気血水精

血虚の症状と改善のためのツボ【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学的な体の見方として、体を巡る気血水精の状態を調べる気血弁証がある。その中でも、血が不足して(血虚)起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめた。
気血水精

気滞の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学における、気の停滞である【気滞(きたい)】によって起こる症状や対策をまとめます。また、気滞を治療するために用いる経穴(ツボ)や、気滞の改善にオススメな食材などもあわせて紹介します。
気血水精

気虚の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学における、気の不足である【気虚(ききょ)】によって起こる症状や対策をまとめます。また、治療のために用いる代表的な経穴(ツボ)、気虚を改善する食材などもあわせて紹介します。
股関節・下肢

足指・足裏の機能を取り戻す跪座(きざ)のメリットのまとめ

「跪座(きざ)」のメリットをご紹介します。跪座は足指を立てた正座の状態を指します。足指を立てることで、足裏のアーチの機能を高めることができ、足指の可動域も広がります。
治療

魚の目(うおのめ)に関する考え方とお灸での治療の流れ【鍼灸治療実例】

魚の目の鍼灸治療をご紹介します。魚の目には特にお灸を用い、魚の目の芯にしっかりと熱を届けます。お灸で焦げた角質がかさぶたのように上の方から剥がれて、最終的には芯がとれます。お灸には殺菌・消毒の効果もあるため、火傷も傷も心配ありません。