東洋医学における五臓の「肺」についてまとめる

五臓の肺のまとめ 五臓六腑
東洋医学において、呼吸に関わる全ての器官をまとめて肺と捉えます。そのため、鼻やのどの調子も五臓の肺の調子に左右されます。呼吸という働きの他にも、取り込んだ気を下に降ろす「粛降」、体表に張りめぐらせて体を守る衛気に関わる「宣発」など、全身の働きに関わります。また、表皮・皮膚の状態も肺の調子の表れとして変化するため、乾燥肌や体毛の生え方なども肺の状態を知るサインになります。

 

この記事では五臓の「肺(はい)」について、東洋医学的に認められている働きやその養生法についてまとめていきます。

「そもそも、なぜ五臓六腑が重要なの?」
東洋医学において、私たちの体を栄養し、活動力の源となるのは「気・血・水・精」といった物質です。これらの物質に過不足があったり、巡りが停滞したりすることで、不調や病が現れます。
こうした気・血・水・精を、過不足や停滞なく循環させるのが、五臓六腑の働きです。五臓六腑の働きが乱れることで、体内の気・血・水・精の状態が悪くなり、体調が崩れてしまいます。
五臓六腑も、気・血・水・精の働きを受けて動いています。そのため、一度不調になると悪循環に陥り、病が長引いたり、持病化してしまいます。それを避けるためにも、原因となる臓腑を把握することが重要だと考えられています。

特に鼻やのどなどの呼吸に関わる全ての器官をまとめて「肺」と捉えるところは、東洋医学ならではの特徴です。またそうした呼吸の働きだけでなく、「宣発」や「粛降」といった働きによって、気や水を全身に張りめぐらせます。体表の状態(皮膚や毛など)や汗と肺が関係する考えられるのも、こうした特徴からです。

スポンサーリンク

東洋医学的な五臓の「肺」の働き

 

東洋医学における五臓の肺の働きについて、詳しくまとめた記事もあります。ここでは、重要な点をピックアップして紹介します。

東洋医学的にも肺には呼吸器としての働きがあります。また東洋医学では、鼻から気管、気管支など呼吸に関わる全てを「肺」としています。呼吸に関わるところと、そこから派生した役割も含んでいるところが、東洋医学の独特な観点になります。

呼吸の働き

一般的な肺のイメージ通りの働きで、呼吸に関係します。しかし、「酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する」だけとは言えません。

東洋医学でいう呼吸は、大気中の新鮮な気(清気)を吸い込み、体内から汚れた気(濁気)を出すことを言います。酸素や二酸化炭素だけでなく、あらゆる良いもの、悪いものの、外気とのやり取りを指しています。

宣発(せんぱつ)の働き

「宣発」とは、気や水を上・外に向け拡散させる働きです。濁気を外に吐き出す働きも宣発の働きによって行われます。

呼吸によって取り入れた気を体表に張り巡らせ、外からの邪気を防ぐ「衛気(えき)」というバリアを張るのも、肺の宣発の働きによるものです。

粛降(しゅくこう)の働き

粛降は、気や水を下・内に向ける働きで、宣発の反対の働きです。

清気を体内に取り込み、水や栄養を体の下の方・奥の方まで運び下ろします。深呼吸をして、気を深く、腎の方まで届けるのも粛降の働きです。そうして降りてきた気を腎に留めることを、腎の「納気(のうき)」作用と言います。呼吸の際に「丹田(たんでん)」を意識するのは、こうした肺の粛降と腎の納気の両方を働かせることになります。

▶︎「呼吸」、「宣発」、「粛降」に関する詳しい内容はこちらへ

五行思想から「肺」の働きをチェック

東洋医学において、五臓六腑の状態は体の各部位に現れると考えています。そのため、体のどこを見れば、どの臓器の調子が悪いのかを判断することができます。鍼灸や漢方の世界では、レントゲンなどの設備がない頃から、体内の様子を診断するためにこうした知識を活用してきました。

ここでは五臓の肺の様子をチェックできる部位を簡単に紹介します。詳しくまとめた記事がありますので、こちらもご覧ください。

肺に対応する体の部位

  • 五(六)腑:「大腸」が表裏関係にあり、肺に対応する腑。
  • 五竅:肺は「鼻」に開き外界とつながる。
  • 五主:肺は「皮毛」の働きをつかさどる。
  • 五華:肺の状態は「体毛」に表れる。
  • 五液:肺が作用して「涕」を作り、流す。

肺に対応する感覚(味覚・感情)

  • 五味:肺は「辛」味に栄養される。
  • 五志:肺は「悲」と「憂」の感情と関係する。

▶︎五行思想における肺と対応する部位などのまとめはこちらへ

五臓の「肺」の働きが低下して起こる症状

肺の働きが低下して起こる症状として、下記の症状があります。

肺の宣発の低下、衛気の低下による症状

  • 風邪をひきやすい
  • 皮膚が弱い、肌荒れが起きやすい
  • 体毛が濃い
  • むくみがある
  • 汗が極端に多い、もしくは少ない

肺の粛降の低下による症状

  • 喘息もちである
  • 呼吸が浅い

▶︎気になる症状から五臓の肺の不調を確認してみよう!

スポンサーリンク

現れる症状を東洋医学ではどう捉えるか?

一口に「肺の不調」と言っても、その症状の現れ方などから、「肺がどのように不調に陥っているのか」を考えます。そして一つの病証として明確にし、その改善に向けた治法を取り入れることで、症状の改善、肺の状態改善を目指します。

肺気虚(はいききょ)

肺の働きの低下に、気の不足である「気虚」が合わさることで、「肺気虚」という病証になります。

  • 息切れがしやすい、疲れやすい
  • 声が小さい
  • 風邪をひきやすい

肺陰虚(はいいんきょ)

肺の働きの低下に、陰陽の陰の不足である「陰虚」が合わさることで、「肺陰虚」という病証になります。

  • 空咳(乾いた咳)
  • のど、鼻の渇き、かすれ声
  • 痩せ傾向
  • 発熱、血痰が出ることも

風寒犯肺(ふうかんはんはい)

肺の働きの低下に合わせ、風邪の侵入、寒邪の侵入によって「風寒犯肺」という病証になります。

  • ゴホゴホとした咳
  • 薄白くシャバシャバした痰
  • 鼻水も透明から薄白く、垂れてくる
  • 悪寒・発熱

風熱犯肺(ふうねつはんはい)

肺の働きの低下に合わせ、風邪の侵入、熱邪の侵入によって「風熱犯肺」という病証になります。

  • ゴホゴホとした咳
  • 黄色く、粘りのある痰
  • 鼻水も色がつき、鼻がつまりやすい
  • 発熱がある
  • のどが腫れる、痛みがある
  • 強い関節痛、頭痛を伴うことが多い

痰湿阻肺(たんしつそはい)

肺の働きの低下に合わせ、湿邪が侵入することで「痰湿阻肺」という病証になります。

  • 湿った咳が出る
  • 痰、鼻水が多くでる
  • 多くの場合、痰は白く、出しやすい
  • 喘鳴がある

▶︎五臓の肺の病証とその治法をまとめた記事はこちらへ

スポンサーリンク

「肺」の東洋医学的な養生について

五臓の肺を整えるツボ

私たち鍼灸師が、肺の働きを整えるために用いるツボをいくつかまとめました。

この中でも、特に肺を整えるのに効果的なツボをピックアップします。

中府(ちゅうふ)

中府ツボ

中府のツボは五臓の肺に属し、呼吸の効率を上げ、腎に気を届きやすくします。胸の前側を刺戟することで、姿勢の改善や肋骨の動きも改善します。

魚際(ぎょさい)

魚際ツボ

魚際も肺に属するツボで、特に肺の経絡や臓器そのものに起こる熱を鎮める効果があります。風邪の初期に起こる発熱や、のど、鼻の粘膜の炎症などを鎮め、風邪の症状を和らげてくれます。

▶︎五臓の肺を整える経穴(ツボ)を確認する

秋から始まる乾燥に注意

秋冬から空気が乾き、冷たくなってきます。この時季の澄んだ空気は気持ち良く感じる反面、肺には乾燥に弱い特徴があるので注意も必要です。

お部屋の加湿やマスクの着用、水分補給など、体に潤いを与える習慣を心がけましょう。また乾燥が強い時季ほど、口呼吸より鼻呼吸を意識すると良いでしょう。

口呼吸より鼻呼吸を心がけましょう

先述した通り、肺は鼻を通じて外の世界と通じています。

鼻を通じて外の空気を吸い込むことで、空気は適切な湿度・温度になり、肺に届きます。西洋医学的にも、副鼻腔という構造が、空気のフィルターのような働きをすると認められています。できれば、鼻から吸って鼻から吐く、完全な鼻呼吸をおすすめします。息苦しさがあれば、鼻から吸って口から吐く方法でも良いと思います。

肺と大腸の表裏関係も重視

東洋医学的に、鼻と大腸の関係は「表裏関係」であり、密接な関係を持ちます。

インフルエンザや風邪予防に、乳酸菌飲料をすすめるコマーシャルが流れていますね。他にも花粉症対策に腸内環境の改善をすすめることもあり、呼吸器と腸内環境の関係が今後ますます重要視されてくるでしょう。

アレルギー症状などの根治や、喘息の改善などに、東洋医学では大昔から大腸の経穴(ツボ)への刺激を重視します。

おわりに

  • 肺は呼吸器
  • 鼻呼吸を心がけて
  • 皮膚や体毛にも関係する
  • 腸内環境も重要

呼吸だけでなく、体の表面を守る働きがあり、それが外邪の侵入を阻みます。最初の門番、といったイメージです。

秋冬から春にかけて、乾燥、ウィルス、花粉症…悩める季節ほど、悲観せずに、ホッと一息、鼻呼吸を。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント