五行思想から五臓の肝に関わる体の部位や感覚をまとめる

爪イメージ 五臓六腑

東洋医学における、五臓の肝と関係する部位や感覚などを五行思想をもとにまとめます。

東洋医学において、あらゆる事象は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つと考えます。これを、五行思想と言います。

私たちの体に当てはめて考えると、まず五臓(肝・心・脾・肺・腎)があり、その五臓が対応する六腑や他の器官があります。こうして体の部位や感覚の対応を知ることで、体の外から内面の状態を知り、鍼灸治療や漢方治療に役立てています。

スポンサーリンク

五行をもとに考える五臓の肝と関わる体の部位や感覚

まず、五臓の肝は五行では「木」に属します。これから紹介する体の部位も、全て「木」の性質を持ちます。

五行式体表の「木」
五腑 五竅 五主 五華 五液 五味 五志
 目  涙  酸  怒

【五腑は胆】肝と表裏関係にある腑

五臓の肝に対応する六腑は胆です。そのため、「五行における肝の五腑は胆」、「肝と胆は表裏関係にある」と言います。

胆は胆汁をためておき、消化や解毒の際に肝と協力して働きます。

【五竅は目】肝の開く穴

東洋医学において、五臓の状態が表れる竅(あな)を「五竅(ごきょう)」と言います。

肝の五竅は「目」です。ここでいう目は、眼球やまぶた、視神系など、広く目や視覚に関わるものを指します。また、目に関わる「涙」も、肝の液(後述する「五液」)です。

目は肝の血によって栄養されます。そのため、目の疲れやかすみがある場合、肝の血が不足しています。

【五主は筋】肝のつかさどる部位

筋(肉)の状態や働きは五臓の肝がコントロールしています。諸説ありますが、ここで言う「筋」とは、靭帯や腱のような「すじ」を指す場合もあれば、「筋肉」を指す場合もあります。

「足がつる」、「筋肉がぷるぷるとけいれんする」などは肝の働きの低下により、筋を栄養する血が足りていない状態です。

【五華は爪】肝の働きを知る部位

「五華(ごか)」も五臓の働きが表れる指標の一つです。

爪は東洋医学で「筋余(きんよ)」と言い、外から肝の状態を確認する指標になります。先述した通り、肝の五主は筋です。爪は「筋の余り」なので、肝が関係あるのも納得いきます。

爪がもろかったり、すじが入ったり、色がおかしいときは、肝の調子が乱れていて爪を栄養することができていません。

爪はおよそ6ヶ月で根っこから先まで生え変わります。爪のどの位置に変形や凹みがあるかで、自分の生活を省みることができます。

  • 根元なら最近〜1ヶ月
  • 真ん中なら2〜4ヶ月
  • 先の方なら5、6ヶ月くらい

あくまで目安ですが、食生活や睡眠の乱れ、過度なストレスが、いつ頃あったのか爪を見ればわかります。

【五液は涙】肝のつかさどる体液

五臓に対応する体液を「五液(ごえき)」と言います。

肝の五液は「涙」です。先述した通り、肝の五竅は「目」です。目を潤し栄養する涙は、肝の働きによって生成・分泌されます。ドライアイなどの目が乾く症状も、肝の不調の表れと捉えます。

【五味は酸】肝を養う味

五臓を養う味覚を「五味(ごみ)」と言います。

肝の五味は「酸(すっぱい)」です。酸味は肝に入り、ストレスや不安などを和らげるように作用します。しかし、必要以上にとってしまうと、脾の働きを弱めてしまうこともあります。

酸味の食材として、アズキ、すもも、ぶどう、もも、りんご、みかん(果肉)、お酢などがあります。

【五志は怒】肝の関わる感情

五臓に対応する感情を「五志」と言います。

肝の五志は「怒」です。イライラ、ムカムカなどの怒りの感情は肝を消耗させます。また、肝の働きが低下している状態では、すぐにカッとなって怒りやすくなる「易怒(えきど)」となります。

肝は怒の感情だけでなく、広く情緒をコントロールする働きもあります。

おわりに

五臓の肝に対応する体の部位や感覚を五行思想をもとにまとめました。

これらの指標の状態や変化をもとに、五臓の状態を外から確認し、治療の方針を立てていきます。もちろん、セルフチェックなどにも有効です。自分の体を細く観察し、日々の変化を確認してみましょう。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント