胸郭出口症候群の特長や対策のストレッチ、効果的な経穴(ツボ)のまとめ

胸郭出口全体図 肩・上肢

この記事では、腕や手に起こるしびれの原因の一つである「胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」についてまとめます。

腕や手に伸びる神経(腕神経叢)や血管(鎖骨下動脈)が通過する経路を「胸郭出口」とし、そこにある筋や骨構造によって神経や血管が圧迫・狭窄され、腕や手にしびれや痛みなどの症状が出るものを「胸郭出口症候群」と呼びます。

「胸郭出口」と、そこを通る神経や血管の構造を確認し、腕や手に起こるしびれ・痛みを改善しましょう。

スポンサーリンク

胸郭出口症候群の特長

胸郭出口全体図

胸郭出口症候群は、3つの神経・血管絞扼障害の総称です。

  • 前斜角筋と中斜角筋の間に起こる「斜角筋症候群」
  • 肋骨と鎖骨の間に起こる「肋鎖症候群」
  • 小胸筋と肋骨の間に起こる「過外転症候群」

この3カ所の問題によって腕や手にしびれが起こることを、胸郭出口症候群と呼んでいます。

「胸郭出口」の構造

「胸郭出口」とは、神経から見た時に、腕に抜けるまでに通る鎖骨や肋骨などに囲まれた通路のことです。こうした胸郭出口の通路は、筋肉のかたさや姿勢の変化によって狭まってしまいます。

斜角筋隙に起こる斜角筋症候群

斜角筋イメージ

頚椎から始まる腕神経叢(腕や手に向かう神経の束)や動脈(鎖骨下動脈)は、まず前斜角筋と中斜角筋の間を通るようにして腕に向かいます。斜角筋は前頚部にある筋肉で、首を動かしたり、呼吸を補助したりする働きがあります。この2つの筋肉の柔軟性が低下し、神経や血管の絞扼障害が起こると、斜角筋症候群となります。

斜角筋症候群の検査法:モーレーテスト

患側(しびれや痛みのある方)の鎖骨の上(斜角筋部分)を指で圧迫します。腕に放散するような痛みがある場合、斜角筋症候群によるしびれ・痛みの可能性が高いと判断します。

肋鎖間隙に起こる肋鎖症候群

肋鎖間隙イメージ

斜角筋の間を抜けた神経・血管は、次に鎖骨と第1肋骨の間を通ります。この2つの骨に挟まれるように圧迫・絞扼されることで、手や腕にしびれ・痛みが起こる場合、肋鎖症候群となります。

肋鎖症候群の検査法:エデンテスト

1人では難しい検査法ですが、肋鎖症候群は「なで肩にしてみる」検査と言えます。患者さんの手を後下方に伸ばして胸を張ってもらい、検査する人がその手を引っ張ります。こうして鎖骨と肋骨の間隔を狭めることで、手のしびれが増したり、手の脈(橈骨動脈)の拍動が弱まった場合、肋鎖症候群によるしびれだと考えます。

小胸筋隙に起こる過外転症候群

小胸筋イメージ

鎖骨と第1肋骨の間を抜けた神経・血管は、胸にある小胸筋という筋肉と胸郭(肋骨)の間を抜けて腕に伸びます。小胸筋の柔軟性が低下し、神経や血管の圧迫・絞扼障害が起こると、過外転症候群となります。

過外転症候群の検査法:ライトテスト

座って肘を90度に曲げて、胸を開くように腕を広げて(外転して)いきます。参考画像では検査をする人がいますが、一人でも可能な検査です。腕を広げていくことで、小胸筋を伸張させます。小胸筋の柔軟性が低下していると、小胸筋と肋骨の間で神経・血管が圧迫され、手や腕にしびれ・痛みが起こります。それが過外転症候群のサインになります。

スポンサーリンク

胸郭出口症候群の対策やケア

胸郭出口の特長を踏まえ、症状を緩和する対策やケアの方法をまとめます。

胸郭出口症候群に対するストレッチ

斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群それぞれに効果的なストレッチを紹介します。

斜角筋症候群に対するストレッチ

斜角筋ストレッチイメージ

斜角筋は首の前側にある筋肉です。そのため、頭を斜め後ろに倒すとストレッチをすることができます。画像では、左側の斜角筋をストレッチしています。

肋鎖症候群に対するストレッチ

肋鎖症候群ストレッチイメージ

肋鎖症候群では、特に鎖骨の動きの低下が考えられます。腕を大きく動かすようにストレッチをすると効果的です。腕を大きく動かさなくても、画像のように(わかりにくいですが)肩をすくめるように動かすだけでも、鎖骨はしっかりと動きます。鎖骨を動かすことで、鎖骨の周りにある筋肉の柔軟性を維持しましょう。

過外転症候群に対するストレッチ

過外転症候群ストレッチイメージ

過外転症候群に対するストレッチは、ライトテストと似たような動きをします。小胸筋をストレッチするためには、腕を大きく外旋させる必要があります。壁や床などを使って伸ばしてみてください。

胸郭出口症候群を治療する経穴(ツボ)

胸郭出口症候群を治療する際に用いるツボを紹介します。「痛気持ち良い」程度に自分でもマッサージしてみてください。

斜角筋隙にあるツボ:天鼎

天鼎イメージ

天鼎(てんてい)は首の前側からやや側面にあるツボです。奥にある斜角筋に刺激が入りますが、首周りの筋肉はあまりグリグリと押しすぎないように注意しましょう。

肋鎖間隙にあるツボ:欠盆と気戸

肋鎖ツボ

  • 欠盆(けつぼん)

鎖骨の上にあるツボです。乳頭線上にあります。

  • 気戸(きこ)

鎖骨の下にあるツボです。気戸も乳頭線上にあります。

鎖骨を挟むように上下にツボがあります。首、胸の筋肉のバランスが大切な鎖骨なので、優しく押し込むように刺激してみてください。

小胸筋を緩めるツボ:雲門と中府

小胸筋イメージ

  • 雲門(うんもん)

鎖骨の下、肩の付け根にあります。

  • 中府(ちゅうふ)

雲門の少し下にあります。

どちらも胸にあるツボです。特に雲門は小胸筋の付着する肩甲骨の一部にあるツボなので、効果的です。

おわりに

デスクワークや家事など、身近な様々な動作の積み重ねが胸郭出口症候群につながることが多くあります。手や腕に起こるしびれなどの症状も、細かく原因をつきとめ、改善していく必要があります。

30分から1時間くらいを目安に、仕事や家事も一旦休憩を挟み、ストレッチなどを取り入れてみてください。

 

鍼灸指圧治療院あたしんち

コメント