股関節・下肢

足指・足裏の機能を取り戻す跪座(きざ)のメリットのまとめ

「跪座(きざ)」のメリットをご紹介します。跪座は足指を立てた正座の状態を指します。足指を立てることで、足裏のアーチの機能を高めることができ、足指の可動域も広がります。
五臓六腑

五臓六腑の「六腑」とは何か。東洋医学的な働きと、六腑の不調のまとめ

東洋医学の、六腑をまとめる。胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、それぞれの働きと、六腑が不調に陥った時の症状を確認する。六腑は臓とは違い、飲食物の通り道といったイメージ。つまる、逆行するような不調が起こる。
気血水精

東洋医学の気・血・水(津液)・精の虚実と症状まとめ

東洋医学でいう「気血水精」とその「虚実」についてまとめます。
五臓六腑

五臓六腑の表裏関係・相生関係・相克関係まとめ

東洋医学では、五臓六腑はそれぞれ特殊な関係を持って体を支えていると考える。表裏関係は、臓と腑の関係を表す。相生関係は、サポートし合う関係。相克関係は、抑制する関係。それぞれの働きのバランスにより、健康は維持されている。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「心」についてまとめる

五臓の一つである、心の東洋医学的な働きや養生をまとめます。心には血の循環をつかさどるポンプとしての働きと、精神活動・意識活動のとりまとめとしてのココロの働きがあります。心の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「肝」についてまとめる

五臓の一つである、肝の東洋医学的な働きや養生をまとめます。肝には気の巡りに関わる疏泄の働き、血の貯蔵に関わる蔵血の働きあがり、気血を通して全身の調整を行う重要な役割があります。肝の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「腎」についてまとめる

五臓の一つである、腎の東洋医学的な働きや養生をまとめます。腎には生命力の源である精を貯蔵しておく働きや、水に関する働き、呼吸を補助する働きがあります。腎の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「脾」についてまとめる

五臓の一つである、脾の東洋医学的な働きや養生をまとめます。脾は飲食物の消化・吸収を行い、そこから気・血・水・精を生成する重要な臓器です。脾の状態を確認し、働きを整えましょう。
五臓六腑

東洋医学における五臓の「肺」についてまとめる

五臓の一つである、肺の東洋医学的な働きや養生をまとめます。肺には一般的な呼吸の働きの他に、皮膚の状態をコントロールする働きや、抵抗力に関わる働きがあります。肺の状態を確認し、働きを整えましょう。
予防・未病治

東洋医学における病気の原因(外因・内因・不内外因)を知り、養生に役立てよう

東洋医学では、病気になる原因を大きく分けて、外因(外部環境)・内因(個人因子)・不内外因(その他)と捉えます。病気になる原因を知り、日々の生活を健康に過ごしましょう。