五行思想から五臓の肺に関わる体の部位や感覚をまとめる

五行の肺 五臓六腑

東洋医学における、五臓の肺と関係する部位や感覚などを五行思想をもとにまとめます。

東洋医学において、あらゆる事象は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つと考えます。これを、五行思想と言います。

私たちの体に当てはめて考えると、まず五臓(肝・心・脾・肺・腎)があり、その五臓が対応する六腑や他の器官があります。こうして体の部位や感覚の対応を知ることで、体の外から内面の状態を知り、鍼灸治療や漢方治療に役立てています。

スポンサーリンク

五行をもとに考える五臓の肺と関わる体の部位や感覚

まず、五臓の肺は五行では「金」に属します。これから紹介する体の部位も、全て「金」の性質を持ちます。

五行式体表の「金」
五腑 五竅 五主 五華 五液 五味 五志
大腸  鼻 皮毛 体毛  涕  辛  悲

【五腑は大腸】肺と表裏関係にある腑

五臓の肺に対応する六腑は大腸です。そのため、「五行における肺の五腑は大腸」、「肺と大腸は表裏関係にある」と言います。

【五竅は鼻】肺の開く穴

東洋医学において、五臓の状態が表れる竅(あな)を「五竅(ごきょう)」と言います。

肺の五竅は「鼻」です。西洋医学、東洋医学、どちらにおいても、鼻は呼吸器に分類されます。鼻で呼吸をすることで、吸う空気は鼻毛や副鼻腔などの構造を経て加湿・清浄され、肺に届きます。口で呼吸をしてしまうと、外気がそのまま喉に届いてしまい、菌やウイルスに侵されてしまいます。

【五主は皮毛】肺のつかさどる部位

東洋医学において、肺は「表皮」や「毛」をつかさどります。皮膚が弱く傷つきやすい場合や、日焼けしやすい体質などは五臓の肺の弱さが影響しています。また、皮膚に潤いを与え、汗を出すのも肺の働きの一つです。乾燥肌や、汗をうまくかけない場合、肺の働きが低下しています。

【五華は体毛】肺の働きを知る部位

「五華(ごか)」も五臓の働きが表れる指標の一つです。

五主の皮毛と似ていますが、同様に体毛に肺の働きが表れます。肺には体表を守る「衛気(えき)」という機能をコントロールする働きがあります。肺の働きが低下していると、衛気のバリアが弱まり、感染症や流行病にかかりやすくなります。

衛気の弱い人では全身の体毛が濃くなります。これは、衛気によって守ることができない場所に、肺が体毛を生えさせているからです。特に胸の毛が濃い人は肺が、腰回りの毛が濃い人は腎が弱い表れです。

私の妻が妊娠中、おへその下だけ毛が生えてきて濃くなりました。その毛は出産と共になくなりました。あの時の毛は、お腹の赤ちゃんを守るために生えていたのだと考えられます。

【五液は涕】肺のつかさどる体液

五臓に対応する体液を「五液(ごえき)」と言います。

肺の五液は「涕(はなみず)」です。先述した通り、肺の五竅が「鼻」なので、鼻を潤す涕が五液となります。涕は呼吸の入り口である鼻を潤すことで、入ってくる空気を加湿・清浄する働きがあります。一方、必要以上に涕が出る場合は、肺の働きが乱れているサインになります。

【五味は辛】肺を養う味

五臓を養う味覚を「五味(ごみ)」と言います。

肺の五味は「辛(からい)」です。辛味は体を強く温め、汗腺を開かせるサポートをします。激辛料理などを食べて、汗が吹き出るのはこうした辛味の作用によるものです。また、そういった辛味だけでなく、ハッカやミントのような辛味も肺を養います。

【五志は悲・憂】肺の関わる感情

五臓に対応する感情を「五志」と言います。

肺の五志は「悲」と「憂」です。過度の悲しみや憂いは、肺の気を損ない病につながってしまいます。悲しみ、憂いからため息ばかりついていると、肺に新鮮な空気が届かずに、息切れや咳などにつながります。

おわりに

五臓の肺に対応する体の部位や感覚を五行思想をもとにまとめました。

これらの指標の状態や変化をもとに、五臓の状態を外から確認し、治療の方針を立てていきます。もちろん、セルフチェックなどにも有効です。自分の体を細く観察し、日々の変化を確認してみましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント