東洋医学における五臓の肝の働き「疏泄」と「蔵血」についてまとめ

肝の働きイメージ 五臓六腑

この記事では、東洋医学における五臓の肝の働きについてまとめます。

五臓の肝の働きには、「疏泄(そせつ)」「蔵血(ぞうけつ)」の2つがあります。簡単に言えば、疏泄は気を巡らせる働き、蔵血は血を貯めておく働きです。どちらも全身に関わる働きなので、肝の働きが弱ると全身に症状が現れてしまいます。

スポンサーリンク

東洋医学における五臓の肝の働き

疏泄(そせつ)の働き

肝の疏泄イメージ

全身の気の巡りを調整し、滞りなく気を巡らせる働きを「疏泄(そせつ)」と言い、五臓の肝の機能の一つです。また、体を巡る血や津液(水分)などの物質も、気の働きを受けて滞りなく巡ります。そのため、疏泄の働きによって、気・血・津液が滞りなく循環していると言えます。

疏泄の働きの低下は、気滞につながる

五臓六腑の働きや、精神活動(メンタル)、一般的な活動など、私たちの生活は正常な気の働きによって成り立ちます。肝の疏泄の働きが低下し、気が停滞すると「気滞(きたい)」という状態に陥ります。情緒の乱れや膨満感、張痛などがある場合、気の巡りが悪化しているかもしれません。

蔵血(ぞうけつ)の働き

肝の蔵血イメージ

五臓の肝には、「蔵血(ぞうけつ)」という働きもあります。蔵血は細かく2つの働きを指し、一つは血を貯蔵する働き、もう一つは血の分配量を決める働きです。飲食物から栄養を抜き取り、血を生成し、新鮮な血は肝に貯蔵されます。そして、全身の各器官に、必要に応じて血が送り届けられ、滋養されます。

例えば運動中には、全身に血が行き渡るよう血流量が増えます。睡眠中には古くなった血が肝に戻り、新鮮な血と入れ替わります。こうした心身の状態や環境にあわせた血流量の調整も、五臓の肝の蔵血の働きによります。

実際に拍動して血を送り出しているのは、五臓の心の働きです。また、血管や各器官・組織から血が漏れないように働くのは五臓の脾です。東洋医学では、血に関して肝・心・脾の3つの臓器が関わります。

  • 肝:血を貯めておき、分配量を決める。
  • 心:物理的に血を送り出す。
  • 脾:血を漏らさないようにする。

蔵血の働きの低下は、血虚や血瘀につながる

肝の蔵血の働きが低下すると、血の不足である「血虚(けっきょ)」や、血の停滞である「血瘀(けつお)」につながります。一般的な貧血や血行不良などに近い症状は、肝の働きの低下が原因で起こることが多くあります。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、東洋医学における五臓の肝の働きについてまとめました。肝には気・血・水の巡りに関わる「疏泄」と、血の貯蔵に関わる「蔵血」という働きがあります。一般的なには、解毒などといった肝臓の働きが知られています。東洋医学においては、肝は気の巡り、血の巡りといった側面から、全身の調子を整える重要な臓器です。気血の巡りが原因で起こる不調の多くは、肝の働きの低下からくることがあります。肝の働きを整え、気の巡り、血の巡りを改善しましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント