任脈に所属する経穴(ツボ)と場所のまとめ

任脈経穴一覧イメージ 経穴(ツボ)

「経絡」と言われるものの一つである、【任脈(にんみゃく)】についてまとめます。

スポンサーリンク

任脈(にんみゃく)の特徴

流注概要

任脈は胞中(小骨盤腔)に起こり、会陰部に出て、腹部、胸部および前頚部の正中線を上り、喉に至り、下顎の正中から下歯齦に至り、顔面をめぐって目に入る。陰脈の海と呼ぶ。

任脈は前正中線上を通る経絡です。「督脈(とくみゃく)」は後正中線上を通り、任脈と督脈で正中線上をグルッと回るように流れています。

経穴数

24穴。

英名

“Conception Vessel”。

会陰穴をCV1とし、承漿穴(CV24)まであります。

スポンサーリンク

任脈に所属する経穴(ツボ)一覧

任脈に所属する経穴(ツボ)と、その使用感(私個人の)についてまとめます。

下腹部にある任脈のツボ

会陰(えいん)

会陰部、男性は陰嚢根部と肛門を結ぶ線の中点。女性は後陰唇交連と肛門を結ぶ線の中点。

これまでに会陰のツボを治療に使用したことはありませんし、これからもないと思います。

任脈下腹部のツボ

曲骨(きょっこつ)

下腹部、前正中線上、恥骨結合上縁。

恥骨結合炎や泌尿器疾患・生殖器疾患に用いるツボです。

中極(ちゅうきょく)

下腹部、前正中線上、臍中央の下方4寸。

泌尿器疾患・生殖器疾患に用いることが多いツボです。

関元(かんげん)

下腹部、前正中線上、臍中央の下方3寸。

臍下丹田、と言われるのはこのツボのあたりです。

石門(せきもん)

下腹部、前正中線上、臍中央の下方2寸。

私は石門のツボはあまり多様しません。近くにある関元や気海を用いることの方が多いです。

気海(きかい)

下腹部、前正中線上、臍中央の下方1寸5分。

「気の海」と書くくらいなので、「気虚(ききょ)」など気の病に用います。

陰交(いんこう)

下腹部、前正中線上、臍中央の下方1寸。

治療ではあまり用いないツボです。

神闕(しんけつ)

上腹部、臍の中央。

へそ灸などで腹部を温めたい時には神闕のツボを用います。

上腹部にある任脈のツボ

任脈上腹部

水分(すいぶん)

上腹部、前正中線上、臍中央の上方1寸。

腹部の不調に用いることが多いツボですが、私は多用しません。中脘のツボなどで代用します。

下脘(げかん)

上腹部、前正中線上、臍中央の上方2寸。

多用はしないツボです。

建里(けんり)

上腹部、前正中線上、臍中央の上方3寸。

多用はしない経穴です。

中脘(ちゅうかん)

上腹部、前正中線上、臍中央の上方4寸。

腹部・消化器の不調は中脘を用いることが多いです。そのため、中脘の近くの別のツボをあえて使わない、というイメージです。あくまで、個人的な考えです。

上脘(じょうかん)

上腹部、前正中線上、臍中央の上方5寸。

巨闕(こけつ)

上腹部、前正中線上、臍中央の上方6寸。

巨闕や鳩尾は、横隔膜の動きが悪く、呼吸が浅い場合などに刺激することがあります。

鳩尾(きゅうび)

上腹部、前正中線上、胸骨体下端の下方1寸。

「みぞおち」と言われる部位にあたります。

中庭(ちゅうてい)

前胸部、前正中線上、胸骨体下端の中点。

膻中(だんちゅう)

前胸部、前正中線上、第4肋間と同じ高さ。

胸骨の上にあるツボです。胸部、特に心臓の不調や、気の不調に用いることが多くあります。

玉堂(ぎょくどう)

前胸部、前正中線上、第3肋間と同じ高さ。

紫宮(しきゅう)

前胸部、前正中線上、第2肋間と同じ高さ。

華蓋(かがい)

前胸部、前正中線上、第1肋間と同じ高さ。

璇璣(せんき)

前胸部、前正中線上、頸窩の下方1寸。

天突(てんとつ)

前胸部、前正中線上、頸窩の中央。

咳がなかなか止まらない場合や、声がかれるなどの喉の症状に、直接的に働きかける時に用いるツボです。

任脈顔面部

廉泉(れんせん)

前頸部、前正中線上、喉頭隆起上方、舌骨の上方陥凹部。

承漿(しょうしょう)

顔面部、オトガイ唇溝中央の陥凹部。

参考:新版経絡経穴概論

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント