眩暈(めまい)や立ちくらみを改善する経穴(ツボ)

めまいを改善するツボ 予防・未病治

今回は「眩暈(めまい)」を改善するツボについてまとめていきます。

「ぐるぐる回る」、「横に流れる」なんて表現をしながら、めまいを主訴として鍼灸治療やマッサージ治療を希望する人は少なくありません。当然、めまいの中には重大な病気のサインであるものもあります。長期間続いたり、程度が強いようであれば、病院での受診をオススメします。しかし、そうでない場合、鍼灸治療や漢方治療が有効であることが多いです。

「病院へ行ったが原因がわからない」、「疲れるとでてくる」、そういう場合の新たな視点として、鍼灸やマッサージはオススメです。

スポンサーリンク

東洋医学的な眩暈(めまい)の原因

血虚(けっきょ)と気虚(ききょ)

血の不足である血虚と、気の不足である気虚は、めまいや立ちくらみの原因になります。これらは先述した一般的な貧血と似ています。脳を栄養する血が不足している場合や、体を動かす気・血を送り込む気が足りないため、めまいや立ちくらみにつながります。

五臓の肝の問題

東洋医学において五臓の肝には、血を貯蔵し分配量を決める「蔵血(ぞうけつ)」の働きと、気の巡りを整える「疏泄(そせつ)」の働きがあります。こうした肝の2つの働きによって気血の循環が調整されているため、肝の働きが低下してしまうと、気血の巡りは悪化し、めまいや立ちくらみにつながります。

さらに肝は目・筋、情緒面との関係が深い臓器です。それぞれ単体の不調でめまいの原因となりますが、その奥には五臓の肝の不調が隠れているかもしれません。

五臓の腎の問題

五臓の腎はその働きが耳に現れると言うほど、耳との関係性が強い臓器です。

めまいの他に、「最近耳が遠くなった(聴覚の低下)」、「耳鳴りがする」など他の耳周りの疾患がある場合は、腎の働きの低下が原因かもしれません。

五臓の腎は生命力の源である「精(せい)」を貯蔵する働きがあり、この精は加齢や過労により減少していきます。お仕事などで忙しく、疲れがたまった時におこるめまいや、年齢を重ねてある日起こるめまいは、腎の働きの低下が原因と考えられます。

五臓の脾の問題

五臓の脾は、主に飲食物の消化・吸収の取りまとめ役という働きを持ちます。一見するとめまいとは関係がなさそうですが、脾はそうした消化・吸収によって得た水分の調整役でもあります。

東洋医学では、体内の余分な水分も体に良くないものと捉え、これを「湿痰(しつたん)」と呼びます。この湿痰を原因としてめまいが起こることも考えられます。耳の内部にある、聴覚や平衡感覚をつかさどる器官はリンパに満たされています。体内の水分が過剰な状態では、このリンパにも余分に水分があふれているため、通常とは違う水分バランスになってしまいます。そのため、めまいが起こると考えられています。

スポンサーリンク

眩暈(めまい)を改善するツボ

  • 気虚・血虚
  • 五臓の肝の働き
  • 五臓の腎の働き
  • 五臓の脾の働き

まとめると、上記の項目が、めまいの原因となります。めまいを改善するためには、こうした気血の不調や五臓の不調を改善することが重要です。

気虚・血虚を改善してめまいを止めるツボ

足三里(あしさんり)

足三里は胃腸の働きを整えて、飲食物の消化・吸収を助けるツボです。結果、栄養をしっかりと吸収することができ、気を補う力が高まります。

足三里は元気の源とも言える万能なツボです。元々体力がなく、めまいなどが起こる場合にはオススメなツボです。

血海(けっかい)

血海は五臓の脾に属し、血を補う補血(ほけつ)の効果が高いツボです。脾は胃腸の働きをコントロールする役割があり、飲食物から血を生成する働きを高めてくれます。

足三里とあわせて刺激することで、気血の生成をサポートすることができます。特に貧血体質の人にオススメです。

五臓の肝の働きを整えてめまいを止めるツボ

太衝(たいしょう)

太衝は五臓の肝に働きかけ、気血の巡りをコントロールする疏泄(そせつ)の働きを整えることができるツボです。情緒の乱れによってめまいや立ちくらみなどが起こる場合には、肝の働きを整えるためにも太衝のツボを刺激しましょう。

五臓の腎の働きを整えてめまいを止めるツボ

太渓(たいけい)

太渓は五臓の腎に属し、腎の働きを高める効果があるツボです。足腰に疲れを感じていたり、加齢による体力減退を感じる中で起こるめまいや立ちくらみの場合、太渓を刺激しましょう。

五臓の腎は生命力の源である精を貯蔵しています。大元の生命力が土台となり、その上に気血の巡りがあります。しっかりと精を補充することで、めまいの起こりにくい体質を目指しましょう。

五臓の脾の働きを整えてめまいを止めるツボ

三陰交(さんいんこう)

三陰交は五臓の脾に属し、飲食物の消化・吸収をサポートするツボです。また、体の水分代謝を助け、むくみを解消するツボでもあります。体内に蓄積した余分な水分は湿痰(しつたん)と呼ばれ、めまいの原因となります。そうした余分な水分を除去する効果が三陰交にはあります。

また、三陰交は肝・脾・腎の3つの経絡が交わるツボでもあります。めまいに関わる3つの臓に働きかけることができるため、特に重宝されるツボです。

おわりに

今回は眩暈(めまい)を改善するツボについてまとめてみました。一般的な考えだけでなく、東洋医学の側面から考えることで、体質や生活習慣からめまいの原因を特定し、改善することができます。特に、気虚や血虚、五臓の肝、脾、腎の働きが低下することでめまいが起こると考えられます。

気血の状態、五臓の状態など、日頃から自分の体を観察することで、出て来る症状に対してツボ刺激をしていきましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント