【内関】自律神経のバランスを整え心を落ち着ける経穴(ツボ)の紹介

内関の詳細イメージ 361+α

今回は、【内関(ないかん)】というツボについて、場所や、刺激することで期待できる効果などをまとめていきます。

内関には、自律神経のバランスを整える働きがある他、精神面や心を落ち着ける働きもあります。これまでの私の記事の中でも、気圧の変化や天候に左右される気象病・天気痛に内関のツボ刺激をオススメしてきました。

自律神経はいわゆる不定愁訴の症状と関連があります。内関を刺激することで、自律神経から体全体を整えていきましょう。

スポンサーリンク

内関(ないかん)の位置や所属経絡

内関というツボの位置や、所属している経絡についてご紹介します。

内関の位置

前腕前面、長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方2寸。

新版経絡経穴概論

内関は前腕(肘から手首)の掌側、指を握り込んでグーを作った時に浮き出る腱の間にあります。手首のシワの2寸肘寄りです。

2寸は指の幅3本分の長さです。掌のシワから指3本分のところに内関はあります。

内関の所属経絡と特徴

内関は手の厥陰心包経に属するツボです。「心包(しんぽう)」と聞いてピンとくる人は少ないと思います。

心包は五臓の心(心臓)を守るように覆う、しかし実在はしない臓器だとみなされています。心包の働きは、主に心と同じで、心臓のポンプとしての役割、精神活動の取りまとめがあります。

心の働きに関して詳しくは下記のページをご覧ください。

スポンサーリンク

内関のツボの治療効果まとめ

内関への刺激によって期待できる治療効果をまとめます。内関は刺激をしやすい位置にあるので、セルフケアに用いやすいツボです。温灸も良いですし、指で押し込むだけでも効果があります。

自律神経を調整する

自律神経のバランスが崩れて起こる不調に、内関が効果的です。気圧の変動や気候の変化による不調の多くは、自律神経が関係します。

雨の日の近くで体が重たくなる、天気が悪いと頭痛が起こるなどの不調がある場合、前日から当日にかけて意識して刺激してみてください。

特に交感神経が優位になって、興奮がさめないような時は、内関を押し込んでみましょう。

精神疾患にも効果的

内関はヒステリーなどの精神疾患にも良いツボだと考えられます。

五臓の心には精神活動を取りまとめる役割があります。その心に付随する心包にもその役割はあり、精神活動などの不調は心の経絡よりも心包の経絡のツボを用いることが多くあります。

肝は「魂」、脾は「意」、肺は「魄」、腎は「志」、これらを統括するのが心の「神」です。この5つの精神活動を「五精」と言います。

酔い止め・乗り物酔いの予防に

乗り物酔いの際にも、内関を揉み込む・押し込むと改善することが多いです。気圧の変動で体調が崩れる気象病に、酔い止め薬を飲むと良いのと同じように、内関のツボが酔い止め薬と同じ働きをしてくれます。

嘔吐感、気持ち悪さといった点では、二日酔いや妊婦さんのつわりにも内関刺激をオススメすることもあります(一緒にしてすみません)。

心臓の疾患にも効果的

動悸、心胸痛、不整脈などの心臓に関する疾患にも内関は効果があると言われます。狭心症に関しても、研究された論文などがあります。しかし、これらの症状がある場合は、ツボ押しよりもまず病院に行きましょう。

あくまで、セルフケアの一環です。高血圧などに対する降圧作用もあるので、自分の体調に合わせて取り入れてみてください。

岡、津田ら「狭心症の針治療ー内関を中心としてー」(参考)

スポンサーリンク

内関とあわせて刺激したいツボ

自律神経のバランスを整え、心を落ち着けてくれる内関と一緒に刺激を与えることでより効果的なツボをご紹介します。

労宮(ろうきゅう)

手掌、第2・第3中手骨間、中手指節関節の近位陥凹部。

新版経絡経穴概論

労宮(ろうきゅう)は掌にあるツボです。内関と同じく手の厥陰心包経に属するツボなので、一緒に刺激をするとより効果的です。

  • 慢性的な疲れに

労宮は「労=労働」の「宮=集まるところ」というように、疲れがたまった時に刺激をすると良いとされるツボです。

デスクワークや家事など、手を酷使するような作業が続いた時には、特にオススメです。

  • ストレスに

内関と同じく心包経のツボなので、精神面にも効果があります。

イライラっと感じ、頭に血が上りそうな時には労宮を刺激してみてください。頭に上る気血を、反対に労宮に下ろしてあげるイメージです。

  • ハンドリフレもあるほど

掌には神経も多く集まり、刺激することで良い効果がたくさんあります。手のマッサージであるハンドリフレクソロジーなどは、まさに手先の緊張を緩めることで、全身のリラックスを促す方法です。

 

おわりに

今回は自律神経の働きを整える内関のツボをご紹介しました。特に体調が天気や気圧に左右される人は、気になる時に刺激してみてください。

また、酔い止めや二日酔いにも効果的なツボなので、「何だか気分が優れない」時に用いるのも良いかもしれません。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント