体に現れる症状から五臓の肝の不調を確認し、治療や養生に役立てよう

肝の不調まとめイメージ 五臓六腑

 

今回は実際に体に起こる症状を踏まえ、その時に五臓の肝がどのように調子が悪くなっているかを確認していきます。

肝の働きが悪くなると起こる症状として、下記の症状があります。

  • 情緒不安定(イライラ&うつ)
  • のどのつかえや胸の張り
  • 目のかすみ、疲れ
  • 爪の変形
  • 足のつり

これらの症状が、五臓の肝とどのように関係し、起こっているのかを確認していきます。

スポンサーリンク

五臓の肝の疏泄の低下によって起こる症状

肝の「疏泄(そせつ)」の働きが低下することで、気の巡りが悪くなり、「気滞(きたい)」という状態に陥ります。疏泄の低下、気滞によって起こる不調をまとめていきます。

ストレス耐性の低下、ストレス体質

五臓の肝は精神面・メンタル面と関係する臓器です。特にストレスやイライラといった「怒」の感情は肝の働きを狂わせます。

女性で、月経の前後や月経期間中に情緒が乱れる方は、こうした肝の働きの低下も考えられます。肝の働きが低下すると、肝の疏泄の機能も低下します。疏泄の機能は気や血のめぐりに関わる働きなため、様々な症状が起こります。

  1. ストレス、イライラ
  2. 肝の働きが低下、不調に
  3. 気の流れをコントロールする「疎泄」の働きの低下
  4. 肝の気がうまく働かないため、ストレスにより弱くなる
  5. 気の流れはどんどん悪くなる(気滞など)

私たちの体は気の働きによって活動しています。そうした気が、疏泄の働きの低下により滞る気滞に陥りやすくなります。そして、血や水分(津液)は、気の働きによって生成され、流れているので、血にも水分にも影響します。

抑うつ傾向、憂鬱感

五臓の肝は「怒」の感情と関わるため、ストレスによって消耗し、多くの不調を招きます。しかし、イライラして爆発的に怒ることができる人もいれば、そうしたイライラが募って抑うつ傾向に陥る人もいます。

肝はそうした情緒の全般をつかさどる臓器です。怒りっぽい(易怒)、イライラしている、といった感情だけでなく、くすぶるように気にして落ち込んだり、総合的に情緒が不安定だったりするのも、肝の不調だと考えます。

のどのつかえ(梅核気)、胸や脇の張り

「ストレスを感じやすい」や、「情緒が安定しない」というのは、あくまで主観的な症状です。「人と比べたらそうでもないかもしれない」といって症状が悪化する場合もあるし、そもそも症状は人と比べるものではなく、自分の中の変化として捉えるものです。

肝の疏泄の働きの低下や、それによる気滞によって、のどのつかえや違和感がある梅核気(咽喉頭異常感症)や、胸・脇・腹部の張りが起こります。

治療の前の問診でも、「のどがつかえる感じがして、えずきたくなる」や、「お腹が張って苦しい感じ」と訴える人が実際にいます。そうしたサインはその症状だけでなく、奥にある気の滞りや、五臓の肝の不調を表しています。

スポンサーリンク

肝の熱が原因で起こる症状

肝は熱を持ちやすい性質を持ちます。また、その熱は上部にあがる性質を持つため、肝の働きが低下すると、熱がこもり上部に症状が出やすくなります。

頭痛やめまい、耳鳴り

肝の働きの低下は疎泄の働きの低下につながり、気血の流れも悪くなります。頭痛やめまい、耳鳴りなどの体の上部に起こる症状も、元を辿れば肝の治療を必要とすることがあります。

イライラして頭が痛くなったり、ストレスを感じてめまいが起こったりする場合、肝の働きを整えることで改善します。

目が血走る

「目が血走るほどの怒り」というとよっぽどの怒りでしょうが、これには情緒をつかさどる肝と血、目との関係がうまく現れています。

肝と「怒」の関係に触れましたが、他にも、

  • 肝は目に開竅(かいきょう)する。
  • 肝に熱(火)がこもると上部に症状が出る。
  • 肝は血をためこむ。

肝のこのような特徴から考えると、「カッとなると目を血走らせて怒る」人は肝の働きが乱れています。具体的には、肝に熱(火)がこもっている状態と考えます。熱をおさえ肝の働きを整えなければなりません。

肝の蔵血の働きの低下によって起こる症状

肝には疎泄の他にも、「蔵血(ぞうけつ)」という働きがあります

肝に血が溜め込まれていて、肝のコントロールの元、全身に血が送られています。そのため、肝の働きの低下によって「血をためておく」、「血を送り込む」働きがうまくいかなくなります。

貧血の症状

五臓の肝の働きの乱れにより、血をためておくことができず、また必要なところに送り込むことができなくなり、貧血症状が起こります。

貧血気味な人が鉄分などのサプリメントを飲んだり、鉄分が豊富な食事を摂ったりしますが、あわせて肝の働きを整えるとより効果的です。血をためておくことができないのに、血の元となる成分が豊富でも、貧血症状はなかなか改善しません。

ドライアイ・目のかすみ、眼精疲労

東洋医学では、目(眼球や視神経など)は五臓の肝と関わり、血によって栄養されると考えます。

目を酷使し眼精疲労がたまって、ドライアイや目のかすみが起こる頃には、血の消耗が進んでいます。現代はスマートフォンやパソコンなど、目を使う娯楽や仕事が中心になりました。また、睡眠不足なども重なると、目を休めることなく血を消耗し続けてしまいます。

手足の筋肉がつる・しびれる、爪が変形する

筋肉を栄養しているのも血です。また、五臓の肝は筋をつかさどるため、こうしたしびれやつりなどの筋肉の不調は肝・血の不調と捉えます。

運動などで損傷した筋肉を回復させるために血を使います。そのため、過度な運動や過労などでたくさん筋肉を動かせば、それを回復させる分の血を消耗することになります。筋肉のつりやしびれは、回復に必要な血が不足していて、栄養が足りていないサインです。

また、東洋医学では爪を筋肉の余りと考え、「筋余(きんよ)」と言います。爪にスジが入ったり、凹んだりするなどの変形は、肝や血の不調を表すサインです。

髪の毛のパサつきや弱さ

東洋医学では、髪の毛を血の余りと捉え、「血余(けつよ)」と言います。先ほどの爪を筋余と言うのと同様で、これで肝・血は爪とも髪の毛とも関わることがわかります。

髪の毛が乾燥してパサついたり、細く切れやすくなったりしていると、血が不足して栄養が届いていない恐れがあります。

髪の毛の状態は他にも、体内の熱や、腎の働きを受けて変化します。それぞれの働きや性質を確認し、髪の毛の状態から体の内面を知ることができます。

スポンサーリンク

おわりに

実際にこうした症状を踏まえ、東洋医学では「証(しょう)」を立て、それに合った治療を行います。

▶︎東洋医学における五臓の肝の病証と症状、その治法のまとめ

治療はあくまで鍼灸治療や漢方がありますが、こうした症状を知り、日々の生活を心がけることが第一です。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント