東洋医学における五臓の「肝」についてまとめる

五臓の肝の働きと養生 五臓六腑
東洋医学において、五臓の肝には蔵血(血を貯めておく)と疏泄(気の巡りを整える)の働きがあります。特に気血の巡りに関わる臓器なため、多くの不調に関わることがあります。肝の調子は筋・爪・目に現れます。ストレスや血の消耗によって肝の働きは日ごとに異なるので、セルフチェックをしてリフレッシュを心がけましょう。

 

この記事では五臓の「肝(かん)」について、東洋医学的に認められている働きやその養生法についてまとめていきます。

「そもそも、なぜ五臓六腑が重要なの?」
東洋医学において、私たちの体を栄養し、活動力の源となるのは「気・血・水・精」といった物質です。これらの物質に過不足があったり、巡りが停滞したりすることで、不調や病が現れます。
こうした気・血・水・精を、過不足や停滞なく循環させるのが、五臓六腑の働きです。五臓六腑の働きが乱れることで、体内の気・血・水・精の状態が悪くなり、体調が崩れてしまいます。
五臓六腑も、気・血・水・精の働きを受けて動いています。そのため、一度不調になると悪循環に陥り、病が長引いたり、持病化してしまいます。それを避けるためにも、原因となる臓腑を把握することが重要だと考えられています。

五臓の肝は特に、気の巡りに関わる「疏泄(そせつ)」の働き、血を貯蔵する「蔵血(ぞうけつ)」の働きを持ちます。肝はストレスに弱い性質を持つため、現代社会を生きる人の多くが、実は不調を抱えている臓器だとも言えます。

肝の働きを確認し、養生をすることで、気の巡り、血の巡りが改善しましょう。

スポンサーリンク

東洋医学的な五臓の「肝」の働き

東洋医学における五臓の肝の働きについて、詳しくまとめた記事もあります。ここでは、重要な点をピックアップして紹介します。

肝の働きは大きく分けると「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」の2つになります。疏泄は気に関する働き、蔵血は主に血に関する働きです。どちらも全身に関わる働きなので、肝の働きが弱ると全身に症状が現れてしまいます。

疏泄(そせつ)の働き

気・血・水(津液)の巡りを調整する機能を「疏泄(そせつ)」と言います。この疎泄の機能はストレスにとても弱い上、疎泄が弱ることで情緒が不安定になることもあります。

蔵血(ぞうけつ)の働き

血を貯蔵し、出ていく血の量を調節する働きを「蔵血(ぞうけつ)」と言います。肝に蔵血された血が、必要に応じて各器官に送り届けられることで、それぞれ滋養されます。女性ですと、月経の経血量にも関わります。

▶︎「疏泄」・「蔵血」に関する詳しい内容はこちらへ

五行思想から「肝」の働きをチェック

東洋医学において、五臓六腑の状態は体の各部位に現れると考えています。そのため、体のどこを見れば、どの臓器の調子が悪いのかを判断することができます。鍼灸や漢方の世界では、レントゲンなどの設備がない頃から、体内の様子を診断するためにこうした知識を活用してきました。

ここでは五臓の肝の様子をチェックできる部位を簡単に紹介します。詳しくまとめた記事がありますので、こちらもご覧ください。

肝に対応する体の部位

  • 五(六)腑:「胆」が表裏関係にあり、肝に対応する腑。
  • 五竅:肝は「目」に開き外界とつながる。
  • 五主:肝は「筋」の働きをつかさどる。
  • 五華:肝の状態は「爪」に表れる。
  • 五液:肝が作用して「涙」を作り、流す。

肝に対応する感覚(味覚・感情)

  • 五味:肝は「酸」味に栄養される。
  • 五志:肝は「怒」の感情と関係する。

▶︎五行思想における肝と対応する部位などのまとめはこちらへ

スポンサーリンク

五臓の「肝」の働きが低下して起こる症状

肝の働きが低下して起こる症状として、下記の症状があります。

主に肝の疏泄の低下による症状

  • 情緒の乱れ、情緒不安定
  • のどの異物感、つかえ(梅核気)
  • 胸や脇の張り、痛み

主に肝の陽(熱)が高まって起こる症状

  • 頭痛、めまい、耳鳴り

主に肝の蔵血の低下によって起こる症状

  • 貧血傾向
  • 目の不調(眼精疲労、充血、かすみ目など)
  • 筋肉がこる、つりやすい
  • 爪が変形する、もろい
  • 髪の毛がパサパサする、細く弱い

▶︎気になる症状から五臓の肝の不調を確認してみよう!

スポンサーリンク

現れる症状を東洋医学ではどう捉えるか?

一口に「肝の不調」と言っても、その症状の現れ方などから、「肝がどのように不調に陥っているのか」を考えます。そして一つの病証として明確にし、その改善に向けた治法を取り入れることで、症状の改善、肝の状態改善を目指します。

肝気鬱結(かんきうっけつ)

肝の働きの低下に、気の停滞である「気滞」が合わさることで肝気鬱結という病証になります。

  • 抑うつ、イライラなど情緒面の不調
  • 胸脇部の張りや痛み
  • のどの異物感(「梅核気(ばいかくき)」)

肝火上炎(かんかじょうえん)

肝の働きの低下に、「実熱」が合わさることで肝火上炎という病証になります。

  • 目の腫れ・充血
  • 短気(怒りやすくなる)
  • 耳鳴り、難聴

肝血虚(かんけっきょ)

肝の働きの低下に、血の不足である「血虚」が合わさることで、「肝血虚」という病証になります。

  • 一般的な貧血症状。
  • 目のかすみ、視力低下、眼精疲労。
  • 筋がつりやすくなる。
  • 爪が白い、弱い(変形がある)

肝陰虚(かんいんきょ)

肝の働きの低下に、陰陽の陰の不足である「陰虚」が合わさることで、「肝陰虚」という病証になります。

  • 目のかすみ、目の乾き
  • 筋がつりやすくなる、しびれ、痙攣が起こる
  • ほてりや熱感がある(胸脇部など)

肝陽上亢(かんようじょうこう)

肝の働きの低下に合わせ、腎の働きも低下し、陰虚がより進行してしまうことで、「肝陽上亢」という病証になります。

  • 目の充血、腫れ
  • めまい
  • 短気(怒りやすい)、赤ら顔
  • 耳鳴り、難聴

肝風内動(かんぷうないどう)

肝陽、肝火による陽の力、熱の力が高まり、肝陰虚がより進行することで、「肝風内動」という病証になります。

  • 目の充血、腫れ
  • 頭が揺れる、めまい
  • ふるえ、しびれ、痙攣
  • 歩行時のふらつき
  • 肌のかゆみの原因になることも

▶︎五臓の肝の病証と治法をまとめた記事はこちらへ

スポンサーリンク

「肝」の東洋医学的な養生について

五臓の肝を整えるツボ

私たち鍼灸師が、肝の働きを整えるために用いるツボをいくつかまとめました。

この中でも、特に肝を整えるのに効果的なツボをピックアップします。

太衝(たいしょう)

肝に属するツボで、気の巡りや血の巡りに関わる重要なツボです。

足の甲にあるツボで、足の親指と人差し指の間を足首になぞっていくと、指が止まるところにあります。具体的には、第1中足骨と第2中足骨のぶつかるところと言います。

内関(ないかん)

内関ツボ

内関は、イライラやストレスを感じた時に刺激しやすいツボなのでご紹介します。自律神経の乱れや、メンタルケアにも効果的なツボです。

手のひらの側の、手首のシワから指3本分肘に向かったあたり、指を握ると浮かぶ2本の筋の間にあります。

▶︎五臓の肝を整える経穴(ツボ)を確認する

「肝」に対応する季節は春

肝は季節では春と関係が深い臓器です。

春になり、自然界では新芽が伸びたり、成長が促される時季、人間の体も同様に代謝が活発になります。陰陽でいうと、陰から陽に向かう段階と言えます。冬に固く、縮こまっていたものが、柔らかく開いていく、そんな季節です。

春先にちょっと浮かれてはしゃいでる人や変質者が増えるのは、春の陽気に当てられて、発散したい何かに駆られたのだと考えられます。これは良くない例えですが、自然界も私たちの体も「何かを始める」、「溜め込んだエネルギーを発散する」季節が春です。

春の時期は肝の働きも旺盛なため、かえって肝を少し落ち着かせるような生活が良い場合もあります。

ストレスをためない

先述した通り、肝は「怒」の感情と関係が深い臓器です。

自律神経の失調や、重症なものでは癌など、多くの病気の根底にストレスが認められつつある現代です。こうしたストレスは、五臓の肝の働きを乱し、気・血の循環を悪くしてしまい、多くの病の原因になっているのかもしれません。

それくらい、肝の疎泄機能をしっかり働かせておくことは大事だと言えます。そのためには、やはりストレスの少ない生活を心がけることが大切です。

体を動かし、気を動かす。気を発散する。

「陽」が高まりつつある春の時季などは特に、体の中の熱をうまく発散できないと、体内に熱がこもって不調が現れます。寒さが厳しい冬も終わりに近づき、吹く風に暖かさを感じるようになる頃から、少しずつ体を動かし、汗をかくようにしましょう。

春に汗をかく習慣を身につけておけば、その先の梅雨の時期、体の中の水分(湿)をうまく発散できるようになります。

食事での養生

肝に良い食材は、酸っぱいものが良いとされています。梅干しやレモン、お酢、りんごなどが良いでしょう。レモンなどの柑橘系のものは、体を冷やしてしまうこともあるので、注意しながら食べてください。

「お酢を飲むと体が柔らかくなる」と言われるのは、筋肉の状態をコントロールする肝を養うからとも言えます。

昔、サッカーの試合の合間に食べたレモンの蜂蜜漬けも同じかな、と考えたことがあります。また、お酒を飲む時のおつまみに、酢の物を食べるのも肝への労りかも…と、日常を振り返ると、うまく養生が盛り込まれていることに気付きます。

スポンサーリンク

おわりに

  • 肝の不調は多くの症状の元になる
  • ストレスをためない
  • 程よく体を動かす
  • 気になったら酸っぱいものを食べて
  • お酒の飲み過ぎに注意して(医の西洋・東洋問わず)

肝の季節は春。始まりの季節に当てはまる肝だからこそ、気血の巡りの大切な役割を担います。ストレスを避け、のんびりの気を巡らせましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント