で直すことができず、転びやすくなる。

スポンサーリンク

パーキンソン病による様々な種類の歩行障害

パーキンソン病による歩行障害の多くは、姿勢反射障害の影響でバランス感覚の欠如し、転倒への不安が増すことで起こります。そうした状態で、足を動かそうにも思うように動かすことができず、歩行への恐怖感が増し、どんどん歩けなくなってしまいます。

小刻み歩行

足を大きく動かすことができず、歩幅が狭くなり、小刻みに進むようになります。小刻みに進んだ結果、勢いがついてしまうと今度はそれを止めることができず、加速歩行に陥ることがあります。

すり足

足が上がらず、床にすって歩くようになります。「片足を上げることでバランスが崩れるのではないか」という不安や、そもそも足を高く上げることが難しくなることですり足歩行が起こります。

すくみ足

動き始めの最初の一歩が出ず、足がすくむように動き出しや歩き始めが困難になります。自分が思っている通りに体が動かず、動き出しのきっかけを失ってしまいます。

加速歩行(突進歩行)

歩いているうちに前傾姿勢になり、意図せず加速してしまい、止めることができなくなります。突進歩行とも言われます。
基本的には緩慢な動作が多くなるため、加速歩行の出現はご自身にとっても驚くほどの速度が出ます。

転倒

体のバランスが悪化し、歩行時や方向転換時に転倒しやすくなります。特に方向転換など軸足の荷重負担が大きくなる場合、少しのバランスの変化が転倒リスクを高めてしまいます。

パーキンソン病の歩行障害に対する従来の心がけ

腕振り

腕を大きく振ると、体の連動によって足も大きく動きます。これを利用して、「足を動かそう」と意識するのではなく、「腕を振る勢いで足が動く」状態を目指し、歩行感覚を獲得します。

リズムをとる

歩行時に「1、2、1、2…」とリズムをとることで歩きやすくなる。実際に声に出したり、訓練時には周囲が声かけをすることで、リズム通りに足を運ぶ意識を定着していきます。

最初の一歩を大きくする

動き出しは、出しやすい方の足から、いつもより高く上げるような気持ちで踏み出します。特にすくみ足が強い場合、動き出しに問題があり、動き出しさえ良ければその後は勢いで進むことができる場合があります。

半歩下がってから足を出す

足が出ずに前に進みにくい場合、まず後ろに足を下げてから、その足を前に振り出すように動くと歩きやすくなります。前に出にくい分、後ろから前に出して勢いをつける感覚を身につけます。

踵から接地

振り出した足は、まず踵から接地し、次につま先が地面につくようにします。足全体を同時に接地しようとすると、すり足になってしまいます。少しでも足を上げて、踵から着く意識をすることが大切です。

歩幅の間隔でテープを貼る

廊下など、歩幅の間隔でテープを貼っておき、その幅で足を動かすことを意識します。「足を大きく動かす」や「歩幅を広く」ということ自体意識することが難しくなるため、目安となるものを先に用意することも訓練の鍵になります。

パーキンソン病の歩行障害に、実際の臨床を通した新しい提案

ここからは、実際の臨床を通してよく患者さまと訓練をする内容を紹介していきます。

視線をとにかく高く・前に

歩行障害や転倒への不安がある場合、患者さまはとにかく足元に注意がいきがちです。結果、視線が落ち、姿勢が崩れ、更に歩行が困難になる悪循環に陥ります。
足元の安全を確認した上で、なるべく視線を高く保つよう目標物を定めて歩行訓練を行います。とにかく目線を前にある目標物から外さずに歩くことを意識し、最初は直線移動から行います。

方向転換は止まって行う

パーキンソン病の歩行障害がある場合、方向転換時に片足の荷重が高まりバランスを崩してしまうケースが多くあります。無理にカーブを描くように歩くのではなく、直線移動の組み合わせで動くように意識をしましょう。方向を変える際には立ち止まった状態で、ゆっくりと方向転換をします。

目標地点までの歩数をあらかじめ決めて歩いてみる

歩行困難が生じると、足が思うように動かないことへの不安や、転倒への恐怖などから歩くこと自体に苦手意識を持ってしまいます。また、どうしても歩行にかかる時間や疲労度によって自身の歩行能力をはかってしまい、落ち込む患者さまが多くいます。
特にパーキンソン病の場合、「歩行」というもののイメージ自体を変えるとうまく歩けるケースが多くあります。前項で触れたリズムや歩行間隔に合わせたテープはまさにそうした「イメージの転換」であり、「リズムに合わせて足を動かす」、「テープの間隔で足を動かす」ことで前に進み、歩行が実現することになります。
例えば自宅の廊下などのよく歩く場所は、「端から端まで15歩」というように、目安となる歩数を決めてみましょう。意識として大切なのは、「端から端まで歩いたら15歩だった」のではなく、「15回足を動かしたら廊下の端から端まで歩ける」と、あくまで「足を動かすこと」を目的とすることです。もちろん目安なので、15歩で到達できる場合もあれば、18歩かかることもあります。大切なのは、「足を動かした結果、移動している」ことです。慣れてくると、例えば屋外であっても、「あそこの交差点まで30歩くらいで行けるかな」と、自身で距離にあわせて歩数を設定して動くことができるようになっていきます。

コメント