五臓六腑

体に現れる症状から五臓の肺の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、肺は一般的な呼吸だけでなく、水分の運搬や皮膚の状態のコントロール、抵抗力に関わります。風邪をひきやすい、喘息持ちなどの呼吸器疾患だけでなく、体毛の濃さやむくみなど、肺の絡む症状についてまとめます。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の脾の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学において、五臓の脾は飲食物の消化・吸収をつかさどります。消化不良や食欲不振などの消化器の不調の他、むくみや内臓の下垂症状、出血傾向なども脾の働きが関わる症状です。症状から脾の働きを確認しましょう。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の心の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

動悸や不整脈など、西洋医学的にも心臓の問題とされるものは東洋医学も同様に、心の問題と捉えます。心の働きの乱れは他にも、物忘れや動揺など精神活動への影響から、不眠や寝汗などの睡眠障害があります。
五臓六腑

体に現れる症状から五臓の肝の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

東洋医学では、肝は気血の巡りに関わります。肝の働きが低下すると気血の巡りが悪化し、多くの症状の原因になります。眼精疲労、梅核気、月経の異常、その他気血の問題など、肝の絡む症状についてまとめます。
経穴(ツボ)

経穴(ツボ)の線路である経絡の流れを知り治療・養生の幅を広げよう

経穴(ツボ)の線路である「経絡」についてまとめます。人体には六臓(肝心脾肺腎心包)と六腑(胆小腸胃大腸膀胱三焦)に関わる12本の経絡と任脈・督脈、それに属する361個のツボがあります。経絡の流れや対応する臓腑を知ることで、治療やセルフケアの幅が広がります。
東洋医学

陰陽の虚実と治療のための経穴(ツボ)【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学を語る上で欠かせない、【陰陽】の概念。自然界にも、人体にも、陰陽は存在し、移ろいながらバランスを保っている。そんな陰陽のバランスの紹介と、バランスが崩れた時の症状や養生をまとめる。
予防・未病治

体の寒熱をセルフチェック。体の中の状態を知る東洋医学の診察まとめ

自分の体は自分で守る、そんな時代になってきました。東洋医学では、顔色や、排泄物などを参考に五臓六腑の働きを知ることができます。毎日確認できる自分の体の変化。そのサポートにぜひ。
股関節・下肢

外反母趾の仕組みと対策、改善を補助するサポーターのまとめ

外反母趾の患者さんに紹介しているサポーター、アイテムをご紹介します。基本的には、足趾を開き、正しく荷重し、アーチと足趾を使うことが大切。その補助にぴったりなサポーターを3種ご紹介。
気血水精

血瘀(瘀血)の症状と改善のための対策【東洋医学でみる症状と養生】

東洋医学的な体の見方として、体を巡る気血水精の状態を調べる気血弁証がある。その中でも、血が停滞して(血瘀)起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめた。
気血水精

湿痰の症状と改善のためのツボ【東洋医学でみる症状と養生】

水分(津液)が停滞して、湿や痰となることで起こる症状や対策、治療のために用いるツボ(経穴)や漢方、手に入りやすい食材などをまとめる。