五臓六腑

五行思想から五臓の脾に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の脾と関係する部位や感覚を五行思想をもとにまとめます。
五臓六腑

五行思想から五臓の心に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の心と関係する部位や感覚を五行思想をもとにまとめます。
五臓六腑

五行思想から五臓の肝に関わる体の部位や感覚をまとめる

東洋医学における、五臓の肝と関係する部位や感情を五行思想をもとにまとめます。
経穴(ツボ)

五臓の肝を整える経穴(ツボ)のまとめ

東洋医学における、五臓の肝の基本的な働きや養生の注意点を以前まとめました。 また、実際に起こる症状を参考に、肝の不調に気付き、対策をとる方法や、それらの症状について「証」を立て、治療を進める流れも紹介しました。 ...
予防・未病治

子午流注に学ぶ「朝ご飯を食べる」「夜に寝る」方が良い理由

東洋医学において、1日24時間の時間ごとに対応する臓腑があり、良いとされる生活習慣があります。子午流注を参考に、時間ごとの理想を踏まえ、「朝ご飯」や「夜の睡眠」の重要性を解説します。
予防・未病治

東洋医学における五臓の肝と自律神経との関係のまとめ

自律神経の乱れを東洋医学的に考えると、五臓の肝の消耗や、気の働きの低下などがあります。それぞれの仕組みから、自律神経の乱れを予防する方法を、東洋医学的な側面から考えます。
治療

花粉症の症状に合わせた治療効果を持つ経穴(ツボ)のまとめ

花粉症による鼻水・鼻づまりには、迎香・印堂・百会・風池・豊隆のツボが効果的です。また、目の充血や痒みには、五臓の肝に属する太衝・行間を用いることが多くあります。花粉症を根本から改善するべく、腸内環境を整えながら症状を改善する、合谷・肩髃・曲...
予防・未病治

自律神経の調整に用いる経穴(ツボ)一覧

自律神経の調整に使う経穴(ツボ)をまとめます。交感神経優位な場合と、副交感神経優位な場合で、少し用いるツボは違います。
予防・未病治

「水を1日2リットル飲むと良い」は正解なのか。各専門医の見解と個人的見解

「水ならたくさん飲んでも、汗や尿として出て行く」と安易に考え、水を飲みすぎて体を壊す人が多くいます。適切な水分摂取量について考えていきます。
経穴(ツボ)

奇穴(きけつ)と言われる経穴(ツボ)と場所のまとめ

奇穴に分類される経穴(ツボ)と、その場所をまとめます。