東洋医学における五臓の肝の病証と症状。その治法のまとめ

肝の病証の詳細 五臓六腑

五臓の肝の病証として、「肝気鬱結」、「肝火上炎」、「肝陰虚」、「肝血虚」、「肝陽上亢」、「肝風内動」があります。まとめると、下記の通りになります。

  • 肝気鬱結:肝の失調+気滞
  • 肝火上炎:肝の失調+実熱
  • 肝陰虚:肝の失調+陰虚
  • 肝血虚:肝の失調+血虚
  • 肝陽上亢:肝・腎の失調+陰虚
  • 肝風内動:肝陽・肝火・肝陰虚の進行

同じ肝の病でも、原因や現れる症状は様々です。しかし、その原因を特定し、それにあった治療を施すことが大切だと東洋医学では考えています。

 

東洋医学において、爪の変形や目の充血・乾きなどを指標に五臓の肝の失調を疑い、治療を進めるとまとめました(「東洋医学の肝の働きと養生」)。また、こうした五臓六腑だけでなく、体を循環している気・血・水・精の過不足や停滞も、体調の変化につながります(「東洋医学の気・血・水・精のまとめ」)。

この記事でまとめるのは、こうした臓腑の失調プラス気・血・水・精の失調によって、体はどのような状態になるのか、その治療法はどのように考えるのかについてです。

五臓六腑の働きは、気・血・水・精が過不足や滞りなく循環する上で成り立ちます。また、その気・血・水・精も、五臓六腑の働きを受けて生成・循環しています。体に起こる症状や指標を捉え、どこの臓腑の問題なのか、どのエッセンスの過不足なのかを判断することで、より的確な治療を行うことができます。

その中でも、五臓の肝と気・血・水・精のバランスによって起こる病証と、その治法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

東洋医学における五臓の肝の特徴をおさらい

五臓の肝には、「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」という働きがあります。

  • 疏泄:全身の気の巡りをコントロールする働き。
  • 蔵血:血を貯蔵しておき、血を送り込む量をコントロールする働き。

肝の働きが低下することで、こうした肝の持つ働きも悪くなってしまいます。

また、他にも肝の特徴として、上・外に伸びやかに発展する性質があります。こうした性質も、抑えが効かないと体にとって悪い影響を与える原因になります。

【肝気鬱結】肝の失調+「気滞」

五臓の肝の働きの低下と、気の停滞である「気滞(きたい)」があわさると、「肝気鬱結(かんきうっけつ)」になります。肝には気の巡りをつかさどる「疏泄(そせつ)」の働きがあります。肝の働きが低下すると、疏泄作用も低下し、気の巡りは滞りやすくなります。

「肝気鬱結」の症状

  • 抑うつ、イライラなど情緒面の不調
  • 胸脇部の張りや痛み
  • のどの異物感(「梅核気(ばいかくき)」)
イライラ、ぐるぐる、爆発的に怒るわけではないけど、なんだかなぁ•••

五臓の肝は気の巡りに関わり、情緒をつかさどる臓器です。そのため、肝気鬱結では気滞の症状である張る痛み、情緒の失調がより顕著に現れる印象です。また、肝気鬱結の症状を土台に、他の症状も進行することもあります。

のどの異物感である「梅核気」は、一般的には「咽喉頭異常感症」と言われます。東洋医学においては、肝気鬱結に「痰」があわさって現れる症状と捉えます。

「肝気鬱結」の治法「疏肝理気」。ツボは太衝がオススメ。

肝気鬱結を治療する方法を、「疏肝理気(そかんりき)」と言います。これは、肝の疏泄機能を取り戻し、気の滞りを改善しましょう、という方法です。

治療として疏肝理気を目指す場合、肝に所属する経穴(ツボ)である「太衝(たいしょう)」を用います。

▶︎「気滞」の症状や対策をまとめた記事はこちらへ

スポンサーリンク

【肝火上炎】肝の失調+「実熱」

五臓の肝の働きの低下と、「実熱」があわさると、「肝火上炎(かんかじょうえん)」になります。肝は特に伸びやかに、発展的な特徴を持つため、肝に起こる熱や火は上部に燃え上がるように症状として広がります。

「肝火上炎」の症状

  • 目の腫れ・充血
  • 短気(怒りやすくなる)
  • 耳鳴り、難聴
赤ら顔で、何かあるとすぐに怒っちゃうおこりんぼさん。

五臓の肝は目に開く(五竅)ため、肝に起こった熱は目に現れることが多くあります。特に熱症状に特徴的な腫れや充血症状が現れます。また情緒面において、カッとなりやすく、怒りやすくなります。赤ら顔でカッカとすぐ怒る人は、肝火上炎の疑いがあります。

肝火の症状は上部に現れやすく、肝の経絡の通る耳にも耳鳴りや難聴などの不調を起こします。

▶︎東洋医学の「熱」に関する考えをまとめた記事はこちら

「肝火上炎」の治法「清瀉肝火」。ツボは行間がオススメ。

肝火上炎を治療する方法を、「清瀉肝火(せいしゃかんか)」と言います。これは、肝の熱を冷ましましょう、という方法です。

治療として清瀉肝火を目指す場合、肝に所属する経穴(ツボ)である「行間(こうかん)」を用います。

スポンサーリンク

【肝血虚】肝の失調+「血虚」

五臓の肝の働きの低下と、血の不足である「血虚(けっきょ)」があわさると、「肝血虚」になります。血虚によって肝の失調につながることもあれば、反対に肝の失調による血虚もあります。

「肝血虚」の症状

  • 一般的な貧血症状。
  • 目のかすみ、視力低下、眼精疲労。
  • 筋がつりやすくなる。
  • 爪が白い、弱い(変形がある)
貧血の中でも、目、爪、髪の毛に症状が多い場合は肝血虚かも•••

五臓の肝自身の血虚と、肝が関係する器官の血虚が症状として現れます。特に肝は「蔵血(ぞうけつ)」作用を持ち、本来血を貯蔵しておく臓器です。肝の働きの失調により蔵血の働きも低下してしまい、血虚に陥ることが多くあります。

「肝血虚」の治法「補益肝血」。ツボは三陰交がオススメ。

肝血虚を治療する方法を、「補益肝血(ほえきかんけつ)」と言います。これは、肝を元気にして、肝の血を補いましょう、という方法です。

治療として補益肝血を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「三陰交(さんいんこう)」を用います。

▶︎「血虚」の症状と対策をまとめた記事はこちらへ

スポンサーリンク

【肝陰虚】肝の失調+「陰虚」

五臓の肝の働きの低下と、陰陽のバランスの悪化による「陰虚(いんきょ)」があわさると、「肝陰虚」になります。肝陰虚は特に、肝の陰液である血が不足する「肝血虚」が進行して起こることがあります。

「肝陰虚」の症状

  • 目のかすみ、目の乾き
  • 筋がつりやすくなる、しびれ、痙攣が起こる
  • ほてりや熱感がある(胸脇部など)
寝不足からか、目がかすんで手足がチリチリしびれることが多くなってきたなぁ•••

肝陰虚は肝血虚が進行した結果起こることが多いため、現れる症状も肝血虚と共通するものが多くあります。肝陰虚の特徴としては、陰の減少による陽の亢進症状があります。ほてりや熱感、興奮性の症状があげられます。

「肝陰虚」の治法「補益肝陰」。ツボは肝兪を温める。

肝陰虚を治療する方法を、「補益肝陰(ほえきかんいん)」と言います。これは、肝を元気にして、肝の陰を補いましょう、という方法です。また、肝陰虚は腎の陰虚を伴うことが多くあります。そのため、肝陰だけでなく、腎陰を補うような治療が必要になります。

治療として補益肝陰を目指す場合、膀胱に所属する経穴(ツボ)である「肝兪(かんゆ)」を温めます。「腎兪(じんゆ)」も近くにあるので、一緒に温めるとより効果的です。

▶︎「陰陽」についてまとめた記事はこちらへ

スポンサーリンク

【肝陽上亢(肝腎陰虚)】肝・腎の失調+「陰虚」

肝に起こる陰虚である「肝陰虚」がさらに進行すると、「肝陽上亢(かんようじょうこう)」になります。多くの場合、肝陰だけでなく腎陰も不足し、体の陰なる成分が総合的に不足することによって起こります。そのため、肝陽上亢を「肝腎陰虚」と捉え治療を行う必要があります。

「肝陽上亢」の症状

  • 目の充血、腫れ
  • めまい
  • 短気(怒りやすい)、赤ら顔
  • 耳鳴り、難聴
体の上部に熱・陽が偏って、足腰が安定しなくなっちゃいます。

肝陽上亢は肝陰虚の進行した結果起こることが多いため、現れる症状も似たものがあります。また、相対的・絶対的な陽の高まりによって症状が起こるため、肝火上炎とも似た症状が起こります。

肝陽上亢の特徴としては、「上亢」症状によって体の上部に強い症状が出る点と、下部に「虚」性の症状が出る点が挙げられます。これを、「上実下虚(じょうじつかきょ)」と言います。足腰が安定せず、足元がふわふわと感じることが多く、こうした点は腎陰虚の特徴でもあります。また、肝火上炎が「カッと熱くなる」肝の熱というイメージで、肝陽上亢はいつまでもくすぶる火種が肝にあるイメージです。

「肝陽上亢」の治法「平肝潜陽」。ツボは三陰交がオススメ。

肝陽上亢を治療する方法を、「平肝潜陽(へいかんせんよう)」と言います。これは、肝の陰陽のアンバランスを平にし、特に陽を鎮めましょうという方法です。肝の陰陽のアンバランスを整えるためには、腎の陰陽のバランスも確認が必要です。

治療として平肝潜陽を目指す場合、脾に所属する経穴(ツボ)である「三陰交(さんいんこう)」を用います。三陰交は肝・脾・腎の経絡が交わるツボです。三陰交への刺激は、肝と腎どちらにも働きかけ、陰陽のバランスを整えてくれます。

スポンサーリンク

【肝風内動(肝陽化風)】肝陽・肝火・肝陰虚の進行

五臓の肝の働きの低下と、肝陽・熱・陰虚が進行した結果、「肝風内動(かんぷうないどう)」になります。体内にくすぶる熱が風を生み、熱性の症状に加え風性の症状が現れます。

肝風内動の症状

  • 目の充血、腫れ
  • 頭が揺れる、めまい
  • ふるえ、しびれ、痙攣
  • 歩行時のふらつき
  • 肌のかゆみの原因になることも
足腰が不安定で震えるだけでなく、手先もふるえて字が書きにくくなることも。

肝陽上亢や陰虚、肝火上炎の症状に加え、ふるえや痙攣、ふらつきなどの内風症状が現れます。こうした症状は体内の熱が内風を生んだ結果起こります。特に肝陽上亢の進行した結果起こる「肝陽化風(かんようかふう)」では、上部に熱性の実の症状、下部の虚性の症状が強く現れます。下部の虚性の症状として現れる、足腰の不安定感、足のふわふわした感じに加え、その足がガクガクと震えるようなことがあれば、肝陽化風に進行していると捉えられます。

肝風内動の治法「平肝熄風」。ツボは行間がオススメ。

肝風内動を治療する方法を、「平肝熄風(へいかんそくふう)」と言います。これは、肝の陰陽のアンバランスを平にし、熱邪によって起こる風を落ち着かせましょう、という方法です。

治療として平肝熄風を目指す場合、肝に所属する経穴(ツボ)である「行間(こうかん)」を用います。

 

おわりに

五臓の肝の失調に加え、気・血・水・精の各エッセンスの過不足・停滞が起こることで、体には様々な症状が現れます。東洋医学では、その時出ている症状から、実際にどこの働きの低下が原因なのかを探り、それぞれに対する治療を行なっていきます。

セルフケアに活かすとなると難しいかもしれませんが、慣れてくると患者さんをパッと見た時に、「肝火上炎タイプだ」というように予測することもできるようになります。外に出てきている指標・症状と、自身の体の内面との関係を観察して、セルフケアに活かせるように試してみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント